Citrix ADC

クライアント接続の管理

クライアント接続を効率的に管理するために、Citrix ADCアプライアンスのコンテンツスイッチ仮想サーバーを構成して、次の機能を使用できます。

  • ICMP 応答の設定。Citrix ADCアプライアンスは、設定に従ってPING要求にICMP応答を送信するように構成できます。仮想サーバに対応する IP アドレスで、ICMP 応答を VSVR_CNTRLD に設定し、仮想サーバ上で ICMP VSERVER 応答を設定します。 仮想サーバーでは、次の設定を行うことができます。
    • すべての仮想サーバーでICMP VSERVER応答をパッシブに設定すると、Citrix ADCアプライアンスは常に応答します。
    • すべての仮想サーバで ICMP VSERVER RESPONSE を ACTIVE に設定すると、1 つの仮想サーバが稼動していても ADC アプライアンスは応答します。
    • ICMP VSERVER RESPONSE を一部で ACTIVE に設定し、他のサーバで PASSIVE に設定した場合、ADC アプライアンスは ACTIVE に設定されている仮想サーバが UP 状態であっても、応答します。

クライアント要求をキャッシュにリダイレクトする

Citrix ADCキャッシュリダイレクト機能は、HTTP要求をキャッシュにリダイレクトします。キャッシュリダイレクト機能を適切に実装することで、HTTP 要求に応答する負担を大幅に軽減し、Web サイトのパフォーマンスを向上させることができます。

キャッシュは、頻繁に要求された HTTP コンテンツを格納します。仮想サーバーでキャッシュリダイレクトを構成すると、Citrix ADCアプライアンスはキャッシュ可能なHTTPリクエストをキャッシュに送信し、キャッシュ不可能なHTTPリクエストを元のWebサーバーに送信します。キャッシュリダイレクトの詳細については、「キャッシュのリダイレクト」を参照してください。

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想サーバーでキャッシュリダイレクトを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set cs vserver <name> -cacheable <Value>

set cs vserver Vserver-CS-1 -cacheable yes

構成ユーティリティを使用して仮想サーバーでキャッシュリダイレクトを構成するには

  1. [トラフィック管理] > [コンテンツスイッチング] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを開きます。
  2. 詳細設定」で「 トラフィック設定」を選択し、「 キャッシュ可能」を選択します。

仮想サーバー接続の遅延クリーンアップの有効化

特定の条件下では、ダウン状態のフラッシュ設定を構成して、サービスまたは仮想サーバーがダウンとマークされたときに既存の接続を終了できます。既存の接続を終了すると、リソースが解放され、場合によっては負荷分散設定の回復が高速化されます。

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想サーバーでダウン状態のフラッシュ設定を構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set cs vserver \<name\> -downStateFlush \<Value\>

set cs vserver Vserver-CS-1 -downStateFlush enabled

構成ユーティリティを使用して仮想サーバーでダウン状態のフラッシュ設定を構成するには

  1. [トラフィック管理] > [コンテンツスイッチング] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを開きます。
  2. [詳細設定]で、 [トラフィックの設定]を選択し、[ダウン状態のフラッシュ] を選択します。

リダイレクト用のポートおよびプロトコルの書き換え

仮想サーバーとそれらにバインドされているサービスは、異なるポートを使用する場合があります。サービスがリダイレクトでHTTP接続に応答する場合、リダイレクトが正常に行われるようにポートとプロトコルを変更するようにCitrix ADCアプライアンスを構成する必要があります。これを行うには、redirectPortRewrite 設定を有効にして構成します。

コマンドラインインターフェイスを使用して仮想サーバーで HTTP リダイレクトを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set cs vserver \<name\> -redirectPortRewrite \<Value\>

set cs vserver Vserver-CS-1 -redirectPortRewrite enabled

構成ユーティリティを使用して仮想サーバーで HTTP リダイレクトを構成するには

  1. [トラフィック管理] > [コンテンツスイッチング] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを開きます。
  2. [詳細設定]で、[トラフィック設定]を選択し、[書き換え] を選択します。

要求ヘッダーへの仮想サーバーのIPアドレスとポートの挿入

同じサービス上で異なるアプリケーションと通信する仮想サーバーが複数ある場合は、Citrix ADCアプライアンスを構成して、そのサービスに送信されるHTTP要求に適切な仮想サーバーのIPアドレスとポート番号を追加する必要があります。この設定により、サービスで実行されているアプリケーションが、要求を送信した仮想サーバーを識別できるようになります。

プライマリ仮想サーバがダウンし、バックアップ仮想サーバが稼働している場合、バックアップ仮想サーバの構成設定がクライアント要求に追加されます。要求がプライマリ仮想サーバからのものかバックアップ仮想サーバからのものかに関係なく、同じヘッダータグを追加する場合は、両方の仮想サーバで必要なヘッダータグを設定する必要があります。

このオプションは、ワイルドカード仮想サーバーまたはダミー仮想サーバーではサポートされません。

コマンドラインインターフェイスを使用して、クライアント要求に仮想サーバーの IP アドレスとポートを挿入するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set cs vserver \<name\> -insertVserverIPPort \<vServerIPPORT\>

set cs vserver Vserver-CS-1 -insertVserverIPPort 10.201.25.136:80

構成ユーティリティを使用して、クライアント要求に仮想サーバの IP アドレスとポートを挿入するには

  1. [トラフィック管理] > [コンテンツスイッチング] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを開きます。
  2. [詳細設定]で [トラフィック設定]を選択し、[仮想サーバーの IP ポートの挿入] リストで [VIPADDR] または [V6TOV4MAPPING] を選択し、[仮想サーバーの IP ポートの挿入値] でポートヘッダーを指定します。

アイドル状態のクライアント接続のタイムアウト値の設定

構成されたタイムアウト期間が経過した後、アイドル状態のクライアント接続を終了するように仮想サーバーを構成できます。この設定を構成すると、Citrix ADCアプライアンスは指定した時間待機し、その時間以降にクライアントがアイドル状態になると、クライアント接続を閉じます。

コマンドラインインターフェイスを使用してアイドル状態のクライアント接続のタイムアウト値を設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set cs vserver \<name\> -cltTimeout \<Value\>

set cs vserver Vserver-CS-1 -cltTimeout 100

構成ユーティリティを使用してアイドル状態のクライアント接続のタイムアウト値を設定するには

  1. [トラフィック管理] > [コンテンツスイッチング] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを開きます。
  2. [詳細設定]で、 [トラフィック設定] を選択し、[クライアントアイドルタイムアウト] の値を指定します。

4 タプルおよびレイヤ 2 接続パラメータを使用した接続の識別

コンテンツスイッチング仮想サーバーに L2Conn オプションを設定できるようになりました。L2Conn オプションを設定すると、コンテンツスイッチ仮想サーバーへの接続は、4 タプル (<source IP>::<source port><destination IP>:<destination port>) とレイヤ 2 接続パラメータの組み合わせによって識別されます。レイヤ 2 接続パラメータは、MAC アドレス、VLAN ID、およびチャネル ID です。

コマンドラインインターフェイスを使用してコンテンツスイッチ仮想サーバーの L2Conn オプションを設定するには

コマンドラインで次のコマンドを入力して、コンテンツスイッチ仮想サーバーの L2Conn パラメーターを構成し、構成を確認します。

-  set cs vserver \<name\> -l2Conn (**ON** | **OFF**)
-  show cs vserver \<name\>

> set cs vserver mycsvserver -l2Conn ON
Done
> show cs vserver mycsvserver
     mycsvserver (192.0.2.56:80) - HTTP   Type: CONTENT
     State: UP
         . . .
         . . .
     L2Conn: ON Case Sensitivity: ON
         . . .
         . . .
Done
>

構成ユーティリティを使用してコンテンツスイッチ仮想サーバーの L2Conn オプションを設定するには

  1. [トラフィック管理] > [コンテンツスイッチング] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを開きます。
  2. [詳細設定]で、[トラフィックの設定]を選択し、[レイヤ 2 パラメータ]を選択します。