Citrix ADC

アクティブ-アクティブサイトの展開

アクティブ/アクティブ・サイトは、複数のアクティブなデータ・センターで構成されます。クライアント要求は、アクティブなデータセンター間で負荷分散されます。この展開の種類は、分散環境でトラフィックをグローバルに分散する必要がある場合に使用できます。

アクティブ-アクティブ展開内のすべてのサイトがアクティブであり、特定のアプリケーション/ドメインのすべてのサービスは、同じGSLB vserverにバインドされます。サイトは、メトリック交換プロトコル(MEP)を介してメトリックを交換します。サイト間で交換されるサイトメトリックには、各ロードバランシングおよびコンテンツスイッチング仮想サーバーのステータス、現在の接続数、現在のパケットレート、および現在の帯域幅の使用状況が含まれます。Citrix ADCアプライアンスは、サイト間で負荷分散を実行するためにこの情報を必要とします。

MEP では 32 を超えるサイトを同期できないため、アクティブ/アクティブ配置には最大 32 の GSLB サイトを含めることができます。この展開の種類では、バックアップサイトは構成されていません。

Citrix ADCアプライアンスは、GSLB構成で指定されたGSLB方式によって決定された適切なGSLBサイトにクライアント要求を送信します。

アクティブ-アクティブ展開の場合、次の GSLB メソッドを設定できます。

  • ラウンドロビン
  • 最小接続数
  • 最短応答時間
  • 最小帯域幅
  • 最小パケット
  • 送信元 IP ハッシュ
  • カスタムロード
  • ラウンドトリップ時間(RTT)
  • 静的な近接

注:

  • MEP が無効の場合、次のアルゴリズム方式はデフォルトでラウンドロビン(Round Robin)に設定されます。
    • RTT
    • 最小接続数
    • 最小帯域幅
    • 最小パケット
    • 最短応答時間
  • 静的近接 GLSB 方式では、アプライアンスは近接基準に最もよく一致するサイトの IP アドレスに要求を送信します。
  • ラウンドトリップ時間方式では、動的ラウンドトリップ時間(RTT)値は、最もパフォーマンスの高いサイトの IP アドレスを選択することです。RTT は、クライアントのローカル DNS サーバーとデータリソース間のネットワークの遅延の尺度です。

GSLB アクティブ-アクティブデータセンタートポロジ

この図では、サイト 1 とサイト 2 はアクティブな GLSB サイトです。

ローカライズされた画像

クライアントは DNS 要求を送信すると、アクティブサイトの 1 つに着陸します。

サイト 1 がクライアント要求を受信すると、サイト 1 の GSLB 仮想サーバーは、負荷分散またはコンテンツスイッチング仮想サーバーを選択し、仮想サーバーの IP アドレスをクライアントに送信する DNS サーバーに送信します。次に、クライアントは新しい仮想サーバに新しい IP アドレスで要求を再送信します。

両方のサイトがアクティブであるため、GSLB アルゴリズムは、設定された GSLB 方式によって決定された選択を行うときに、両方のサイトのサービスを評価します。

アクティブ-アクティブサイトの展開