Citrix ADC

メール交換サーバーの MX レコードの作成

Mail Exchange (MX) レコードは、インターネット経由で電子メールメッセージを転送するために使用されます。MX レコードには、使用する MX サーバーを指定する MX プリファレンスが含まれています。MX プリファレンス値の範囲は 0 ~ 65536 です。MX レコードには、一意の MX プリファレンス番号が含まれます。MX レコードの MX プリファレンスと TTL 値を設定できます。

電子メールメッセージがインターネット経由で送信されると、メール転送エージェントは、ドメイン名の MX レコードを要求する DNS クエリを送信します。このクエリは、ドメインのメール交換サーバーのホスト名のリストとプリファレンス番号を返します。MX レコードがない場合、そのドメインのアドレスレコードに対する要求が行われます。1 つのドメインに複数のメール交換サーバーを設定できます。

CLI を使用して MX レコードを追加する

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力して MX レコードを追加し、構成を確認します。

-  add dns mxRec <domain> -mx <string> -pref <positive_integer> [-TTL <secs>]
-  show dns mxRec <domain>

例:

> add dns mxRec example.com -mx mail.example.com -pref 1
 Done
> show dns mxRec example.com
1)      Domain : example.com    MX Name : mail.example.com
        Preference :   1        TTL : 5 secs
 Done

CLI を使用して MX レコードを変更または削除する

  • MX レコードを変更するには、set dns mxRec コマンド、MX レコードが設定されているドメインの名前、MX レコードの名前、変更するパラメータを新しい値とともに入力します。
  • TTL パラメータをデフォルト値に設定するには、unset dns mxRec コマンド、MX レコードが構成されているドメインの名前、MX レコードの名前、および TTL 値を含まない-TTL を入力します。unset dns mxRec コマンドを使用して、TTL パラメータのみの設定を解除できます。
  • MX レコードを削除するには、rm dns mxRec コマンド、MX レコードが構成されているドメインの名前、および MX レコードの名前を入力します。

GUI を使用して MX レコードを追加する

[トラフィック管理] > [DNS] > [レコード] > [メール交換レコード] に移動し、MX レコードを作成します。

メール交換サーバーの MX レコードの作成