Citrix ADC 13.0

スタンドアロンまたは高可用性VPXインスタンス用に複数のAzure VIPを構成する

Azure Resource Manager(ARM)では、単一のCitrix ADC VPX展開と高可用性(HA)展開の両方に対して、複数のパブリック仮想IPアドレス(VIP)を構成します。

: 複数の VIP を構成できるのは、外部ロードバランサーのみです。

シングルモードと高可用性モードの両方でCitrix ADC VPXインスタンスを展開する場合は、PowerShell コマンドのみを使用する必要があります。これは、PowerShellだけで複数のフロントエンドIPアドレス(FIP)を作成できるためです。

スタンドアロンモードでCitrix ADC VPXを展開する

このセクションでは、単一のバックエンドプールにマップされた複数のフロントエンドIPを持つスタンドアロンモードでCitrix ADC VPXを展開するためのPowerShell コマンドについて説明します。

複数のFIP、バックエンドプール、LB規則、および受信NAT規則を、Azureロードバランサーの構成の一部として構成します。

単一のCitrix ADC VPX展開で、次の条件が満たされていることを確認します。

  1. バックエンドプールには、Citrix ADC VPXインスタンスが1つしか含まれません。
  2. 2つのロードバランサー規則が定義され、次の2つのVIPにマップされている。
    1. VIP1:80 > Back-end Pool 1:10080
    2. VIP2:80 > Back-end Pool 1:10081
  3. ロードバランサールールは、VIP 1:10080 > バックエンドプール 1:80 をマッピングして、Citrix ADC VPXユーザーインターフェイスにアクセスするように定義されます。
  4. 着信NATルールは、VIP 1:22 > バックエンドプール 1:22 をマッピングして、SSH経由でCitrix ADC VPXにアクセスするように定義されています。

次の図は、Citrix ADC 仮想サーバー用の Azure Resource Manager で複数のクラウドサービスの IP アドレスを構成する方法を示しています。

ローカライズされた画像

スタンドアロンモードでCitrix ADC VPXインスタンスを展開するには、以下のPowerShell コマンドを実行します。

1. リソースグループの作成

$rgName=”<resource group name>”

$locName=”<location name, such as West US>”

コマンド:

New-AzureRmResourceGroup -Name $rgName -Location $locName

たとえば、次のようになります

$rgName = "ARM-LB-NS"

$locName = "East Asia"

New-AzureRmResourceGroup -Name $rgName -Location $locName

2. ストレージアカウントの作成

ストレージアカウントには、小文字および数字だけを含む、グローバルに一意の名前を選択する必要があります。

$saName=”<storage account name>”

$saType=”<storage account type, specify one: Standard_LRS, Standard_GRS, Standard_RAGRS, or Premium_LRS>”

コマンド


New-AzureRmStorageAccount -Name $saName -ResourceGroupName $rgName -Type $saType -Location $locName

たとえば、次のようになります

$saName="vpxstorage"

$saType="Standard_LRS"

New-AzureRmStorageAccount -Name $saName -ResourceGroupName $rgName -Type $saType -Location $locName

3. 可用性セットの作成

$avName=”<availability set name>”

コマンド:


New-AzureRmAvailabilitySet -Name $avName -ResourceGroupName $rgName -Location $locName

たとえば、次のようになります

$avName="avNSSet"

4. 仮想ネットワークとサブネットの作成

以前に作成されていない場合、少なくとも1つのサブネットを持つ新しい仮想ネットワークを追加します。

$vnetName = “LBVnet”

コマンド:

サブネットの作成:

$frontendSubnet=New-AzureRmVirtualNetworkSubnetConfig -Name   frontendSubnet -AddressPrefix 10.0.1.0/24

(このパラメーター値は要件によって構成します)


$backendSubnet=New-AzureRmVirtualNetworkSubnetConfig -Name backendSubnet -AddressPrefix 10.0.2.0/24

仮想ネットワークを作成します

New-AzureRmVirtualNetwork -Name $vnetName -ResourceGroupName $rgName -Location $locName -AddressPrefix 10.0.0.0/16 -Subnet $frontendSubnet,$backendSubnet

5. パブリック IP アドレスの作成

作成されたパブリックIPの数は、必要なExternal VIPの数に等しい必要があります。

  • 使用する前に、DomainNameLabelの値の可用性を確認します。
  • 2つのVIPを作成します。

コマンド:


$pubName1 ="PublicIp1"

$dnsName1="nsvpx1"

$pubName2 ="PublicIp2"

$dnsName2="nsvpx2"

$publicIP1 = New-AzureRmPublicIpAddress -Name $pubName1 -ResourceGroupName $rgName -Location $locName -AllocationMethod Static -DomainNameLabel $dnsName1

$publicIP2 = New-AzureRmPublicIpAddress -Name $pubName2 -ResourceGroupName $rgName -Location $locName -AllocationMethod Static -DomainNameLabel $dnsName2

6. 指定したパブリック IP アドレスのフロントエンド IP を作成する

$FIPName1 =”VIP1”

$FIPName2=”VIP2”

コマンド:

$frontendIP1 = New-AzureRmLoadBalancerFrontendIpConfig -Name $FIPName1 -PublicIpAddress $publicIP1

$frontendIP2 = New-AzureRmLoadBalancerFrontendIpConfig -Name $FIPName2 -PublicIpAddress $publicIP2

7. バックエンド・プールの作成

$BEPool1 = “backend-Pool1”

コマンド:

$beaddresspool1= New-AzureRmLoadBalancerBackendAddressPoolConfig -Name $BEPool1

8. ヘルスプローブの作成

ポート9000、間隔5秒でTCPヘルププローブを作成します。

コマンド:

$healthProbe = New-AzureRmLoadBalancerProbeConfig -Name HealthProbe -Protocol Tcp -Port 9000 -IntervalInSeconds 5 -ProbeCount 2

9. ロードバランサールールの作成

各フロントエンドIPおよびサービスに対してlbRuleを作成する必要があります。

ここでは、バックエンドアドレスプール は、仮想マシンのセットを含めることができます。単一のVPX展開では、単一のVPXインスタンスのみ、このプールに属することができます。

:フロントエンドIP構成、バックエンド・アドレス・プール、フロントエンド・ポート、バックエンド・ポートのパラメータの組み合わせ値は、2つのルールで同じであってはなりません。

たとえば、すべてのFIP/VIPアクセスとHTTPサービスは、フロントエンドポート80を使用します。バックエンドプールが同じなので、バックエンドポートは各ロードバランサー規則に対して異なるものを使用する必要があります。

コマンド:


$lbrule1 = New-AzureRmLoadBalancerRuleConfig -Name "HTTP1" -FrontendIpConfiguration $frontendIP1 -BackendAddressPool  $beAddressPool1 -Probe $healthProbe -Protocol Tcp -FrontendPort 80 -BackendPort 10080

$lbrule2 = New-AzureRmLoadBalancerRuleConfig -Name "HTTP2" -FrontendIpConfiguration $frontendIP2 -BackendAddressPool  $beAddressPool1 -Probe $healthProbe -Protocol Tcp -FrontendPort 80 -BackendPort 10081

NSのhttpサービスにアクセスするためのLB規則は、次のようにして追加できます。

コマンド:

$lbrule3 = New-AzureRmLoadBalancerRuleConfig -Name "HTTPNS" -FrontendIpConfiguration $frontendIP1 -BackendAddressPool  $beAddressPool1 -Probe $healthProbe -Protocol Tcp -FrontendPort 10080 -BackendPort 80

10. INAT規則の作成

負荷分散が不要のサービスに対するNAT規則を作成します。

たとえば、VPXインスタンスへのsshアクセスを作成します。

Protocol - FrontEndPort - BackendPortの組み合わせは、同じフロントエンドIPに属する2つのNAT規則で同じであってはなりません。

コマンド:


$inboundNATRule1= New-AzureRmLoadBalancerInboundNatRuleConfig -Name SSH1 -FrontendIpConfiguration $frontendIP1 -Protocol TCP -FrontendPort 22 -BackendPort 22

11. ロードバランサーの作成

上述の定義された規則、フロントエンドIP、およびバックエンドプールのすべてを持つロードバランサーを作成します。

コマンド:

$lbName = "NSALB"

$NRPLB = New-AzureRmLoadBalancer -ResourceGroupName $rgName -Name $lbName -Location $locName -InboundNatRule $inboundNATRule1 -FrontendIpConfiguration $frontendIP1, $frontendIP2 -LoadBalancingRule $lbrule1, $lbrule2, $lbrule3 -BackendAddressPool $beAddressPool1  -Probe $healthProbe

12. NICの作成

NICを作成し、Citrix ADC VPXインスタンスに関連付けます。

コマンド:


$nicName="NIC1"

$lbName="NSALB"

$bePoolIndex=0

$natRuleIndex=0

$subnetIndex=0 ß Frontend subnet index

$lb=Get-AzureRmLoadBalancer -Name $lbName -ResourceGroupName $rgName

$nic1=New-AzureRmNetworkInterface -Name $nicName -ResourceGroupName $rgName -Location $locName -Subnet $vnet.Subnets[$subnetIndex] -LoadBalancerBackendAddressPool $lb.BackendAddressPools[$bePoolIndex] -LoadBalancerInboundNatRule $lb.InboundNatRules[$natRuleIndex]

13. Citrix ADC VPXインスタンスの作成

マーケットプレイスイメージからCitrix ADC VPXインスタンスを作成し、NICを仮想インスタンスに接続します。

コマンド:

$vmName="VPX1"

$vmSize="Standard_A3" / "Standard_DS4"

$pubName="citrix"

$skuName = "netscalerbyol"

$offerName="netscalervpx110-6531"

$avSet=Get-AzureRmAvailabilitySet -Name $avName -ResourceGroupName $rgName

$vm1=New-AzureRmVMConfig -VMName $vmName -VMSize $vmSize -AvailabilitySetId $avset.Id

$cred=Get-Credential -Message "Type Credentials which will be used to login to VPX instance"

$vm1=Set-AzureRmVMOperatingSystem -VM $vm1 -Linux -ComputerName $vmName -Credential $cred -Verbose

$vm1=Set-AzureRmVMSourceImage -VM $vm1 -PublisherName $pubName -Offer $offerName -Skus $skuName -Version "latest"

$vm1=Add-AzureRmVMNetworkInterface -VM $vm1 -Id $nic1.Id

$diskName="dynamic"

$storageAcc=Get-AzureRmStorageAccount -ResourceGroupName $rgName -Name $saName

$osDiskUri1=$storageAcc.PrimaryEndpoints.Blob.ToString() + "vhds1/" + $diskName  + ".vhd"

$vm1=Set-AzureRmVMOSDisk -VM $vm1 -Name $diskName -VhdUri $osDiskUri1 -CreateOption fromImage

Set-AzureRmVMPlan -VM $vm1 -Publisher $pubName -Product $offerName -Name $skuName

New-AzureRmVM -ResourceGroupName $rgName -Location $locName -VM $vm1

上記のコマンドは、Citrix ADC VPXインスタンスを作成し、指定されたフロントエンドサービスのCitrix ADC VPXインスタンスに仮想サーバーを追加します。

高可用性モードでのCitrix ADC VPX 展開

このセクションでは、単一のバックエンドプールにマップされた複数のフロントエンドIPを使用して、Citrix ADC VPXをHA展開するPowerShell コマンドについて説明します。

複数のFIP、バックエンドプール、負荷分散規則、および受信NAT規則を、Azureロードバランサーの一部として構成します。

Citrix ADC VPXインスタンスの高可用性展開で、次の条件が満たされていることを確認します。

  1. バックエンドプールには、HAの一部である2つのCitrix ADC VPXインスタンスが含まれます。
  2. 2つのロードバランサー規則が定義され、次の2つのVIPにマップされている。
    1. VIP1:80 > Back-end Pool 1:10080
    2. VIP2:80 > Back-end Pool 1:10081
  3. VIP 1:10080 > バックエンドプール 1:80 をマッピングするロードバランサールールが定義され、Citrix ADC VPX GUIにアクセスできるようになります。
  4. 次の2つのVIPをマップする2つの受信NAT規則が定義されている。
    1. VIP 1:22 > Citrix ADC VPXプライマリにアクセスするためのバックエンドプール 1:22
    2. VIP 1:10022 > バックエンドプール:SSH経由でCitrix ADC VPXセカンダリにアクセスするためのアクセス

Azureロードバランサー規則の一部として定義されているすべてのサービスの負荷が分散されます。そのため、プライマリVPXに障害が発生すると、2番目のVPXが、アクティブ/パッシブHA展開のすべてのサービスを管理します。

以下の図は、NetScaler仮想サーバーに対して複数のクラウドサービスIPアドレスをHAモードでAzure Resource Manager上に構成する方法を示しています。

ローカライズされた画像

1. リソースグループの作成

$rgName=”<resource group name>”

$locName=”<location name, such as West US>”

コマンド:

New-AzureRmResourceGroup -Name $rgName -Location $locName

たとえば、次のようになります

$rgName = "ARM-Mult-VIP-HA"

$locName = "East Asia"

New-AzureRmResourceGroup -Name $rgName -Location $locName

2. ストレージアカウントの作成

ストレージアカウントには、小文字および数字だけを含む、グローバルに一意の名前を選択する必要があります。

$saName=”<storage account name>”

$saType=”<storage account type, specify one: Standard_LRS, Standard_GRS, Standard_RAGRS, or Premium_LRS>”

コマンド:

New-AzureRmStorageAccount -Name $saName -ResourceGroupName $rgName -Type $saType -Location $locName

たとえば、次のようになります

$saName="vpxstorage1"

$saType="Standard_LRS"

New-AzureRmStorageAccount -Name $saName -ResourceGroupName $rgName -Type $saType -Location $locName

3. 可用性セットの作成

$avName=”<availability set name>”

コマンド:


New-AzureRmAvailabilitySet -Name $avName -ResourceGroupName $rgName -Location $locName

たとえば、次のようになります

$avName="avNSSetARM"

4. 仮想ネットワークとサブネットの作成

以前に作成されていない場合、少なくとも1つのサブネットを持つ新しい仮想ネットワークを追加します。

$vnetName = "LBVnet"

コマンド:

サブネットの作成:


$frontendSubnet=New-AzureRmVirtualNetworkSubnetConfig -Name   frontendSubnet -AddressPrefix 10.0.7.0/24

(このパラメータ値は要件ごとにする必要があります)

$backendSubnet=New-AzureRmVirtualNetworkSubnetConfig -Name backendSubnet -AddressPrefix 10.0.8.0/24

仮想ネットワークの作成:

New-AzureRmVirtualNetwork -Name $vnetName -ResourceGroupName $rgName -Location $locName -AddressPrefix 10.0.0.0/16 -Subnet $frontendSubnet,$backendSubnet

5. パブリックIPアドレスの作成

作成されたパブリックIPアドレスの数は、必要なExternal VIPの数に等しい必要があります。

  • 使用する前に、Domain.Name.Labelの値の可用性を確認します。
  • 2つのVIPを作成します。

コマンド:

$pubName1 ="PublicIp1"

$dnsName1="nsvpx1"

$pubName2 ="PublicIp2"

$dnsName2="nsvpx2"

$publicIP1 = New-AzureRmPublicIpAddress -Name $pubName1 -ResourceGroupName $rgName -Location $locName -AllocationMethod Static -DomainNameLabel $dnsName1

$publicIP2 = New-AzureRmPublicIpAddress -Name $pubName2 -ResourceGroupName $rgName -Location $locName -AllocationMethod Static -DomainNameLabel $dnsName2

6. フロントエンドIPアドレスの作成

$FIPName1 = "VIP1"

$FIPName2="VIP2"

コマンド:

$frontendIP1 = New-AzureRmLoadBalancerFrontendIpConfig -Name $FIPName1 -PublicIpAddress $publicIP1

$frontendIP2 = New-AzureRmLoadBalancerFrontendIpConfig -Name $FIPName2 -PublicIpAddress $publicIP2

7. バックエンド・プールの作成

$BEPool1 = "backend-Pool1"

コマンド:

$beaddresspool1= New-AzureRmLoadBalancerBackendAddressPoolConfig -Name $BEPool1

8. ヘルスプローブの作成

ポート9000、間隔5秒でTCPヘルププローブを作成します。

コマンド:

$healthProbe = New-AzureRmLoadBalancerProbeConfig -Name HealthProbe -Protocol Tcp -Port 9000 -IntervalInSeconds 5 -ProbeCount 2

9. ロードバランサー規則の作成

フロントエンドの各IPおよびサービスに対して、個別のロードバランサー規則を作成する必要があります。

バックエンドアドレスプールに、一連の仮想マシンを含めることができます。単一のCitrix ADC VPX展開では、単一のCitrix ADC VPXインスタンスのみがこのプールに含まれます。

:フロントエンドIP構成、バックエンド・アドレス・プール、フロントエンド・ポート、バックエンド・ポートのパラメータの組み合わせ値は、2つのルールで同じであってはなりません。

:

各FIP/VIPアクセスとHTTPサービスは、フロントエンドポート80を使用します。バックエンドプールが同じなので、バックエンドポートは各ロードバランサー規則に対して異なるものを使用する必要があります。

コマンド:

$lbrule1 = New-AzureRmLoadBalancerRuleConfig -Name "HTTP1" -FrontendIpConfiguration $frontendIP1 -BackendAddressPool  $beAddressPool1 -Probe $healthProbe -Protocol Tcp -FrontendPort 80 -BackendPort 10080

$lbrule2 = New-AzureRmLoadBalancerRuleConfig -Name "HTTP2" -FrontendIpConfiguration $frontendIP2 -BackendAddressPool  $beAddressPool1 -Probe $healthProbe -Protocol Tcp -FrontendPort 80 -BackendPort 10081

Citrix ADC VPXインスタンスのHTTPサービスにアクセスするためのロードバランサー構成ルールは、次のように追加できます。

コマンド:

$lbrule3 = New-AzureRmLoadBalancerRuleConfig -Name "HTTPNS" -FrontendIpConfiguration $frontendIP1 -BackendAddressPool  $beAddressPool1 -Probe $healthProbe -Protocol Tcp -FrontendPort 10080 -BackendPort 80

10. INAT規則の作成

負荷分散が不要のサービスに対するNAT規則を作成します。

たとえば、VPXインスタンスへのsshアクセスを作成します。

: プロトコル-フロントエンドポート-バックエンドポートトリプレットは、同じフロントエンド IP アドレスに属する 2 つの NAT ルールに対して同じであってはなりません。

コマンド:

$inboundNATRule1= New-AzureRmLoadBalancerInboundNatRuleConfig -Name SSH1 -FrontendIpConfiguration $frontendIP1 -Protocol TCP -FrontendPort 22 -BackendPort 22
$inboundNATRule2= New-AzureRmLoadBalancerInboundNatRuleConfig -Name SSH2 -FrontendIpConfiguration $frontendIP1 -Protocol TCP -FrontendPort 10022 -BackendPort 22

11. ロードバランサーの作成

上述の定義された規則、フロントエンドIP、およびバックエンドプールのすべてを持つロードバランサーを作成します。

コマンド:

$lbName ="NSALB"

$NRPLB = New-AzureRmLoadBalancer -ResourceGroupName $rgName -Name $lbName -Location $locName -InboundNatRule $inboundNATRule1, $inboundNATRule2 -FrontendIpConfiguration $frontendIP1, $frontendIP2 -LoadBalancingRule $lbrule1, $lbrule2, $lbrule3 -BackendAddressPool $beAddressPool1  -Probe $healthProbe

12. NICの作成

NICを作成し、Citrix ADC VPXインスタンスに関連付けます。

コマンド:

$nicName="NIC1"

$lbName="NSALB"

$bePoolIndex=0

$natRuleIndex=0

$subnetIndex=0 ß Frontend subnet index

$lb=Get-AzureRmLoadBalancer -Name $lbName -ResourceGroupName $rgName

$nic1=New-AzureRmNetworkInterface -Name $nicName -ResourceGroupName $rgName -Location $locName -Subnet $vnet.Subnets[$subnetIndex] -LoadBalancerBackendAddressPool $lb.BackendAddressPools[$bePoolIndex] -LoadBalancerInboundNatRule $lb.InboundNatRules[$natRuleIndex]

$nicName="NIC2”

$lbName="NSALB"

$bePoolIndex=0

$natRuleIndex=1ß 2nd SSH rule

$subnetIndex=0

$nic2=New-AzureRmNetworkInterface -Name $nicName -ResourceGroupName $rgName -Location $locName -Subnet $vnet.Subnets[$subnetIndex] -LoadBalancerBackendAddressPool $lb.BackendAddressPools[$bePoolIndex] -LoadBalancerInboundNatRule $lb.InboundNatRules[$natRuleIndex]

13. Citrix ADC VPXインスタンスの作成

マーケットプレイスイメージからCitrix ADC VPXインスタンスを作成し、NICをアタッチします。

コマンド:

$vmName="VPX1"

$vmSize="Standard_A3"

$pubName="citrix"

$skuName = "netscalerbyol"

$offerName="netscalervpx110-6531"

$avSet=Get-AzureRmAvailabilitySet -Name $avName -ResourceGroupName $rgName

$vm1=New-AzureRmVMConfig -VMName $vmName -VMSize $vmSize -AvailabilitySetId $avset.Id

$cred=Get-Credential -Message "Type Credentials which will be used to login to VPX instance"

$vm1=Set-AzureRmVMOperatingSystem -VM $vm1 -Linux -ComputerName $vmName -Credential $cred -Verbose

$vm1=Set-AzureRmVMSourceImage -VM $vm1 -PublisherName $pubName -Offer $offerName -Skus $skuName -Version "latest"

$vm1=Add-AzureRmVMNetworkInterface -VM $vm1 -Id $nic1.Id

$diskName="dynamic"

$storageAcc=Get-AzureRmStorageAccount -ResourceGroupName $rgName -Name $saName

$osDiskUri1=$storageAcc.PrimaryEndpoints.Blob.ToString() + "vhds1/" + $diskName  + ".vhd"

$vm1=Set-AzureRmVMOSDisk -VM $vm1 -Name $diskName -VhdUri $osDiskUri1 -CreateOption fromImage

Set-AzureRmVMPlan -VM $vm1 -Publisher $pubName -Product $offerName -Name $skuName

New-AzureRmVM -ResourceGroupName $rgName -Location $locName -VM $vm1

$vmName="VPX2"

$vmSize="Standard_A3"

$pubName="citrix"

$skuName = "netscalerbyol"

$offerName="netscalervpx110-6531"

$avSet=Get-AzureRmAvailabilitySet –Name $avName –ResourceGroupName $rgName

$vm2=New-AzureRmVMConfig -VMName $vmName -VMSize $vmSize -AvailabilitySetId $avset.Id

$cred=Get-Credential -Message "Type Credentials which will be used to login to VPX instance"

$vm2=Set-AzureRmVMOperatingSystem -VM $vm2 -Linux -ComputerName $vmName -Credential $cred -Verbose

$vm2=Set-AzureRmVMSourceImage -VM $vm2 -PublisherName $pubName -Offer $offerName -Skus $skuName -Version "latest"

$vm2=Add-AzureRmVMNetworkInterface -VM $vm2 -Id $nic2.Id

$diskName="dynamic”

$storageAcc=Get-AzureRmStorageAccount -ResourceGroupName $rgName -Name $saName

$osDiskUri2=$storageAcc.PrimaryEndpoints.Blob.ToString() + "vhds2/" + $diskName  + ".vhd"

$vm1=Set-AzureRmVMOSDisk -VM $vm2 -Name $diskName -VhdUri $osDiskUri2 -CreateOption fromImage

Set-AzureRmVMPlan -VM $vm2 -Publisher $pubName -Product $offerName -Name $skuName

New-AzureRmVM -ResourceGroupName $rgName -Location $locName -VM $vm2

14. 高可用性の確保

両方のCitrix ADC VPXインスタンスが実行されている場合は、SSH経由で両方のVPXインスタンスに接続して仮想マシンを構成します。

  1. アクティブ-パッシブHAを構成するには、両方のノードで「add HA node #nodeID」コマンドを実行し、プライマリVPXインスタンスで構成コマンドを実行します。

  2. アクティブ-アクティブ HA を設定するには、両方のノードで同じ構成コマンドを実行します。

Azure ARMコンポーネント

この表は、PowerShellおよびAzure Resource Managerポータルを使用して作成できるAzure Resource Manager(ARM)コンポーネントの一覧です。

- PowerShell ARMポータル
リソースグループ はい はい
ストレージ アカウント はい はい
可用性セット はい はい
仮想ネットワークとサブネット はい はい
パブリックIP はい はい
複数のフロントエンドIP はい いいえ
バックエンド・プール はい はい
健康プローブ はい はい
フロントエンド IP を 1 つだけ使用する各ルールの LB ルール はい はい
異なるフロントエンド IP を使用する各ルールの LB ルール はい いいえ
すべてに対して同じフロントエンド IP を持つインバウンド NAT ルール はい はい
異なるフロントエンド IP を持つインバウンド NAT ルール はい いいえ
外部ロードバランサー はい はい
内部ロードバランサー はい はい
フロントエンドIPを持つロードバランサー はい はい
複数のフロントエンドIPを持つロードバランサ はい いいえ
ネットワークセキュリティグループ (NSG) はい はい
NIC はい はい
仮想マシン はい はい
スタンドアロンまたは高可用性VPXインスタンス用に複数のAzure VIPを構成する