Citrix ADC

GSLB サービスの監視

リモートサービスをGSLB仮想サーバーにバインドすると、GSLBサイトは、ラウンドトリップ時間と永続性情報であるネットワークメトリック情報を含むメトリック情報を交換します。

いずれかの参加サイト間でメトリック交換接続が一時的に失われた場合、リモートサイトは DOWN としてマークされ、UP中の残りのサイトでロードバランシングが実行されます。サイトのメトリック交換が DOWN の場合、サイトに属するリモートサービスも DOWN とマークされます。

Citrix ADCアプライアンスは、MEPまたはリモートサービスに明示的にバインドされているモニターを使用して、リモートGSLBサービスの状態を定期的に評価します。ローカル GSLB サービスの状態は MEP を使用してデフォルトで更新されるため、明示的なモニタをローカルサービスにバインドする必要はありません。ただし、明示的なモニターをリモートサービスにバインドすることはできます。モニタが明示的にバインドされている場合、リモートサービスの状態はメトリック交換によって制御されません。

デフォルトでは、モニターをリモートGSLBサービスにバインドすると、Citrix ADCアプライアンスはモニターから報告されたサービスの状態を使用します。ただし、以下の状況では、モニターを使用してサービスを評価するようにCitrix ADCアプライアンスを構成できます。

  • 常にモニタを使用する (デフォルト設定)。
  • MEP が DOWN のときは、モニタを使用します。
  • リモートサービスと MEP がDOWNのときは、モニタを使用します。

上記の設定の 2 番目と 3 番目の設定では、MEP がUPしているときにアプライアンスがモニタリングを停止できます。たとえば、階層的な GSLB 設定では、GSLB サイトは子サイトに関する MEP 情報を親サイトへ提供します。このような中間サイトは、ネットワークの問題のために子サイトの状態を DOWN として評価する場合がありますが、サイトの実際の状態は UP です。この場合、モニタを親サイトのサービスにバインドし、MEP を無効にして、リモートサービスの実際の状態を判断できます。このオプションを使用すると、リモートサービスの状態を判別する方法を制御できます。

モニターを使用するには、まずモニターを作成してから、GSLB サービスにバインドします。

モニタトリガーの設定

GSLB サイトは、常にモニタを使用する(デフォルト)か、MEP がダウンしているときにモニタを使用する、またはリモートサービスと MEP の両方がダウンしているときにモニタを使用するように設定できます。後者の2つのケースでは、Citrix ADCアプライアンスは、MEPがUP状態に戻ったときに監視を停止します。

コマンドラインインターフェイスを使用してモニタトリガーを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set gslb site <siteName> –triggerMonitor (ALWAYS | MEPDOWN | MEPDOWN_SVCDOWN)

例:

set gslb site Site-GSLB-North-America –triggerMonitor Always

構成ユーティリティを使用してモニターのトリガーを構成するには

  1. トラフィック管理 」>「 GSLB 」>「 サイト 」に移動し、サイトをダブルクリックします。
  2. [トリガーモニター] ドロップダウンリストで、モニタリングをトリガーするタイミングのオプションを選択します。

モニタの追加または削除

モニタを追加するには、タイプとポートを指定します。サービスにバインドされているモニターは削除できません。まず、モニタをサービスからバインド解除する必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用してモニタを追加するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、モニタを作成し、構成を確認します。

add lb monitor <monitorName> -type <monitorType> -destPort <portNumber>

show lb monitor <monitorName>

例:

add lb monitor monitor-HTTP-1 -type HTTP -destPort 80
show lb monitor monitor-HTTP-1

コマンドラインインターフェイスを使用してモニタを削除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

rm lb monitor <monitorName>

構成ユーティリティを使用してモニタを追加するには

[ トラフィック管理] > [負荷分散] > [モニター] に移動し、モニタを追加または削除します。

モニタを GSLB サービスにバインドする

モニターを作成したら、それらを GSLB サービスにバインドする必要があります。モニタをサービスにバインドするときは、モニタの重みを指定できます。1 つ以上の加重モニターをバインドした後、サービスのモニターしきい値を構成できます。このしきい値は、バインドされたモニタの重みの合計がしきい値を下回ると、サービスを停止します。

注:構成ユーティリティでは、モニタをバインドすると同時に重みと監視しきい値の両方を設定できます。コマンドラインを使用する場合は、別のコマンドを発行して、サービスの監視しきい値を設定する必要があります。

コマンドラインインターフェイスを使用してモニターを GSLB サービスにバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

bind monitor <name> <serviceName> [ -state (Enabled | Disabled) ] -weight <positiveInteger>

例:

bind monitor monitor-HTTP-1 service-GSLB-1 -state enabled -weight 2

コマンドラインインターフェイスを使用して GSLB サービスの監視しきい値を設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set gslb service <ServiceName> -monThreshold <PositiveInteger>

例:

set gslb service service-GSLB-1 -monThreshold 9

構成ユーティリティを使用してモニターを GSLB サービスにバインドするには

  1. [トラフィック管理] > [GSLB] > [サービス] に移動します。
  2. [Monitor] セクションをクリックし、モニタを GSLB サービスにバインドします。

構成ユーティリティを使用して GSLB サービスの監視しきい値を設定するには

  1. [トラフィック管理] > [GSLB] > [サービス] に移動します。
  2. [モニタのしきい値] セクションをクリックし、しきい値を入力します。

GSLB サービスの監視