Citrix ADC

GSLB 静的近接データベースの同期

グローバルサーバー負荷分散(GSLB)静的近接データベースを同期するには、いずれかのサイトをマスター GSLB ノードとして識別する必要があります。トポロジ内の任意のサイトをマスターノードとして指定することができます。残りのGSLBノードは自動的にスレーブノードとして指定されます。

GSLB 静的近接データベースを同期すると、スレーブノード間で /var/netscaler/locdb ディレクトリ内のファイルが同期されます。同期処理中、マスターノードは各スレーブノードから実行構成をフェッチし、マスターノード上の構成と比較します。マスター GSLB ノードは rsync プログラムを使用して、スレーブノード間で静的な近接データベースを同期します。同期プロセスを高速化するために、rsyncプログラムは、2つのファイルの違いを排除するのに十分な変更を加えます。同期プロセスをロールバックできません。

次の例では、スレーブサイトである Site2 をマスターサイト Site1 に同期します。管理者は、サイト 1 で sync gslb config コマンドを入力します。

sync gslb config -nowarn
Sync Time: Feb 24 2014 14:56:16
Retrieving local site info: ok
Retrieving all participating gslb sites info:
0 bytes in 0 blocks
ok
site1[Master]:
        Getting Config: ok
site2[Slave]:
        Syncing gslb static proximity database: ok
        Getting Config: ok
        Comparing config: ok
        Applying changes: ok
 Done

GSLB 静的近接データベースの同期