Citrix ADC

優先ロケーションを設定することにより、静的な近接動作を無効にする

ローカル DNS (LDNS) サーバーまたはネットワークからのトラフィックを、静的近接方式がそのトラフィックに対して選択する GSLB サービス以外の GSLB サービスに誘導する場合があります。つまり、そのトラフィックに 優先するロケーション があるということです。静的近接メソッドを優先位置でオーバーライドするには、次の操作を行います。

  1. 優先ロケーションのリストで構成される DNS アクションを設定します。DNS アクションの設定の詳細については、「DNS アクションの設定」を参照してください。
  2. 静的近接を上書きする LDNS サーバまたはネットワークから着信するトラフィックを識別するように DNS ポリシーを設定し、ポリシーでアクションを適用します。
  3. ポリシーをグローバル要求バインドポイントにバインドします。

DNS アクションでは、最大 8 つの優先ロケーションのリストを設定できます。ロケーションはドット付き修飾子表記で指定する必要があります。ドット付き修飾子表記は、スタティック近接データベースにカスタムのロケーションを追加するときの表記です。場所には、省略する修飾子のワイルドカードを含めることができます。ロケーションのドット付き修飾子表記については、「静的近接データベースへのカスタムエントリの追加」を参照してください。優先ロケーションを入力するときは、優先順位の降順で入力する必要があります。

ポリシーが TRUEと評価されると、Citrix ADCアプライアンスは、優先される場所をGSLBサービスの場所と優先順に照合します。一致には、次の 2 つのタイプがあります。

  • 優先ロケーションにあるワイルドカード以外の修飾子がすべてGSLBサービスのロケーションにある対応する修飾子と一致する場合、一致は完全一致とみなされます。たとえば、GSLB サービスの場所が .UK です。*.* またはヨーロッパ.UK..は任意の場所.UK.に完全に一致します。。..
  • ワイルドカード以外の修飾子のサブセットだけが一致する場合、その一致は部分一致と見なされます。たとえば、GSLB サービスの場所が Europe.EG の場合、優先する場所 Europe.UK の部分一致です。

DNS ポリシーが TRUE と評価されると、次のアルゴリズムを使用して GSLB サービスを選択します。

  1. アプライアンスは、優先順位が最も高い優先ロケーションを評価し、優先ロケーションとGSLBサービスのロケーション間で完全に一致が見つかるまで優先順を下に移動します。

    完全一致が見つかった場合、アプライアンスは対応する GSLB サービスが稼働しているかどうかをチェックします。起動している場合は、GSLB サービスの IP アドレスを DNS 応答で返します。複数の完全一致が見つかった場合(優先ロケーションで 1 つ以上のワイルドカードが使用されている場合に発生する可能性があります)、アプライアンスは対応する GSLB サービスの各状態をチェックし、稼動している GSLB サービスのロードバランシングを行います。

  2. いずれかの優先ロケーションで完全一致が見つからない場合、アプライアンスは優先度の高い優先ロケーションに戻り、優先ロケーションと GSLB サービスのロケーションの間で部分一致が見つかるまで、優先順を下に移動します。

    部分一致が見つかった場合、アプライアンスは対応する GSLB サービスが稼働しているかどうかをチェックします。起動している場合は、GSLB サービスの IP アドレスを DNS 応答で返します。複数の部分一致が見つかった場合、アプライアンスは対応する GSLB サービスの状態をチェックし、稼働している GSLB サービスの負荷分散を行います。

  3. 完全一致と部分一致のいずれもアップしていない場合、アプライアンスは他のすべての利用可能な GSLB サービスをロードバランシングします。

    このようにして、アプライアンスは DNS ポリシーに一致するトラフィックに対してサイトアフィニティのタイプを実装します。

次の 8 つの GSLB サービスで構成される GSLB 設定を考えてみましょう。

  • Asia.in
  • Asia.jpn
  • Asia.hk
  • Europe.UK
  • Europe.ru
  • Europe.eg
  • Africa.sd
  • Africa.zmb

さらに、次の DNS アクションとポリシー設定について検討してください。

> add dns action prefLoc11 GslbPrefLoc -preferredLocList "Asia.HK" "Europe.UK"
 Done
> add dns policy dnsPolPrefLoc "CLIENT.IP.SRC.MATCHES_LOCATION("\*.ZMB.\*.*")" prefLoc11
 Done

アプライアンスがロケーション .ZMBからリクエストを受信したとき。.* の場合、優先される場所は次のように評価されます。

  1. アプライアンスは、最も優先順位の高い優先ロケーションである Asia.HK と完全に一致する GSLB サービスを検索しようとします。Asia.HKのGSLBサービスが完璧にマッチしていることがわかりました。GSLB サービスが稼働している場合、GSLB サービスの IP アドレスをクライアントに送信します。
  2. Asia.HK の GSLB サービスがダウンしている場合、アプライアンスは 2 番目に優先される場所 Europe.UK に対して完全一致を検出しようとします。Europe.UKのGSLBサービスが完璧にマッチしていることがわかりました。GSLB サービスが稼働している場合、サービスの IP アドレスをクライアントに送信します。
  3. Europe.UK の GSLB サービスがダウンしている場合、優先度が最も高い優先度 Asia.HK を持つ優先ロケーションに戻り、部分一致を検索します。Asia.HKでは、アジア.INとアジア.JPNが部分一致であることが検出されます。対応する GSLB サービスの 1 つだけが稼働している場合は、クライアントにサービスの IP アドレスを送信します。両方のロケーションが稼働している場合は、2 つのサービスのロードバランシングを行います。
  4. Asia.HK の部分一致がすべてダウンしている場合、アプライアンスは Europe.UK の部分一致を検索します。これにより、Europe.RU と Europe.EG が優先ロケーションの部分一致であることが検出されます。対応する GSLB サービスの 1 つだけが稼働している場合は、クライアントにサービスの IP アドレスを送信します。両方のロケーションが稼働している場合は、2 つのサービスのロードバランシングを行います。
  5. Europe.UK のすべての部分一致がダウンした場合、アプライアンスは他のすべての利用可能な GSLB サービスをロードバランシングします。現在の例では、残りの 6 つの GSLB サービスがダウンしていることが判明したため、アプライアンスでは Africa.SD と Africa.ZMB の負荷を分散します。

優先ロケーションを設定することにより、静的な近接動作を無効にする