Citrix ADC

GSLB のセットアップと設定の例

組織は地理的に分散したネットワークを持ち、米国、メキシコ、コロンビアに 3 つのデータセンターがあります。これらのロケーションに関連する設定では、これらはそれぞれ US、MX、CO と呼ばれます。各拠点には、同じコンテンツを提供するサーバーファームがあり、セットアップは期待どおりに機能しています。各ロケーションのCitrix ADCアプライアンスは、ポート80でHTTPプロトコルを使用する仮想サーバーを介して構成されます。

組織は、各サイトにサイト識別子を追加することにより、GSLBセットアップを実装しました。サイト識別子には、Citrix ADCアプライアンスが所有し、GSLB通信に使用されるサイト名とIPアドレスが含まれます。 各サイトには、アプライアンスに対してローカルなサイトがあります。また、各サイトには、ローカルアプライアンスに対してリモートの 2 つのサイトがあります。各サイトで、同じ名前の GSLB 仮想サーバーが作成されます。この仮想サーバーは、組織の Web サイトをグローバルに識別し、IP アドレスが関連付けられていません。 セットアップには、各仮想サーバーのIPアドレス、プロトコル、ポート番号を指定して、各GSLBサイトで構成された負荷分散仮想サーバーを指すGSLBサービスも設定されています。これらのサービスは GSLB 仮想サーバーにバインドされます。

: 以下の手順では、コマンドは GSLB サイトのプライベート IP アドレスを使用します。パブリックサイトおよび GSLB サービスの場合は、これらのサイトにパブリック IP アドレスを使用してください。

次の表に、例で使用される IP アドレスと場所を示します。

IPアドレス 場所
10.3.1.101 ローカルCitrix ADC サイトIP。
172.16.1.101 リモートロケーションサイト MX のサイト IP。
168.1.101 リモート・ロケーションのサイト-COのサイトIP。
172.16.1.100 リモートロケーションサイト MX のサービス IP。
1.100 ローカルCitrix ADC サービスIP。
168.1.100 リモートロケーションサイト CO のサービス IP。

GSLBサイトを追加するときに、サイトがインターネットを介してのみ通信する場合は、「パブリックIP」フィールドを使用します。たとえば、GSLB サイト間にサイト間の VPN 接続がない場合などです。

CLI コマンドを使用して Citrix ADC アプライアンスで GSLB セットアップを構成するには

  1. まだ行われていない場合は、GSLB 機能を有効にします。

    enable ns feature gslb
    
  2. ローカルGSLBサイトを追加するためのSNIPを特定します。

  3. ローカルCitrix ADCアプライアンスのGSLBサイトを追加します。

    add gslb site site-US 10.3.1.101
    
  4. リモートCitrix ADCアプライアンス用のGSLBサイトを追加します。

    add gslb site site-MX 172.16.1.101
    add gslb site site-CO 192.168.1.101
    
  5. GSLB セットアップで使用されているサービスを参照する GSLB 仮想サーバーを追加します。

    add gslb vserver gslb-lb HTTP
    
  6. GSLB セットアップに参加している各サイトの GSLB サービスを追加します。

    add gslb service gslb_SVC30 172.16.1.100 HTTP 80 -siteName site-MX
    add gslb service gslb_SVC10 10.3.1.100 HTTP 80 -siteName site-US
    add gslb service gslb_SVC20 192.168.1.100 HTTP 80 -siteName site-CO
    
  7. GSLB サービスを GSLB 仮想サーバーにバインドします。

    bind gslb vserver gslb-lb -serviceName gslb_SVC10
    bind gslb vserver gslb-lb -serviceName gslb_SVC20
    bind gslb vserver gslb-lb -serviceName gslb_SVC30
    
  8. ドメインをGSLB仮想サーバーにバインドします。

    bind gslb vserver gslb-lb -domainName www.mycompany.com -TTL 30
    
  9. DNS クエリをリッスンする ADNS サービスを追加します。

    set service Service-ADNS-1 10.14.39.21 ADNS 53
    

GSLB のセットアップと設定の例