Citrix ADC

AWS 上の VMware クラウドに Citrix ADC VPX インスタンスをインストールする

AWS 上の VMware クラウド(VMC)を使用すると、希望する数の ESX ホストで AWS 上にクラウドソフトウェア定義データセンター(SDDC)を作成できます。AWS 上の VMC は、Citrix ADC VPX デプロイメントをサポートしています。VMCは、オンプレミスのvCenterと同じユーザー・インタフェースを提供します。これは、ESXベースのCitrix ADC VPX展開と同じように機能します。

前提条件

仮想アプライアンスのインストールを開始する前に、次の操作を行います。

  • 1 つの VMware SDDC が、少なくとも 1 つのホストとともに存在している必要があります。
  • Citrix ADC VPXアプライアンスのセットアップファイルをダウンロードします。
  • 仮想マシンが接続する適切なネットワークセグメントを VMware SDDC 上に作成します。
  • VPXライセンスファイルを入手します。Citrix ADC VPXインスタンスライセンスの詳細については、http://support.citrix.com/article/ctx131110の「 Citrix ADC VPXライセンスガイド」を参照してください。

VMware クラウドのハードウェア要件

次の表に、VMware SDDC が各 VPX ncore 仮想アプライアンスに対して提供する必要がある仮想コンピューティングリソースを示します。

表 2. Citrix ADC VPXインスタンスの実行に必要な最小仮想コンピューティングリソース

コンポーネント 条件
メモリ 2GB
仮想CPU(VCPU) 2
仮想ネットワークインターフェイス VMware SDDC では、VPX ハードウェアをバージョン 7 以上にアップグレードすると、最大 10 個の仮想ネットワークインターフェイスをインストールできます。
ディスク領域 20GB

ハイパーバイザーに必要なディスク領域は含まれません。

VPX仮想アプライアンスを本番稼働で使用するには、完全なメモリ割り当てを予約する必要があります。

OVF ツール 1.0 のシステム要件

Open Virtualization Format Tool(OVF Tool)は、WindowsおよびLinuxシステムで実行できるクライアントアプリケーションです。次の表は、最小システム要件を示しています。

表4. OVF ツールのインストールに必要な最小システム要件

コンポーネント 条件
OS VMware からの詳細な要件については、http://kb.vmware.com/で「OVF ツールユーザーガイド」PDF ファイルを検索してください。
CPU 最低750 MHz、1 GHz またはそれ以上の速度を推奨
RAM 最小 1 GB、推奨 2 GB
NIC 100Mbps以上のNIC。

OVF のインストールについては、http://kb.vmware.com/で「OVF ツールユーザーガイド」の PDF ファイルを検索してください。

Citrix ADC VPXセットアップファイルのダウンロード

VMware ESX用のCitrix ADC VPXインスタンスセットアップパッケージは、オープン仮想マシン(OVF)形式の標準に準拠しています。これらのファイルは、CitrixのWebサイトからダウンロードできます。ログオンするには、Citrixアカウントが必要です。Citrixアカウントをお持ちでない場合は、http://www.citrix.comのホームページにアクセスします。[新しいユーザー]リンクをクリックし、指示に従って新しいCitrixアカウントを作成します。

ログオンしたら、Citrixのホームページから次のパスをナビゲートします。

Citrix.com > ダウンロード > Citrix ADC > 仮想アプライアンス

次のファイルを、ESXサーバーと同じネットワーク上のワークステーションにコピーします。3つのファイルをすべて同じフォルダーにコピーします。

  • NSVPX-ESX-<release number>-<build number>-disk1.vmdk (たとえば, NSVPX-ESX-9.3-39.8-disk1.vmdk)
  • NSVPX-ESX-<release number>-<build number>.ovf (たとえば, NSVPX-ESX-9.3-39.8.ovf)
  • NSVPX-ESX-<release number>-<build number>.mf (たとえば、NSVPX-ESX-9.3-39.8.mf)

VMware クラウドへのCitrix ADC VPXインスタンスのインストール

VMware SDDC をインストールして構成したら、SDDC を使用して VMware クラウドに仮想アプライアンスをインストールできます。インストールできる仮想アプライアンスの数は、SDDC で使用可能なメモリの量によって異なります。

VMware クラウドにCitrix ADC VPXインスタンスをインストールするには、次の手順に従います。

  1. ワークステーションで VMware SDDC を開きます。
  2. [ユーザー名] ボックスと [**パスワード] **ボックスに、管理者の資格情報を入力し、[ログイン] をクリックします。
  3. [File]メニューの[Deploy OVF Template]を選択します。
  4. [OVFテンプレートの展開] ダイアログボックスの [ファイルから展開] で、Citrix ADC VPXインスタンスのセットアップファイルを保存した場所を参照し、.ovfファイルを選択して [次へ] をクリックします。

    注: デフォルトでは、Citrix ADC VPXインスタンスはE1000ネットワークインターフェイスを使用します。VMXNET3 インターフェイスを使用する ADC を展開するには、E1000 ではなく VMXNET3 インターフェイスを使用するようにOVF を変更します。

  5. 仮想アプライアンス OVF テンプレートに表示されるネットワークを、VMware SDDC で設定したネットワークにマッピングします。[次へ]をクリックして、VMware SDDCへの仮想アプライアンスのインストールを開始します。
  6. これで、Citrix ADC VPXインスタンスを起動する準備ができました。ナビゲーションペインで、インストールしたCitrix ADC VPXインスタンスを選択し、右クリックメニューから[電源オン]を選択します。コンソールポートをエミュレートするには、[Console]タブをクリックします。
  7. 別の仮想アプライアンスをインストールする場合は、ステップ 6 からを繰り返します。
  8. 管理ネットワークとして選択した同じセグメントから管理 IP アドレスを指定します。Gateway には同じサブネットが使用されます。
  9. VMware SDDC では、ネットワークセグメントに属するすべてのプライベート IP アドレスに対して NAT ルールとファイアウォールルールを明示的に作成する必要があります。

AWS 上の VMware クラウドに Citrix ADC VPX インスタンスをインストールする