Citrix ADC

ドメインを GSLB 仮想サーバーにバインドする

Citrix ADCアプライアンスをドメインの権限のあるDNSサーバーにするには、ドメインをGSLB仮想サーバーにバインドする必要があります。ドメインをGSLB仮想サーバーにバインドすると、Citrix ADCアプライアンスはGSLB仮想サーバーの名前を含むドメインのアドレスレコードを追加します。GSLB ドメインの権限 (SOA) レコードとネームサーバー (NS) レコードを手動で追加する必要があります。

SOA レコードと NS レコードの設定の詳細については、ドメインネームシステムを参照してください。

コマンドラインインターフェイスを使用して GSLB 仮想サーバーにドメインをバインドするには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、ドメインを GSLB 仮想サーバーにバインドし、設定を確認します。

bind gslb vserver <name> -domainName <string>
show gslb vserver <name>

例:

bind gslb vserver Vserver-GSLB-1 -domainName www.mycompany.com
show gslb vserver Vserver-GSLB-1

コマンドラインインターフェイスを使用して GSLB 仮想サーバーから GSLB ドメインをバインド解除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

unbind gslb vserver <name> -domainName <string>

構成ユーティリティーを使用して GSLB 仮想サーバーにドメインをバインドするには

  1. [トラフィック管理] > [GSLB] > [仮想サーバー] に移動します。

  2. [GSLB 仮想サーバー] ペインで、ドメインをバインドする GSLB 仮想サーバー (Vserver-GSLB-1 など) を選択し、[開く] をクリックします。

  3. [GSLB 仮想サーバーの構成] ダイアログボックスの [ドメイン] タブで、次のいずれかの操作を行います。

    • 新しいドメインを作成するには、[追加] をクリックします。
    • 既存のドメインを変更するには、ドメインを選択し、[開く] をクリックします。
  4. [GSLB ドメインの作成] または [GSLB ドメインの設定] ダイアログボックスで、次に示すパラメータの値を指定します。

    • ドメイン名* — ドメイン名 (例:www.mycompany.com)

    *必須パラメータ

  5. [作成] をクリックします。

  6. [ OK] をクリックします。

コマンドラインインターフェイスを使用してドメインの統計情報を表示するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

stat gslb domain <name>

例:

stat gslb domain www.mycompany.com

注:特定のGSLBドメインの統計情報を表示するには、Citrix ADCアプライアンスに追加されたドメインの名前を正確に入力します。ドメイン名を指定しない場合、または不正なドメイン名を指定した場合は、設定されているすべてのGSLBドメインの統計情報が表示されます。

構成ユーティリティを使用してドメインの統計情報を表示するには

  1. [トラフィック管理] > [GSLB] > [仮想サーバー] に移動します。
  2. [GSLB 仮想サーバー] ペインで、GSLB 仮想サーバー (Vserver-GSLB-1 など) を選択し、[開く] をクリックします。
  3. [GSLB 仮想サーバーの構成] ダイアログボックスの [ドメイン] タブで、ドメインを選択し、[統計] をクリックします。

コマンドラインを使用して GSLB ドメインにバインドされたエンティティの設定の詳細を表示するには

注:この機能は、NetScaler リリース10.5.eで使用できます。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

show gslb domain <name>

例:

show gslb domain gslb1.com
       gslb1.com
       gvs1 - HTTP    state: DOWN
       DNS Record Type: A
       Configured Method: LEASTCONNECTION
       Backup Method: ROUNDROBIN
       Persistence Type: NONE
       Empty Down Response: DISABLED
       Multi IP Response: DISABLED
       Dynamic Weights: DISABLED

       gsvc1 (10.102.239.165: 80)- HTTP State: DOWN    Weight: 1
              Dynamic Weight: 0    Cumulative Weight: 1
              Effective State: DOWN
              Threshold : BELOW

              Monitor Name : http
                     State: DOWN   Weight: 1
                     Probes: 144   Failed [Total: 144 Current: 144]
                     Last response: Failure - TCP syn sent, reset received.
                     Response Time: 2000 millisec

       gsvc2 (10.102.239.179: 80)- HTTP State: DOWN    Weight: 1
              Dynamic Weight: 0    Cumulative Weight: 1
              Effective State: DOWN
              Threshold : BELOW

              Monitor Name : http-ecv
                     State: DOWN   Weight: 1
                     Probes: 141   Failed [Total: 141 Current: 141]
                     Last response: Failure - TCP syn sent, reset received.
                     Response Time: 2000 millisec
Done

設定ユーティリティを使用して GSLB ドメインにバインドされたエンティティの設定の詳細を表示するには

注:この機能は、NetScaler リリース10.5.eで使用できます。

  1. トラフィック管理 」>「 GSLB 」>「 仮想サーバー 」に移動し、仮想サーバーをダブルクリックします。
  2. [ドメイン] ペインの下のフィールドをクリックします。
  3. [GSLB 仮想サーバーのドメインバインド] ダイアログボックスで、ドメインを選択し、[バインドの表示] をクリックします。