Citrix ADC

ファイアウォールロードバランシング

ファイアウォールロードバランシングは、複数のファイアウォールにトラフィックを分散し、フォールトトレランスとスループットを向上させます。ファイアウォールの負荷分散は、次の方法でネットワークを保護します。

  • ファイアウォール間の負荷を分割することで、単一障害点を排除し、ネットワークの拡張が可能になります。
  • 高可用性の向上。

ファイアウォール負荷分散のためのCitrix ADCアプライアンスの構成は、負荷分散の構成と似ていますが、推奨されるサービスタイプはANY、推奨されるモニタータイプはPINGで、負荷分散仮想サーバーモードはMACに設定されています。

サンドイッチ、エンタープライズ、または複数ファイアウォールの環境構成で、ファイアウォールの負荷分散を設定できます。サンドイッチ環境は、外部からネットワークに入るトラフィックとネットワークをインターネットに送るトラフィックの負荷分散に使用されます。この環境では、ファイアウォールの各側に1つずつ、2つのCitrix ADCアプライアンスを構成します。ネットワークをインターネットに送信するトラフィックをロードバランシングするためのエンタープライズ環境を設定します。エンタープライズ環境では、内部ネットワークとインターネットへのアクセスを提供するファイアウォールとの間に単一のCitrix ADCアプライアンスを構成します。マルチファイアウォール環境は、別のファイアウォールからのトラフィックのロードバランシングに使用されます。Citrix ADCアプライアンスの両側でファイアウォールの負荷分散を有効にすると、出力方向と入力方向のトラフィックフローが改善され、トラフィックの処理速度が向上します。複数のファイアウォール環境では、2つのファイアウォール間に挟まれたCitrix ADCアプライアンスを構成します。

重要:Citrix ADCアプライアンスで宛先IPアドレスに静的ルートを設定し、L3モードを有効にすると、Citrix ADCアプライアンスはトラフィックを負荷分散仮想サーバーに送信する代わりに、ルーティングテーブルを使用してトラフィックをルーティングします。

注:FTPが機能するためには、Citrix ADCアプライアンス上で追加の仮想サーバーまたはサービスを構成する必要があります。IPアドレスとポートは*、21で、サービスタイプはFTPとして指定されます。この場合、Citrix ADCアプライアンスは、FTP制御接続を受け入れ、ペイロードを変更し、データ接続を管理することで、FTPプロトコルをすべて同じファイアウォール経由で管理します。

ファイアウォールの負荷分散は、Citrix ADCアプライアンスでサポートされている負荷分散方法の一部のみをサポートします。また、いくつかのタイプの永続性とモニターのみを構成できます。

ファイアウォールロードバランシング方式

ファイアウォールの負荷分散では、次の負荷分散方式がサポートされています。

  • 最小接続数
  • ラウンドロビン
  • 最小パケット
  • 最小帯域幅
  • 送信元 IP ハッシュ
  • 宛先 IP ハッシュ
  • 送信元 IP 宛先 IP ハッシュ
  • 送信元 IP 送信元ポートのハッシュ
  • 最小応答時間方式(LRTM)
  • カスタムロード

ファイアウォールの永続性

ファイアウォールロードバランシングでは、SOURCEIP、DESTIP、および SOURCEIPDESTIP ベースの永続性だけがサポートされます。

ファイアウォールサーバのモニタリング

ファイアウォールロードバランシングでは、PING モニタとトランスペアレントモニタだけがサポートされます。ファイアウォールを表すバックエンドサービスに PING モニタ(デフォルト)をバインドできます。ファイアウォールが ping パケットに応答しないように設定されている場合、透過モニタを設定して、信頼側のホストを個々のファイアウォール経由で監視できます。

ファイアウォールロードバランシング