Citrix ADC

クラスタセットアップでの VRRP の使用

仮想ルータ冗長プロトコル(VRRP)は、IPv4 と IPv6 の両方のクラスタセットアップでサポートされます。クラスタセットアップでサポートされる VRRP 機能は、インターフェイスベースの VRRP と IP ベースの VRRP の 2 つです。

IP ベースの VRRP

IP ベースの VRRP では、同じ VRID にバインドされたストライプ VIP アドレスが、クラスタセットアップのすべてのノードに設定されます。これらの VIP アドレスはすべてのノードでアクティブです。

クラスタノードの 1 つが VRID 所有者として機能し、VRRP アドバタイズメントを他のノードに送信します。VRID 所有者ノードに障害が発生した場合、クラスタ内の別のノードが VRID の所有権を引き受け、VRRP アドバタイズメントの送信を開始します。特定のクラスタノードを VRID の所有者として割り当てることもできます。

クラスタ内のVRRP展開には、IPベースの方法を使用することをお勧めします。

IPv4 用の IP ベースの VRRP の設定

IPv4 用の IP ベースの VRRP を設定するためのクラスタ設定で、次のタスクを実行します。

  • VRID を追加します。VRID は、クラスタセットアップによって仮想 MAC アドレスを形成するために使用される整数です。汎用 VMAC アドレスは、00:00:5 e: 00:02: の形式<VRID>になります。
  • (任意)仮想 MAC アドレスの所有者としてノードを割り当てます。クラスタノードの ID に owner node パラメータ(VRID6 の追加または変更中)を設定し、仮想 MAC アドレスの所有者として割り当てることができます。割り当てられた所有者ノードに障害が発生すると、UP クラスタノードの 1 つが仮想 MAC アドレスの所有者として動的に選択されます。オーナーノードは、set vrID <id> -ownerNode <positive_interger> コマンドを使用して設定できます。
  • VRID をノードの VIP アドレスにバインドします。作成した VRID をストライプ VIP アドレスにバインドします。

CLI を使用して VRID を追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-  add vrid <ID> [-ownerNode <positive_integer>]
-  show vrid <ID>

CLI を使用して VRID を VIP アドレスにバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set ns ip <IPv4Address> -vrid <ID>
  • show vrid <ID>

GUI を使用して VRID を追加するには

  1. [システム] > [ネットワーク] > [VMAC] に移動し、[VMAC] タブで [追加] をクリックします。
  2. [VMAC の作成] ページで、[仮想ルータ ID] フィールドに値を指定し、[作成] をクリックします。

GUI を使用して VRID を VIP アドレスにバインドするには

  1. [システム] > [ネットワーク] > [IP] に移動し、[IPV4s] タブで VIP アドレスを選択し、[編集] をクリックします。
  2. VIP 設定の編集中に、 仮想ルータ ID パラメータを設定します。

    > add vrid 90
    Done
    > set ns ip 192.0.2.90 –vrid 90
    Done
    

IPv6 用の IP ベースの VRRP の設定

IPv6 用の IP ベースの VRRP を設定するためのクラスタ設定で、次の作業を実行します。

  • VRID6 を追加します。VRID6 は、クラスタセットアップによって仮想 MAC6 アドレスを形成するために使用される整数です。一般的な VMAC6 アドレスは、00:00:5 e: 00:02: の形式<VRID6>になります。
  • (オプション)仮想 MAC6 アドレスの所有者としてノードを割り当てます。クラスタノードの ID に owner node パラメータ(VRID6 の追加または変更中)を設定し、仮想 MAC6 アドレスの所有者として割り当てることができます。割り当てられた所有者ノードに障害が発生すると、UP クラスタノードの 1 つが仮想 MAC6 アドレスの所有者として動的に選択されます。
  • VRID6 をノードの VIP6 アドレスにバインドします。作成した VRID6 をストライプ VIP6 アドレスにバインドします。

CLI を使用して VRID6 を追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • add vrid6 <ID> [-ownerNode <positive_integer>]
  • show vrid6 <ID>

CLI を使用して VRID6 を VIP6 アドレスにバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set ns ip6 <IPv6Address> -vrid6 <ID>
  • show vrid6 <ID>

GUI を使用して VRID6 を追加するには

  1. [システム] > [ネットワーク] > [VMAC] に移動し、[VMAC6] タブで [追加] をクリックします。
  2. [仮想 MAC6 の作成] ページで、[仮想ルータ ID] フィールドに値を指定し、[作成] をクリックします。

GUI を使用して VRID6 を VIP6 アドレスにバインドするには

  1. [システム] > [ネットワーク] > [IP] に移動し、[IPV6s] タブで VIP アドレスを選択し、[編集] をクリックします。
  2. VIP6 設定の編集中に、 仮想ルータ ID パラメータを設定します。

    > add vrid6 90
    Done
    > set ns ip6 2001:db8::5001 –vrid6 90
    Done
    

インターフェイスベースの VRRP

インターフェイスベースの VRRP 機能では、クラスタの両方のノードに同じ仮想 MAC アドレスが設定されます。この仮想 MAC アドレスは、ノードで設定された IP アドレスの GARP アドバタイズメントおよび ARP 応答で使用されます。この機能は、GARP アドバタイズメントを受け入れない外部デバイス/ルータがあるアクティブスペアの 2 ノードクラスタ設定に役立ちます。

インターフェイスベースの VRRP 機能は、1 つのノードがアクティブステートで、もう 1 つのノードがスペアとして機能する 2 ノードクラスタにのみ適用できます。

両方のクラスタノードで同じ仮想 MAC アドレスを使用して、アクティブノードがダウンしてスペアノードがアクティブとして引き継ぐと、新しいアクティブノードの IP アドレスの MAC アドレスは変更されず、外部デバイス/ルータの ARP テーブルを更新する必要はありません。

IPv4 用のインターフェイスベース VRRP の設定

IPv4 のインターフェイスベースの VRRP を設定するには、クラスタセットアップで次の作業を実行します。

  • VRID を追加します。VRID は、クラスタセットアップによって仮想 MAC アドレスを形成するために使用される整数です。
  • VRID をノードインターフェイスにバインドします。作成した VRID にインターフェイスをバインドします。(現在のアクティブノードの)バインドされたインターフェイスは、その IPv4 アドレスに対して GARP アドバタイズメントおよび ARP 応答の仮想 MAC アドレスを使用します。VRID は、アクティブスペアクラスタセットアップの両方のノードのインターフェイスに関連付ける必要があります。これは、高可用性セットアップとは異なり、クラスタセットアップではインターフェイス ID が異なるためです。

CLI を使用して VRID を追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-  add vrid <ID>
-  show vrid <ID>

CLI を使用して VRID をインターフェイスにバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-  bind vrid <ID> -ifnum <interface_name>
-  show vrid <ID>

GUI を使用して VRID を追加し、インターフェイスにバインドするには

  1. [システム] > [ネットワーク] > [VMAC] に移動し、[VMAC] タブで [追加] をクリックします。
  2. [仮想 MAC の作成] ページで、[仮想ルータ ID*] フィールドに値を指定し、[インターフェイスの関連付け] セクションでインターフェイスをバインドして、[作成] をクリックします。

    > add vrid 300
    Done
    > bind vrid 300 -ifnum 1/1/2 2/1/3
    Done
    

IPv6 用のインターフェイスベースの VRRP の設定

IPv6 用のインターフェイスベースの VRRP を設定するには、クラスタセットアップで次の作業を実行します。

  • VRID6 を追加します。VRID6 は、クラスタセットアップによって仮想 MAC6 アドレスを形成するために使用される整数です。一般的な VMAC6 アドレスは、00:00:5 e: 00:01: という形式<VRID6>になります。
  • VRID6 をノードインターフェイスにバインドします。作成した VRID6 にインターフェイスをバインドします。(現在のアクティブノード内の)バインドされたインターフェイスは、GARP アドバタイズメント内の仮想 MAC6 アドレスと IPv6 アドレスの ARP 応答を使用します。アクティブスペアクラスタセットアップの両方のノードのインターフェイスに VRID6 を関連付ける必要があります。これは、高可用性セットアップとは異なり、クラスタセットアップではインターフェイス ID が異なるためです。

CLI を使用して VRID6 を追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

-  add vrid6 <ID>
-  show vrid6 <ID>

CLI を使用して VRID6 をインターフェイスにバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • bind vrid6 <ID> -ifnum <interface_name>
  • show vrid6 <ID>

GUI を使用して VRID6 を追加し、インターフェイスにバインドするには

  1. [システム] > [ネットワーク] > [VMAC] に移動し、[VMAC6] タブで [追加] をクリックします。
  2. [仮想 MAC6 の作成] ページで、[仮想ルータ ID] フィールドに値を指定し、[インターフェイスの関連付け] セクションでインターフェイスをバインドして、[作成] をクリックします。

    > add vrid6 100
    Done
    > bind vrid6 100 -ifnum 0/1/1 1/1/2 2/1/3
    Done