Citrix ADC

一般的なロード・バランシングのシナリオ

負荷分散設定では、Citrix ADCアプライアンスはクライアントとサーバーファームの間に論理的に配置され、サーバーへのトラフィックフローを管理します。

次の図は、基本的な負荷分散構成のトポロジを示しています。

図1:基本的なロードバランシングトポロジ

画像

仮想サーバーは、クライアントからの要求に対してサービスを選択して割り当てます。サービス「service-HTTP-1」と「service-HTTP-2」が作成されて、「virtual server-LB-1」という仮想サーバーにバインドされている、前の図のシナリオについて考えてみましょう。virtual server-LB-1は、クライアント要求をservice-HTTP-1またはservice-HTTP-2に転送します。システムはLeast Connections負荷分散方式を使用して、各要求のサービスを選択します。次の表は、システムで設定する必要がある基本的なエンティティの名前と値を示しています。

表1. LB 設定パラメータ値

次の図は、前の表で説明した負荷分散のサンプル値と、必須パラメーターを示しています。

図2:負荷分散エンティティモデル

画像

次の表に、コマンドラインインターフェイスを使用してこの負荷分散セットアップを構成するためのコマンドを示します。

タスク コマンド
負荷分散を有効にする フィーチャーポンドを有効にする
「service-HTTP-1」というサービスを作成する add service service-HTTP-1 10.102.29.5 HTTP 80
「service-HTTP-2」というサービスを作成する add service service-HTTP-2 10.102.29.6 HTTP 80
「vserver-LB-1」という仮想サーバーを作成する add lb vserver vserver-LB-1 HTTP 10.102.29.60 80
「service-HTTP-1」というサービスを「vserver-LB-1」という仮想サーバーにバインドする bind lb vserver vserver-LB-1 service-HTTP-1
「service-HTTP-2」というサービスを「vserver-LB-1」という仮想サーバーにバインドする bind lb vserver vserver-LB-1 service-HTTP-2

表2。初期設定タスク

初期設定タスクの詳細については、基本的な負荷分散のセットアップを参照してください。

タスク コマンド
「vserver-LB-1」という仮想サーバーのプロパティを表示する show lb vserver vserver-LB-1
「vserver-LB-1」という仮想サーバーの統計情報を表示する stat lb vserver vserver-LB-1
「service-HTTP-1」というサービスのプロパティを表示する show service service-HTTP-1
「service-HTTP-1」というサービスの統計情報を表示する stat service service-HTTP-1
「service-HTTP-1」というサービスのバインド情報を表示する show service bindings service-HTTP-1

表3. 検証タスク

タスク コマンド
「vserver-LB-1」という仮想サーバーにパーシステンスを構成する set lb vserver vserver-LB-1 -persistenceType SOURCEIP -persistenceMask 255.255.255.255 -timeout 2
「vserver-LB-1」という仮想サーバーにCOOKIEINSERTパーシステンスを構成する set lb vserver vserver-LB-1 -persistenceType COOKIEINSERT
「vserver-LB-1」という仮想サーバーにURLPassiveパーシステンスを構成する set lb vserver vserver-LB-1 -persistenceType URLPASSIVE
クライアント要求を「vserver-LB-1」という仮想サーバー上のURLへリダイレクトするように仮想サーバーを構成する set lb vserver vserver-LB-1 -redirectURL http://www.newdomain.com/mysite/maintenance
「vserver-LB-1」という仮想サーバーにバックアップ仮想サーバーを設定する set lb vserver vserver-LB-1 -backupVserver vserver-LB-2

表4. カスタマイズタスク

パーシステンスの設定の詳細については、パーシステンス設定の選択と構成を参照してください。クライアント要求を URL にリダイレクトするように仮想サーバを設定し、バックアップ仮想サーバを設定する方法については、負荷分散設定を保護する機能の構成を参照してください。

一般的なロード・バランシングのシナリオ