Citrix ADC

Linux-KVMプラットフォームへのCitrix ADC VPXインスタンスのインストール

Linux-KVMプラットフォーム用にCitrix ADC VPXをセットアップするには、グラフィカルな仮想マシンマネージャー(Virt-Manager)アプリケーションを使用します。Linux-KVMコマンドラインの使用を希望する場合は、virshプログラムを使用できます。

KVM ModuleおよびQEMUのような仮想化ツールを使って、適切なハードウェアにホストLinuxオペレーティングシステムをインストールする必要があります。ハイパーバイザー上で展開できる仮想マシン(VM)の数はアプリケーション要件および選択されたハードウェアにより異なります。

Citrix ADC VPXインスタンスをプロビジョニングした後、インターフェイスを追加できます。

制限事項と使用上のガイドライン

一般的な推奨事項

予測できない動作を回避するには、次の推奨事項を適用します。

  • VPX VMに関連付けられているvnetインターフェイスのMTUは変更しないでください。インターフェイスモードやCPUなどの構成パラメータを変更する前に、VPX VMをシャットダウンします。
  • VPX VMを強制的にシャットダウンしないでください。つまり、 [強制オフ] コマンドは使用しないでください。
  • ホストLinux上で指定された任意の構成は、Linuxディストリビューションの設定によってそのまま維持されたり、維持されなかったりします。これらの構成を維持するよう選択して、ホストLinuxオペレーティングシステムのリブートにおける一貫した動作を確保できます。
  • Citrix ADCパッケージは、プロビジョニングされたCitrix ADC VPXインスタンスごとに一意である必要があります。

制限事項

  • KVM上で動作するVPXインスタンスのライブマイグレーションはサポートされていません。

Linux-KVMプラットフォームへのCitrix ADC VPXインスタンスのインストール