Citrix ADC

DataStream のロード・バランシングの構成

負荷分散設定を設定する前に、負荷分散機能を有効にする必要があります。次に、負荷分散グループのデータベースサーバーごとに少なくとも 1 つのサービスを作成します。サービスを構成したら、負荷分散仮想サーバーを作成し、サービスを仮想サーバーにバインドする準備が整いました。

データベースの場合、負荷分散は、同種のデータベースサーバー (まったく同じデータベースを含むデータベースサーバー) でのみ実行できます。異なるサーバー上の一意のデータベースを含む構成では、コンテンツの切り替えを使用する必要があります。一部のデータベースサーバーが同一のコンテンツをホストしている場合は、それらのサーバーでのみ負荷分散を使用できます。その後、コンテンツスイッチングポリシーを使用して、それらのデータベースの負荷分散を管理する負荷分散仮想サーバーに要求を送信できます。

Citrix ADCアプライアンスは、現在、データベースセッション中にデータベース名とログイン情報を保存します。データベースに対してクエリが実行されると、その情報を使用して特定のデータベースサーバーに接続します。

DataStream に固有のパラメータ値

  • プロトコル

    仮想サーバーとサービスを構成するときは、MySQL データベースにはMYSQLプロトコルタイプを使用し、MSSQLデータベースにはMSSQLプロトコルタイプを使用します。MySQL および TDS プロトコルは、SQL クエリを使用してそれぞれのデータベースサーバーと通信するためにクライアントによって使用されます。MySQL プロトコルの詳細については、http://dev.mysql.com/doc/internals/en/client-server-protocol.htmlを参照してくださいTDS プロトコルの詳細については、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/dd304523(v=prot.13).aspxを参照してください。

  • ポート

    仮想サーバがクライアント接続をリッスンするポート。MySQL データベースサーバーにはポート 3306 を使用します。

  • 方法

    負荷分散を改善し、サーバーの負荷を軽減するには、最小接続方式を使用することをお勧めします。ただし、ラウンドロビン、最小応答時間、送信元 IP ハッシュ、送信元 IP 宛先 IP ハッシュ、最小帯域幅、最小パケット、送信元 IP 送信元ポートハッシュなどの他の方法もサポートされています。

    注:URLハッシュメソッドは、DataStream のためにサポートされていません。

  • MS SQL サーバーのバージョン

    Microsoft SQL Server を使用していて、一部のクライアントが Microsoft SQL Server 製品と同じバージョンを実行していないことが予想される場合は、負荷分散仮想サーバーの Server Version パラメーターを設定します。バージョン設定では、すべての通信がサーバーのバージョンに準拠していることを確認することで、クライアント側接続とサーバー側の接続間の互換性を提供します。Server Version パラメータの設定の詳細については、MySQL およびMicrosoftの SQL サーバーのバージョン設定を構成するを参照してください。

  • MySQL サーバーのバージョン

    MySQL サーバーを使用していて、一部のクライアントが MySQL Server 製品と同じバージョンを実行していないことが予想される場合は、負荷分散仮想サーバーの Server Version パラメータを設定します。バージョン設定では、すべての通信がサーバーのバージョンに準拠していることを確認することで、クライアント側接続とサーバー側の接続間の互換性を提供します。Server Version パラメータの設定の詳細については、MySQL およびMicrosoftの SQL サーバーのバージョン設定を構成するを参照してください。

DataStream のロード・バランシングの構成