Citrix ADC

VMXNET3ネットワークインターフェイスを使用するようにCitrix ADC VPXインスタンスを構成する

VMware ESXにCitrix ADC VPXインスタンスをインストールして構成したら、VMware vSphere Webクライアントを使用して、VMXNET3ネットワークインターフェイスを使用するように仮想アプライアンスを構成できます。

VMware vSphere Webクライアントを使用して、VMXNET3ネットワークインターフェイスを使用するようにCitrix ADC VPXインスタンスを構成するには、次の手順に従います。

  1. vSphere Web クライアントで、[ホストとクラスタ] を選択します。

  2. 以下のように、Citrix ADC VPXインスタンスの互換性設定をESXにアップグレードします。

    a. Citrix ADC VPXインスタンスの電源を切ります。

    b. Citrix ADC VPXインスタンスを右クリックし、[ 互換性]>[仮想マシンの互換性のアップグレード]を選択します。

    c. [仮想マシンの互換性の設定] ダイアログボックスで、[互換性] ドロップダウンリストから [ESXi 5.5 以降] を選択し、[OK] をクリックします。

  3. Citrix ADC VPXインスタンスを右クリックし、[ 設定の編集]をクリックします。

    ローカライズされた画像

  4. [<virtual_appliance> 設定の編集] ダイアログボックスで、[CPU] セクションをクリックします。

    ローカライズされた画像

  5. [CPU] セクションで、以下を更新します。

    • CPU の数
    • ソケット数
    • 予約
    • 上限
    • 共有

    値を次のように設定します。

    a. [CPU] ドロップダウンリストで、仮想アプライアンスに割り当てる CPU の数を選択します。

    b. [ソケットあたりのコア 数] ドロップダウンリストで、ソケット数を選択します。

    c. (オプション)[CPU Hot Plug]フィールドで、[Enable CPU Hot Add]チェックボックスを選択または選択解除します。

    注:デフォルト(無効)のままにしておくことをお勧めします。

    d. [予約] ドロップダウンリストで、最大値として表示される番号を選択します。

    ローカライズされた画像

    e. [制限] ドロップダウンリストで、最大値として表示される数値を選択します。

    ローカライズされた画像

    f. [共有] ドロップダウンリストで、[カスタム] を選択し、最大値として表示される数を指定します。

    ローカライズされた画像

  6. [メモリ] セクションで、次の項目を更新します。

    • RAMのサイズ
    • 予約
    • 上限
    • 共有

    値を次のように設定します。

    a. [RAM] ドロップダウンリストで、RAM のサイズを選択します。vCPUの数×2GBにします。たとえば、仮想 CPU の数が 4 の場合、RAM は 4 x 2 GB = 8 GB にする必要があります。

    注:Citrix ADC VPXアプライアンスのAdvancedエディションまたはPremiumエディションでは、各vCPUに4GBのRAMを割り当ててください。たとえば、vCPUの数が4の場合、RAM = 4×4GB = 16GBになります。

    ローカライズされた画像

    b. [予約] ドロップダウンリストで、メモリ予約の値を入力し、[すべてのゲストメモリを予約する (すべてロック)] チェックボックスをオンにします。メモリ予約は、vCPUの数×2GBにします。たとえば、仮想 CPU の数が 4 の場合、メモリ予約は 4 x 2 GB = 8 GB になります。

    注:Citrix ADC VPXアプライアンスのAdvancedエディションまたはPremiumエディションでは、各vCPUに4GBのRAMを割り当ててください。たとえば、vCPUの数が4の場合、RAM = 4×4GB = 16GBになります。

    ローカライズされた画像

    c. [制限] ドロップダウンリストで、最大値として表示される数値を選択します。

    ローカライズされた画像

    d.「共有」ドロップダウンリストで、「カスタム」を選択し、最大値として表示される数値を選択します。

    ローカライズされた画像

  7. VMXNET3ネットワークインターフェイスを追加します。[New device]ボックスの一覧で[Network]を選択し、[Add]をクリックします。

    ローカライズされた画像

  8. [New Network] セクションのドロップダウンリストからネットワークインターフェイスを選択し、次の操作を行います。

    a. [Adapter Type]ボックスの一覧で、[VMXNET3]を選択します。

    重要

    デフォルトのE1000ネットワークインターフェイスとVMXNET3は共存できないため、E1000ネットワークインターフェイスの削除を確認して、VMXNET3(0/1)を管理インターフェイスとして使用します。

    ローカライズされた画像

  9. [OK] をクリックします。

  10. Citrix ADC VPXインスタンスの電源を入れます。

  11. Citrix ADC VPXインスタンスの電源が入ったら、次のコマンドを使用して構成を確認できます。

    インターフェイスの概要を表示

構成したすべてのインターフェイスが出力に表示されるはずです。

> show interface summary
--------------------------------------------------------------------------------
Interface  MTU        MAC                  Suffix
--------------------------------------------------------------------------------
1     0/1        1500       00:0c:29:89:1d:0e    NetScaler Vir...rface, VMXNET3
2     1/1        9000       00:0c:29:89:1d:18    NetScaler Vir...rface, VMXNET3
3     1/2        9000       00:0c:29:89:1d:22    NetScaler Vir...rface, VMXNET3
4     LO/1       9000       00:0c:29:89:1d:0e    Netscaler Loopback interface

VMXNET3インターフェイスを追加してCitrix ADC VPXアプライアンスを再起動すると、VMware ESXHypervisor によってNICがVPXアプライアンスに提示される順序が変更されることがあります。そのため、ネットワークアダプター1が常に0/1のままであるとは限らず、その結果VPXアプライアンスに対する管理接続が失われることがあります。この問題を回避するには、ネットワークアダプターの仮想ネットワークを変更します。

これは、VMWare ESXハイパーバイザーの制限事項です。

VMXNET3ネットワークインターフェイスを使用するようにCitrix ADC VPXインスタンスを構成する