Citrix ADC

アプリケーションアクセラレーション機能

  • アプリケーション圧縮

    gzip圧縮プロトコルを使ったHTMLとテキストファイルに対する透過的圧縮一般的な4:1の圧縮率で、データセンターの帯域幅要件が、最大50%削減されます。また、ユーザーのブラウザーに渡す必要があるデータ量が削減されるため、エンドユーザーの応答時間が大幅に短縮されます。

  • キャッシュのリダイレクト

    リバースプロキシ、透過プロキシ、またはフォワードプロキシのキャッシュファームに対するトラフィックのフローを管理します。すべての要求を検査して、キャッシュ不能な要求を特定し、固定接続を介してそれらを発信元のサーバーに直接送信します。キャッシュ不可能な要求を元のWebサーバーにインテリジェントにリダイレクトすることで、Citrix ADCアプライアンスはキャッシュリソースを解放し、キャッシュヒット率を向上させながら、これらの要求に対する全体的な帯域幅消費と応答遅延を減らします。

    詳しくは、「キャッシュのリダイレクト」を参照してください。

  • AppCache

    静的および動的コンテンツの両方に対して、高速インメモリHTTP/1.1およびHTTP/1.0準拠のWebキャッシュを提供し、Webコンテンツとアプリケーションデータデリバリを最適化します。このオンボードキャッシュは、着信要求がセキュリティで保護されたり、データが圧縮されたりしている場合でも、着信アプリケーション要求の結果を保存し、データを再利用して、同じ情報に対する今後の要求に対応します。オンボードキャッシュから直接データを提供することによって、静的および動的コンテンツ要求をサーバーに送信する必要がなくなるので、アプライアンスはページの再生成時間を削減できます。

    詳しくは、「統合キャッシュ」を参照してください。

  • TCPバッファリング

    サーバーの応答をバッファリングして、そのクライアントの速度でクライアントに応答を提供し、より高速にサーバーをオフロードするので、Webサイトのパフォーマンスが向上します。

アプリケーションアクセラレーション機能