Citrix ADC

グローバル サーバーの負荷分散

注:

  • リリース13.0ビルド41.xから、Citrix ADCアプライアンスを使用したグローバルサーバー負荷分散(GSLB)の展開は、DNSフラグ日2019に完全に苦情があります。

  • この機能は、Citrix ADC AdvanceおよびPremiumエディションのライセンスに加え、ADC標準ライセンスのオプションとして含まれています。

GSLB用に構成されたCitrix ADCアプライアンスは、災害復旧を提供し、WANの障害点から保護することにより、アプリケーションの継続的な可用性を確保します。GSLBは、クライアント要求を最も近いデータセンターまたは最高のパフォーマンスを発揮するデータセンターに転送することによって、データセンター間で負荷を分散します。また、停止が発生した場合は存続しているデータセンターに分散します。

一般的な構成では、ローカルDNSサーバーは、GSLBサービスにバインドされているGSLB仮想サーバーにクライアント要求を送信します。GSLBサービスは、ローカルサイトまたはリモートサイトにあることができる負荷分散またはコンテンツスイッチング仮想サーバーを識別します。GSLB仮想サーバーがリモートサイトで負荷分散またはコンテンツスイッチング仮想サーバーを選択すると、仮想サーバーのIPアドレスをDNSサーバーに送信します。DNS サーバーは、クライアントに送信します。次に、クライアントは新しいIPで新しい仮想サーバーに要求を再送信します。

設定する必要がある GSLB エンティティは、GSLB サイト、GSLB サービス、GSLB 仮想サーバー、負荷分散またはコンテンツスイッチング仮想サーバー、および権威ある DNS (ADNS) サービスです。MEP も設定する必要があります。また、DNS ビューを構成して、ネットワークのさまざまな部分を異なる場所からネットワークにアクセスするクライアントに公開することもできます。

注:

GSLB機能を最大限に活用するには、ADCアプライアンスを各データセンターで負荷分散またはコンテンツスイッチングに使用して、GSLB構成が独自のMEPを使用してサイトメトリックスを交換できるようにします。

GSLB のしくみ

通常の DNS では、クライアントがドメインネームシステム (DNS) 要求を送信すると、ドメインまたはサービスの IP アドレスの一覧を受信します。通常、クライアントはリストの最初の IP アドレスを選択し、そのサーバーとの接続を開始します。DNSサーバーは、DNSラウンドロビンと呼ばれる技術を使用して、リスト上のIPを循環させます。最初の IP アドレスをリストの最後に送信し、各 DNS 要求に応答した後に他のアドレスを昇格させます。この手法では、負荷の均等な分散が保証されますが、障害復旧、サーバーの負荷または近接性に基づく負荷分散、または永続性はサポートされません。

ADC アプライアンスで GSLB を設定し MEP を有効にすると、DNS インフラストラクチャを使用して、設定された基準に最も適合するデータセンターにクライアントを接続します。この基準では、次のものを指定できます。

  • 最も負荷が低いデータセンター
  • 最も近いデータセンター
  • クライアントの場所からの要求に最も迅速に対応できるデータセンター
  • これらのメトリックと SNMP メトリックの組み合わせ。

アプライアンスは、各データセンターの場所、パフォーマンス、負荷、可用性を追跡します。これらの要因を使用して、クライアント要求を送信するデータセンターを選択します。

次の図は、基本的な GSLB トポロジを示しています。

基本的な GSLB トポロジ

GSLB構成は、構成内の各アプライアンス上のGSLBエンティティのグループで構成されます。これらのエンティティには、GSLB サイト、GSLB サービス、GSLB サービスグループ、GSLB 仮想サーバー、負荷分散サーバー、コンテンツスイッチングサーバー、および ADNS サービスが含まれます。

グローバル サーバーの負荷分散