Citrix ADC

災害復旧のための GSLB の構成

ダウンタイムにはコストがかかりますので、ディザスタリカバリ機能は重要です。GSLB用に構成されたCitrix ADCアプライアンスは、負荷が最も低いデータセンターまたはパフォーマンスの高いデータセンターにトラフィックを転送します。この構成は、アクティブ-アクティブ設定と呼ばれ、パフォーマンスが向上するだけでなく、セットアップの一部であるデータセンターがダウンした場合に、トラフィックを他のデータセンターにルーティングすることで、ディザスタリカバリを即座に実行できます。または、ディザスタリカバリ専用のアクティブ/スタンバイ GSLB セットアップを構成することもできます。

アクティブ/スタンバイのデータセンターのセットアップで GSLB をディザスタリカバリ用に構成する

従来のディザスタリカバリ設定には、アクティブなデータセンターとスタンバイデータセンターが含まれます。スタンバイデータセンターはリモートサイトです。障害イベントの結果としてフェイルオーバーが発生すると、プライマリアクティブデータセンターが非アクティブになります。スタンバイデータセンターは稼動状態になります。

アクティブ/スタンバイデータセンターセットアップでのディザスタリカバリの構成は、次のタスクで構成されます。

  • アクティブなデータセンターを作成します。
    • ローカル GSLB サイトを追加します。
    • アクティブなデータセンターを表す GSLB 仮想サーバーを追加します。
    • ドメインをGSLB仮想サーバーにバインドします。
    • gslbサービスを追加し、アクティブなGSLB仮想サーバーにサービスをバインドします。
  • スタンバイデータセンターを作成します。
    • リモート gslb サイトを追加します。
    • スタンバイデータセンターを表す gslb vserver を追加します。
    • スタンバイデータセンターを表す gslb サービスを追加し、スタンバイ gslb vserver にサービスをバインドします。
    • スタンバイ GSLB 仮想サーバーをアクティブ GSLB 仮想サーバーのバックアップ仮想サーバーとして構成して、スタンバイデータセンターを指定します。

プライマリデータセンターを構成したら、バックアップデータセンターの設定を複製し、そのサイトの GSLB 仮想サーバーをバックアップ仮想サーバーとして指定することで、スタンバイ GSLB サイトとして指定します。

基本的な GSLB セットアップの設定方法の詳細については、GSLB エンティティの個別設定を参照してください。

コマンドラインインターフェイスを使用してスタンバイ GSLB サイトを指定するには

アクティブサイトとリモートサイトの両方で、コマンドプロンプトで次のように入力します。

set gslb vserver <name> -backupVserver <string>

例:

set gslb vserver vserver-GSLB-1 -backupVServer vserver-GSLB-2

構成ユーティリティを使用してスタンバイサイトを構成するには

  1. 「トラフィック管理」>「GSLB」>「仮想サーバー」に移動し、プライマリサイトの GSLB 仮想サーバーをダブルクリックします。
  2. [仮想サーバーのバックアップ] セクションをクリックし、バックアップ仮想サーバーを選択します。

デフォルトでは、プライマリ仮想サーバがアクティブになると、トラフィックの受信が開始されます。ただし、プライマリ仮想サーバーがアクティブになった後でも、トラフィックをバックアップ仮想サーバーに転送する場合は、 「プライマリの停止を無効にする」オプションを使用します。

アクティブ-アクティブ・データ・センター・セットアップでの災害復旧の構成

両方のGSLBサイトがアクティブであるアクティブ-アクティブGSLBデプロイメントは、スタンバイデータセンターを持つ際に発生する可能性のあるリスクを排除します。このような設定により、Web コンテンツやアプリケーションのコンテンツを地理的に離れた場所にミラーリングできます。これにより、分散した各データセンターでデータを一貫して利用できるようになります。

アクティブ-アクティブデータセンター設定で GSLB をディザスタリカバリ用に構成するには、まず最初のデータセンターで基本 GSLB セットアップを構成してから、他のすべてのデータセンターを構成する必要があります。

まず、少なくとも2つのGSLBサイトを作成します。次に、ローカルサイトのGSLB仮想サーバーとGSLBサービスを作成し、そのサービスを仮想サーバーにバインドします。次に、ADNS サービスを作成し、GSLB を構成するドメインをローカルサイトの GSLB 仮想サーバーにバインドします。最後に、ローカルサイトで、GSLBサービスと同じ仮想サーバーIPアドレスを持つ負荷分散仮想サーバーを作成します。

最初のデータセンターを構成したら、セットアップの他のデータセンターの構成を複製します。

基本的な GSLB セットアップの設定方法の詳細については、GSLB エンティティの個別設定を参照してください。

加重ラウンドロビンを使用したディザスタリカバリの構成

重み付きラウンドロビン方式を使用するように GSLB を設定すると、重みが GSLB サービスに追加され、設定された着信トラフィックの割合が各 GSLB サイトに送信されます。たとえば、トラフィックの 80% をあるサイトに転送し、トラフィックの 20% を別のサイトに転送するように GSLB 設定を構成できます。これを実行すると、Citrix ADCアプライアンスは、2番目のサイトに送信される各リクエストについて、最初のサイトに4つのリクエストを送信します。

加重ラウンドロビン方式を設定するには、まずローカルとリモートの 2 つの GSLB サイトを作成します。次に、ローカルサイトのGSLB仮想サーバーとGSLBサービスを作成し、サービスを仮想サーバーにバインドします。GSLB 方式をラウンドロビンとして設定します。次に、ADNS サービスを作成し、GSLB を構成するドメインを GSLB 仮想サーバーにバインドします。最後に、GSLBサービスと同じ仮想サーバーIPアドレスを持つ負荷分散仮想サーバーを作成します。

ネットワーク内の物理サーバを表す各サービスには、重み付けが関連付けられています。したがって、GSLB サービスには、バインドされているすべてのサービスの重みの合計である動的重みが割り当てられます。トラフィックは、特定のサービスの動的重みと合計重みとの比率に基づいて、GSLB サービス間で分割されます。また、動的重みではなく、GSLB サービスごとに個別の重みを設定することもできます。

サービスにウェイトが関連付けられていない場合、GSLB 仮想サーバーを構成して、バインドされたサービス数を使用してウェイトを動的に計算できます。

基本的な GSLB セットアップの設定方法の詳細については、GSLB エンティティの個別設定を参照してください。

基本的な GSLB 設定を設定したら、個々のサービスに設定された重みに従って、設定された GSLB サイト間でトラフィックが分割されるように、重み付けラウンドロビン方式を設定する必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用してサービスに重みを割り当てるように仮想サーバを構成するには

コマンドプロンプトで、新しい負荷分散仮想サーバーを作成するか、既存のサーバーを構成するかに応じて、次のコマンドのいずれかを入力します。

add lb vserver <name>@ -weight <WeightValue> <ServiceName>  
set lb vserver <name>@ -weight <WeightValue> <ServiceName>  

例:

add lb vserver Vserver-LB-1 -weight 4 Service-HTTP-1
set lb vserver Vserver-LB-1 -weight 4 Service-HTTP-1

コマンドラインインターフェイスを使用してダイナミックウェイトを設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set gslb vserver <name> -dynamicWeight DynamicWeightType

例:

set gslb vserver Vserver-GSLB-1 -dynamicWeight ServiceWeight

コマンドラインインターフェイスを使用して GSLB サービスに重みを追加するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set gslb vserver <name> -serviceName GSLBServiceName -weight WeightValue

例:

set gslb vserver Vserver-GSLB-1 -serviceName Service-GSLB-1 -weight 1

構成ユーティリティを使用してサービスに重みを割り当てるように仮想サーバを構成するには

  1. 「トラフィック管理」>「負荷分散」>「仮想サーバー」に移動し、仮想サーバー (Vserver-LB-1 など) をダブルクリックします。
  2. [サービス] セクションをクリックし、サービスの重みを設定します。

構成ユーティリティを使用して GSLB サービスに重みを追加するには

  1. 「トラフィック管理」>「GSLB」>「仮想サーバー」に移動し、仮想サーバー(vserver-GSLB-1 など)をダブルクリックします。
  2. [Services] セクションをクリックし、[Weight] フィールドでサービスの重みを設定します。

構成ユーティリティを使用して動的重みを設定するには

  1. 「トラフィック管理」>「GSLB」>「仮想サーバー」に移動し、仮想サーバー(vserver-GSLB-1 など)をダブルクリックします。
  2. [方法] セクションをクリックし、[動的重量] ドロップダウンリストから [SERVICEWEIGHT] を選択します。

データセンターの永続性を伴うディザスタリカバリの構成

データセンターの永続性は、要求をロードバランシングするのではなく、同じサーバーとの接続を維持する必要がある Web アプリケーションに対して必要です。たとえば、e コマースポータルでは、クライアントと同じサーバー間の接続を維持することが重要です。このようなアプリケーションでは、HTTP リダイレクトの永続性をアクティブ-アクティブ設定で設定できます。

GSLB をデータセンターの永続性を使用して障害復旧用に設定するには、まず基本的な GSLB 設定を設定し、次に HTTP リダイレクト永続性を設定する必要があります。

まず、ローカルとリモートの2つのGSLBサイトを作成します。次に、ローカルサイトのGSLB仮想サーバーとGSLBサービスを作成し、そのサービスを仮想サーバーにバインドします。次に、ADNS サービスを作成し、GSLB を構成するドメインをローカルサイトの GSLB 仮想サーバーにバインドします。次に、GSLBサービスと同じ仮想サーバーIPアドレスを持つ負荷分散仮想サーバーを作成します。最後に、リモート構成の前の手順を複製するか、Citrix ADCアプライアンスを構成してGSLB構成を自動同期させます。

基本的な GSLB セットアップの設定方法の詳細については、GSLB エンティティの個別設定を参照してください。

基本的な GSLB セットアップを設定したら、HTTP リダイレクトの優先順位を設定して、データセンターの永続性を有効にします。

コマンドラインインターフェイスを使用して HTTP リダイレクトを構成するには

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力して HTTP リダイレクトを構成し、構成を確認します。

set gslb service <serviceName> -sitePersistence <sitePersistence> -sitePrefix <string>
show gslb service <serviceName>

例:

set gslb service Service-GSLB-1 -sitePersistence HTTPRedirect -sitePrefix vserver-GSLB-1
show gslb service Service-GSLB-1

構成ユーティリティを使用して HTTP リダイレクトを構成するには

  1. 「トラフィック管理」>「GSLB」>「サービス」に移動し、設定する GSLB サービスをダブルクリックします。
  2. サイトの永続性 」セクションをクリックし、「 HTTPRedirect 」オプションを選択し、「 サイトプレフィック ス」テキストボックスにサイトプレフィックス(vserver-GSLB-1 など)を入力します。

サイトの永続性が構成されておらず、ローカル GSLB サービスとして構成されている負荷分散仮想サーバーが DOWN の場合、HTTP 要求は 302 リダイレクトを使用して他の正常な GSLB サイトにリダイレクトされます。