Citrix ADC

DNS サフィックスの設定

DNSサフィックスを構成すると、Citrix ADCアプライアンスが名前解決中に完全修飾でないドメイン名(非FQDN)を補完できるようになります。たとえば、ドメイン名 abc(完全修飾ではない)を解決するプロセス中に、DNSサフィックス example.com が設定されている場合、アプライアンスはドメイン名(abc.example.com)にサフィックスを追加して解決します。DNSサフィックスが構成されていない場合、アプライアンスは非FQDNにピリオドを追加し、ドメイン名を解決します。

DNS サフィックスの作成

DNSサフィックスは重要であり、Citrix ADCがエンドリゾルバまたはフォワーダとして構成されている場合にのみ有効です。最大 127 文字の接尾辞を指定できます。

注: DNS サフィックスの順序は重要です。ADCアプライアンスは、設定されたサフィックスをシリアル順に試み、サフィックスの応答が成功すると停止します。

CLI を使用して DNS サフィックスを作成する

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、DNS サフィックスを作成し、構成を確認します。

-  add dns suffix <dnsSuffix>
-  show dns suffix <dnsSuffix>

例:

> add dns suffix example.com
 Done
> show dns suffix example.com
1)      Suffix: example.com
Done

Citrix ADC コマンドラインを使用してDNSサフィックスを削除するには、Citrix ADCのコマンドプロンプトで、rm dns suffix コマンドとDNSサフィックスの名前を入力します。

GUI を使用して DNS サフィックスを作成する

[トラフィック管理] > [DNS] > [DNS サフィックス] に移動し、DNS サフィックスを作成します。

DNS サフィックスの設定