Citrix ADC

GSLB 設定のカスタマイズ

基本的な GSLB 設定が動作可能になったら、GSLB サービスの帯域幅の変更、CNAME ベースの GSLB サービス、スタティック近接、ダイナミック RTT、永続接続、またはサービスの動的重みの設定、または GSLB メソッドの変更によってカスタマイズできます。

GSLB サービスのモニタリングを構成して、その状態を判断することもできます。

これらの設定は、ネットワーク配置と、サーバーに接続する予定のクライアントの種類によって異なります。

GSLB サービスの最大接続または最大帯域幅の変更

仮想サーバーを表す GSLB サービスのクライアントの最大数または最大帯域幅を構成することで、負荷分散またはコンテンツスイッチング仮想サーバーに同時に接続できる新しいクライアントの数を制限できます。

コマンドラインインターフェイスを使用して GSLB サービスの最大クライアントまたは帯域幅を変更するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、GSLBサービスのクライアント接続の最大数または最大帯域幅を変更し、構成を確認します。

set gslb service <serviceName> [-maxClients <positive_integer>] [-maxBandwidth <positive_integer>]
show gslb service <serviceName>

例:

set glsb service Service-GSLB-1 –maxBandwidth 100 –maxClients 100
show gslb service Service-GSLB-1

構成ユーティリティを使用して GSLB サービスの最大クライアントまたは帯域幅を変更するには

  1. トラフィック 管理 」>「 GSLB 」>「 サービス 」に移動し、サービスをダブルクリックします。
  2. [その他の設定] セクションをクリックし、次のパラメータを設定します。
    • 最大クライアント数:最大クライアント数
    • 最大帯域幅:最大帯域幅

CNAME ベースの GSLB サービスの作成

GSLB サービスを設定するには、サーバーの IP アドレスまたはサーバーの正規名を使用できます。1 つの IP アドレスから複数のサービス (FTP サーバーや Web サーバーなど、それぞれが異なるポートで実行される) を実行する場合や、同じ物理ホスト上の同じポート上で異なる名前を持つ複数の HTTP サービスを実行する場合は、サービスに正規名 (CNAMES) を使用できます。

たとえば、同じドメイン example.com にある FTP サービスおよび HTTP サービス用に、ftp.example.com と www.example.com という 2 つのエントリを DNS に持つことができます。CNAME ベースの GSLB サービスは、マルチレベルドメインリゾルバ設定またはマルチレベルドメイン負荷分散に役立ちます。CNAME ベースの GSLB サービスを構成すると、物理サーバーの IP アドレスが変更される可能性が高い場合にも役立ちます。

GSLBドメインに対してCNAMEベースのGSLBサービスを構成する場合、GSLBドメインに対してクエリが送信されると、Citrix ADCアプライアンスはIPアドレスではなくCNAMEを提供します。この CNAME レコードの A レコードが構成されていない場合、クライアントは CNAME ドメインに IP アドレスを問い合わせる必要があります。このCNAMEレコードのAレコードが構成されている場合、Citrix ADCアプライアンスはCNAMEに対応するAレコード(IPアドレス)を提供します。Citrix ADCアプライアンスは、GSLB方式で決定されたDNSクエリの最終的な解決を処理します。CNAMEレコードは、別のCitrix ADCアプライアンスまたはサードパーティ製システムで保持できます。

IP アドレスベースの GSLB サービスでは、サービスの状態は、それが表すサーバーの状態によって決まります。ただし、CNAME ベースの GSLB サービスの状態はデフォルトで UP に設定されています。仮想サーバーの IP(VIP)アドレスまたはメトリック交換プロトコル(MEP)は、その状態の決定には使用されません。デスクトップベースのモニターが CNAME ベースの GSLB サービスにバインドされている場合、サービスの状態はモニタープローブの結果に基づいて決定されます。

CNAME ベースの GSLB サービスは、DNS レコードの種類が CNAME である GSLB 仮想サーバーにのみバインドできます。また、Citrix ADCアプライアンスは、特定のCNAMEエントリを持つGSLBサービスを最大で1つ含めることができます。

CNAME ベースの GSLB サービスでサポートされる機能の一部を次に示します。

  • GSLB ポリシーベースのサイトアフィニティがサポートされ、CNAME が優先される場所として使用されます。
  • 送信元 IP パーシステンスがサポートされています。永続性エントリには、選択したサービスの IP アドレスとポートの代わりに CNAME 情報が含まれます。

CNAME ベースの GSLB サービスの制限事項を次に示します。

  • CNAME によって参照されるサービスは、任意のサードパーティの場所に存在することができるため、サイトの永続性はサポートされていません。
  • 1 つのドメインが複数の CNAME エントリを持つことができないため、複数の IP アドレス応答はサポートされません。
  • ソース IP ハッシュとラウンドロビンは、サポートされている唯一のロードバランシング方式です。CNAME が IP アドレスに関連付けられておらず、静的な近接は IP アドレスに従ってのみ維持できるため、静的近接方式はサポートされません。

注:空ダウン応答機能は、CNameベースのGSLBサービスをバインドするGSLB仮想サーバー上で有効にする必要があります。GSLB仮想サーバーがDOWNまたは無効にされている場合、空ダウン応答機能を有効にすると、この仮想サーバーにバインドされたドメインに対するDNSクエリへの応答には、エラーコードの代わりに、IPアドレスなしで空のレコードが含まれています。

コマンドラインインターフェイスを使用して CNAME ベースの GSLB サービスを作成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add gslb service <serviceName> -cnameEntry <string> -siteName <string>

例:

add gslb service Service-GSLB-1 -cnameEntry transport.mycompany.com -siteName Site-GSLB-East-Coast
add gslb service Service-GSLB-2 -cnameEntry finance.mycompany.com -siteName Site-GSLB-West-Coast

構成ユーティリティを使用して CNAME ベースの GSLB サービスを作成するには

  1. [トラフィック 管理] > [GSLB] > [サービス] に移動します。
  2. サービスを作成し、[タイプ] を [正規名ベース]に設定します。

GSLB でのサービス外の状態の移行 (TROFS) の構成

サービスがバインドされている GSLB 仮想サーバー上でパーシステンスを設定すると、サービスは無効になった後もクライアントからのリクエストを処理し続け、永続性を維持するためだけに新しいリクエストまたは接続を受け入れます。構成された期間(正常なシャットダウン期間)が経過すると、新しい要求や接続はサービスに送信されず、既存の接続はすべて閉じられます。

サービスを無効にする場合は、delay 引数を使用して、正常なシャットダウン期間を秒単位で指定できます。正常なシャットダウン期間中に、サービスが仮想サーバにバインドされている場合、その状態は Out of Service と表示されます。

サービスのダイナミックウェイトの設定

一般的なネットワークでは、他のサーバよりもトラフィックの容量が大きいサーバがあります。ただし、通常の負荷分散構成では、異なるサービスが異なる容量のサーバーを表している場合でも、負荷はすべてのサービスに均等に分散されます。

GSLB リソースを最適化するには、GSLB 仮想サーバーで動的重みを設定できます。動的重み付けは、仮想サーバにバインドされたサービスの合計数、または仮想サーバにバインドされた個々のサービスの重みの合計に基づきます。トラフィック分散は、サービスに設定された重みに基づいて行われます。

GSLB 仮想サーバーで動的重みが設定されている場合、要求は負荷分散方式、GSLB サービスの加重、および動的重みに従って分散されます。GSLBサービスの重量と動的重量の積は、累積重量として知られています。したがって、GSLB 仮想サーバーで動的重みが設定されている場合、要求は負荷分散方式と累積重みに基づいて分散されます。

仮想サーバの動的重みが無効になっている場合、数値は 1 に設定されます。これにより、累積ウェイトは常にゼロ以外の整数になります。

動的重み付けは、ロードバランシング仮想サーバにバインドされているアクティブなサービスの合計数またはサービスに割り当てられた重みに基づいて設定できます。

ドメイン用に構成された 2 つの GSLB サイトで構成され、各サイトにはクライアントにサービスを提供できる 2 つのサービスがあるとします。いずれかのサイトのサービスがダウンした場合、そのサイトのもう一方のサーバは、もう一方のサイトのサービスの 2 倍のトラフィックを処理する必要があります。動的な重み付けがアクティブなサービスの数に基づいている場合、両方のサービスがアクティブなサイトの重みが 2 倍になり、1 つのサービスがダウンしているため、トラフィックが 2 倍になります。

または、最初のサイトのサービスが、2 番目のサイトのサーバーの 2 倍のパワーのサーバーを表す構成を検討します。動的重みが、サービスに割り当てられた重みに基づいている場合、最初のサイトに 2 倍の数のトラフィックを送信できます。

注:ロードバランシングサービスへの重みの割り当ての詳細については、サービスへの重量の割り当てを参照してください。

動的加重の計算方法を示す図として、GSLB サービスがバインドされている GSLB 仮想サーバーについて考えます。GSLBサービスは、順番に2つのサービスがバインドされている負荷分散仮想サーバーを表します。GSLB サービスに割り当てられる重みは 3 です。2 つのサービスに割り当てられる重みは、それぞれ 1 と 2 です。この例では、ダイナミックウェイトがに設定されている場合:

  • Disabled:GSLB 仮想サーバーの累積加重は、動的加重 (無効 = 1) と GSLB サービスの加重 (3) の積であるため、累積加重は 3 になります。
  • SERVICECOUNT:カウントは、GSLBサービス(2)に対応する負荷分散仮想サーバーにバインドされたサービス数の合計です。累積加重は、動的加重(2)とGSLBサービス(3)の加重積(6)の積です。
  • SERVICEWEIGHT:動的加重は、GSLBサービス(3)に対応する負荷分散仮想サーバーにバインドされたサービスの加重の合計です。累積加重は、動的加重(3)とGSLBサービス(3)の加重の積です。

注:コンテンツスイッチング仮想サーバーが設定されている場合、動的重みは適用されません。

コマンドラインインターフェイスを使用して動的重みを使用するように GSLB 仮想サーバーを設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set gslb vserver <name> -dynamicWeight SERVICECOUNT | SERVICEWEIGHT

例:

set gslb vserver vserver-GSLB-1 -dynamicWeight SERVICECOUNT

構成ユーティリティを使用して動的重みを使用するように GSLB 仮想サーバーを設定するには

  1. 「トラフィック管理」>「GSLB」>「仮想サーバー」に移動し、メソッドを変更する GSLB 仮想サーバー(vserver-GSLB-1 など)をダブルクリックします。
  2. [方法] セクションをクリックし、[動的重量] ドロップダウンリストから [SERVICECOUNT] または [SERVICEWEIGHT] を選択します。

GSLB 設定のカスタマイズ