Citrix ADC

アクティブ/スタンバイ高可用性セットアップで GSLB を構成する

Azureのアクティブ/スタンバイHA展開には、次の3つの手順でグローバルサーバー負荷分散(GSLB)を構成できます。

  1. 各GSLBサイトでVPX HAペアを作成します。HA ペアの作成方法については、複数の IP アドレスと NIC を使用した高可用性セットアップの構成を参照してください。

  2. Azure Load Balancer(ALB)をフロントエンドIPアドレスと、GSLBよびDNSトラフィックを許可する規則で構成します。

    この手順には、次の下位手順が含まれています。これらの下位手順の完了に使用するPowerShellコマンドについては、このセクションのシナリオを参照してください。

    a. GSLBサイトのフロントエンドIPconfigを作成します。

    b. HA 内のノードの NIC 1/1 の IP アドレスを持つバックエンドアドレスプールを作成します。

    c. 次のような負荷分散規則を作成します。

    TCP/3011 – gslb communication
    TCP/3010 - gslb communication
    UDP/53 - DNS communication
    

    d. バックエンドアドレスプールと手順cで作成したLB規則を関連付けます。

    e. 両方の HA ペアの NIC 1/1 ノードのネットワークセキュリティグループ (NSG) を更新して、TCP 3010、TCP 3011、および UDP 53 ポートのトラフィックを許可します。

  3. 各HAペアでGSLBを有効にします。

シナリオ

このシナリオには、2つのサイト(Site 1とSite 2)が含まれています。各サイトのHAペア(HA1とHA2)には、複数のNIC、複数のIPアドレス、およびGSLBが構成されています。

図: Azure でのアクティブ-スタンバイ HA デプロイメントでの GLSB

ローカライズされた画像

このシナリオでは、各VMには3つのNIC(NIC 0/1、1/1、1/2)が設定されています。これらのNICは次の目的で構成されています。

NIC 0/1:管理トラフィックを提供する

NIC 1/1:クライアント側のトラフィックを提供する

NIC 1/2:バックエンドサーバーと通信する

パラメーター設定

ALBのサンプルパラメーター設定は、次のとおりです。必要な場合は、異なる設定を使用できます。

$locName = "East Asia"

$rgname= "mulitip-Multinic-RG」

$pubIPName4="PIPFORGSLB1"

$domName4="vpxgslbdns"

$lbname= "Multiipalb」

$frontEndConfigName2="FrontEndIP2"

$backendPoolName1="BackendPoolHttp"

$lbRuleName2="LBRuleGSLB1"

$lbRuleName3="LBRuleGSLB2"

$lbRuleName4="LBRuleDNS"

$HealthProbename= "HealthPro

フロントエンド IP アドレスと GSLB および DNS トラフィックを許可するルールを使用して ALB を構成する

手順1.GSLB サイト IP 用のパブリック IP を作成する

$pip4=New-AzureRmPublicIpAddress -Name $pubIPName4 -ResourceGroupName $rgName -DomainNameLabel $domName4 -Location $locName -AllocationMethod Dynamic


Get-AzureRmLoadBalancer -Name $lbName -ResourceGroupName $rgName | Add-AzureRmLoadBalancerFrontendIpConfig -Name $frontEndConfigName2 -PublicIpAddress $pip4 | Set-AzureRmLoadBalancer

手順2.LB ルールを作成し、既存の ALB を更新します

$alb = get-AzureRmLoadBalancer -Name $lbName -ResourceGroupName $rgName


$frontendipconfig2=Get-AzureRmLoadBalancerFrontendIpConfig -LoadBalancer $alb -Name $frontEndConfigName2


$backendPool=Get-AzureRmLoadBalancerBackendAddressPoolConfig -LoadBalancer $alb -Name $backendPoolName1


$healthprobe=Get-AzureRmLoadBalancerProbeConfig -LoadBalancer $alb -Name $healthProbeName


$alb | Add-AzureRmLoadBalancerRuleConfig -Name $lbRuleName2 -BackendAddressPool $backendPool -FrontendIPConfiguration  $frontendipconfig2 -Protocol "Tcp" -FrontendPort 3011 -BackendPort 3011 -Probe $healthprobe -EnableFloatingIP  | Set-AzureRmLoadBalancer


$alb | Add-AzureRmLoadBalancerRuleConfig -Name $lbRuleName3 -BackendAddressPool $backendPool -FrontendIPConfiguration  $frontendipconfig2 -Protocol "Tcp" -FrontendPort 3010 -BackendPort 3010 -Probe $healthprobe -EnableFloatingIP  | Set-AzureRmLoadBalancer


$alb | Add-AzureRmLoadBalancerRuleConfig -Name $lbRuleName4 -BackendAddressPool $backendPool -FrontendIPConfiguration  $frontendipconfig2 -Protocol "Udp" -FrontendPort 53 -BackendPort 53 -Probe $healthprobe -EnableFloatingIP  | Set-AzureRmLoadBalancer

各高可用性ペアで GSLB を有効にします

各ALB(ALB 1とALB 2)で2つのフロントエンドIPアドレスを設定しました。1つめのIPアドレスはLB仮想サーバー、もう1つはGSLBサイトのIPです。

HA 1 には、次のフロントエンド IP アドレスがあります。

  • フロントテンディポファルブ1 (LB 仮想サーバー用)
  • PIPFORGSLB1 (GSLB IP)

HA 2 には、次のフロントエンド IP アドレスがあります。

  • フロントテンディポファルブ2 (LB 仮想サーバー用)
  • PIPFORGSLB2 (GSLB)

このシナリオでは、次のコマンドを使用します。

enable ns feature LB GSLB

add service dnssvc PIPFORGSLB1 ADNS 53

add gslb site site1 PIPFORGSLB1 -publicIP PIPFORGSLB1

add gslb site site2 PIPFORGSLB2 -publicIP PIPFORGSLB2

add gslb service site1_gslb_http_svc1 FrontEndIPofALB1 HTTP 80 -publicIP FrontEndIPofALB1 -publicPort 80 -siteName site1

add gslb service site2_gslb_http_svc1 FrontEndIPofALB2 HTTP 80 -publicIP FrontEndIPofALB2 -publicPort 80 -siteName site2

add gslb vserver gslb_http_vip1 HTTP

bind gslb vserver gslb_http_vip1 -serviceName site2_gslb_http_svc1

bind gslb vserver gslb_http_vip1 -serviceName site1_gslb_http_svc1

bind gslb vserver gslb_http_vip1 -domainName www.gslbindia.com -TTL 5

関連リソース:

Citrix ADC VPXインスタンスでGSLBを構成する

グローバル サーバーの負荷分散

アクティブ/スタンバイ高可用性セットアップで GSLB を構成する