Citrix ADC

基本的な LLB セットアップの設定

LLB を設定するには、まず、インターネットサービスプロバイダ (ISP) に対する各ルータを表すサービスを作成します。デフォルトでは、PING モニターは各サービスにバインドされます。トランスペアレントモニタのバインドはオプションですが、推奨されます。次に、仮想サーバーを作成し、サービスを仮想サーバーにバインドし、仮想サーバーのルートを構成します。ルートは、仮想サーバをサービスによって表される物理ルータへのGateway として識別します。仮想サーバは、指定したロードバランシング方式を使用してルータを選択します。任意で、特定のセッションのすべてのトラフィックが特定のリンクで送信されるように永続性を設定できます。

基本的な LLB 設定を設定するには、次の手順を実行します。

サービスの構成

デフォルトモニタ(PING)は、サービスの作成時に自動的に ANY のサービスタイプにバインドされますが、デフォルトモニタをトランスペアレントモニタに置き換えることができます(トランスペアレントモニタの作成とバインドを参照)。

コマンドラインインターフェイスを使用してサービスを作成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add service <name> <IP> <serviceType> <port>

show service <name>

:

add service ISP1R_svc_any 10.10.10.254 any *
show service ISP1R_svc_any
        ISP1R_svc_any (10.10.10.254:*) - ANY
        State: DOWN
        Last state change was at Tue Aug 31 04:31:13 2010
        Time since last state change: 2 days, 05:34:18.600
        Server Name: 10.10.10.254
        Server ID : 0   Monitor Threshold : 0
        Max Conn: 0     Max Req: 0      Max Bandwidth: 0 kbits
        Use Source IP: NO
        Client Keepalive(CKA): NO
        Access Down Service: NO
        TCP Buffering(TCPB): YES
        HTTP Compression(CMP): NO
        Idle timeout: Client: 120 sec   Server: 120 sec
        Client IP: DISABLED
        Cacheable: NO
        SC: OFF
        SP: OFF
        Down state flush: ENABLED

1)      Monitor Name: ping
                State: UP       Weight: 1
                Probes: 244705  Failed [Total: 0 Current: 0]
                Last response: Success - ICMP echo reply received.
                Response Time: 1.322 millisec
 Done

構成ユーティリティを使用してサービスを作成するには

[トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス] に移動し、サービスを作成します。

構成ユーティリティを使用してサービスを作成するには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ ロードバランシング ] > [ サービス] に移動します。

  2. 詳細ウィンドウで、[ 追加] をクリックします。

  3. [サービスの作成] ダイアログボックスで、次のパラメータの値を指定します。

    • サービス名*—name
    • サーバ:IP
    • プロトコル*:serviceType(ドロップダウンリストから [ANY] を選択します)。
    • ポート*:port

必須パラメータ

  1. [作成] をクリックします。

  2. ステップ 2 ~ 4 を繰り返して、別のサービスを作成します。

  3. [閉じる] をクリックします。

  4. [Services] ペインで、構成したサービスを選択し、画面の下部に表示される設定が正しいことを確認します。

LLB 仮想サーバーの構成とサービスのバインド

サービスを作成したら、仮想サーバーを作成し、サービスを仮想サーバーにバインドします。LLB では、最小接続のデフォルトの LB 方式はサポートされていません。LB 方式を変更する方法については、LLB 方式とパーシステンスの設定を参照してください。

リンク負荷分散仮想サーバーを作成し、コマンドラインインターフェイスを使用してサービスをバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lb vserver <name> <serviceType>

bind lb vserver < name> <serviceName>

show lb vserver < name>

:

add lb vserver LLB-vip any
bind lb vserver LLB-vip ISP1R_svc_any
sh lb vserver LLB-vip
        LLB-vip (0.0.0.0:0) - ANY    Type: ADDRESS
        State: DOWN
        Last state change was at Thu Sep  2 10:51:32 2010
        Time since last state change: 0 days, 17:51:46.770
        Effective State: DOWN
        Client Idle Timeout: 120 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        No. of Bound Services :  1 (Total)       0 (Active)
        Configured Method: ROUNDROBIN
        Mode: IP
        Persistence: NONE
        Connection Failover: DISABLED

1) ISP1R_svc_any (10.10.10.254: *) - ANY State: DOWN    Weight: 1
 Done

リンク負荷分散仮想サーバーを作成し、構成ユーティリティを使用してサービスをバインドするには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、リンクロードバランシング用の仮想サーバーを作成します。[プロトコル] フィールドに ANY を指定します。
  2. [IP アドレスの種類] ドロップダウンリストで、目的のオプションを選択します。直接アクセスできない仮想サーバを作成するには、[非アドレス可能] を選択します。
  3. [サービス] タブの [アクティブ] 列で、仮想サーバーにバインドするサービスのチェックボックスをオンにします。

LLB 方式と永続性の設定

デフォルトでは、Citrix ADCアプライアンスは最小接続方式を使用して各クライアント要求をリダイレクトするサービスを選択しますが、LLB方式はサポートされている方式のいずれかに設定する必要があります。また、同じクライアントからの異なる転送が同じサーバーに送信されるように、永続性を設定することもできます。

コマンドラインインターフェイスを使用して LLB メソッドまたはパーシステンスを設定するには

コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。

set lb vserver <name> -lbMethod <lbMethod> -persistenceType <persistenceType>

show lb vserver <name>

:

set lb vserver LLB-vip -lbmethod ROUNDROBIN -persistencetype SOURCEIP

show lb vserver LLB-vip
        LLB-vip (0.0.0.0:0) - ANY    Type: ADDRESS
        State: DOWN
        Last state change was at Fri Sep  3 04:46:48 2010
        Time since last state change: 0 days, 00:52:21.200
        Effective State: DOWN
        Client Idle Timeout: 120 sec
        Down state flush: ENABLED
        Disable Primary Vserver On Down : DISABLED
        No. of Bound Services :  0 (Total)       0 (Active)
        Configured Method: ROUNDROBIN
        Mode: IP
        Persistence: SOURCEIP
     Persistence Mask: 255.255.255.255       Persistence v6MaskLength: 128   Persistence Timeout: 2 min
        Connection Failover: DISABLED

構成ユーティリティを使用してリンクロードバランシング方式またはパーシステンス(あるいはその両方)を構成するには

  1. 「トラフィック管理」>「負荷分散」>「仮想サーバー」に移動し、負荷分散方式または持続性設定を構成する仮想サーバーを選択します。
  2. [詳細設定] セクションで、[方法] を選択し、負荷分散方法を構成します。
  3. [詳細設定] セクションで、[持続性] を選択し、持続性パラメータを設定します。

LLB ルートの設定

IPv4 または IPv6 サービス、仮想サーバ、LLB メソッド、および永続性を設定した後、LLB 仮想サーバをGateway として指定する、ネットワークの IPv4 または IPv6 LLB ルートを設定します。ルートは、ロードバランシングされたリンクの集合です。要求は、すべての発信トラフィックのGateway として機能する LLB 仮想サーバの IP アドレスに送信され、設定された LLB 方式に基づいてルータが選択されます。

コマンドラインインターフェイスを使用して IPv4 LLB ルートを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lb route <network> <netmask> <gatewayName>

show lb route [<network> <netmask>]

:

add lb route 0.0.0.0 0.0.0.0 LLB-vip
show lb route 0.0.0.0 0.0.0.0
       Network          Netmask        Gateway/VIP             Flags
     -----------      -------------   --------------          --------
1)     0.0.0.0          0.0.0.0        LLB-vip               UP

コマンドラインインターフェイスを使用して IPv6 LLB ルートを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lb route6 <network> <gatewayName>

show lb route6

例:

add lb route6 ::/0 llb6_vs show lb route6 Network VIP Flags ----------- --------- -------- 1) ::/0 llb6_vs UP

設定ユーティリティを使用して LLB ルートを設定するには

[システム] > [ネットワーク] > [ルート] に移動し、[LLB] を選択し、LLB ルートを設定します。

注: IPV6 ルートを設定するには、LLBV6 を選択します。

設定ユーティリティを使用して LLB ルートを設定するには

  1. [システム] > [ネットワーク] > [ルート] に移動します。

  2. 詳細ペインで、次のいずれかを選択します。

    • IPv4 ルートを設定するには、[LLB] をクリックします。
    • IPv4 ルートを設定するには、[LLBV6] をクリックします。
  3. [LB ルートの作成] または [LB IPV6 ルートの作成] ダイアログボックスで、次のパラメータを設定します。

    • ネットワーク*
    • ネットマスク*:IPV4 ルートに必要です。
    • ゲートウェイ名*:gatewayName

      *必須パラメータ

  4. [ 作成] をクリックし、[ 閉じる] をクリックします。作成したルートが [Routes] ペインの [LLB] タブまたは [LLB6] タブに表示されます。

次の図は、基本的な LLB 設定を示しています。サービスが 2 つのリンク (ISP) ごとに構成され、PING モニターはデフォルトでこれらのサービスにバインドされます。リンクは、設定された LLB 方式に基づいて選択されます。

図1:基本的な LLB セットアップ

ローカライズされた画像

インターネットサービスプロバイダが IPv6 アドレスを提供している場合は、上の図の IPv4 サービスを IPv6 サービスと置き換えます。

トランスペアレントモニタの作成とバインド

トランスペアレントモニタを作成して、ルータなどのアップストリームデバイスの状態を監視します。その後、透過モニターをサービスにバインドできます。デフォルトのPINGモニターは、Citrix ADCアプライアンスとアップストリームデバイス間の接続のみを監視します。トランスペアレントモニタは、アプライアンスからモニタで指定された宛先 IP アドレスを所有するデバイスへのパスに存在するすべてのデバイスを監視します。トランスペアレントモニタが設定されておらず、ルータのステータスが UP であるにもかかわらず、そのルータからのネクストホップデバイスのいずれかがダウンしている場合、アプライアンスはロードバランシングの実行中にルータを含み、パケットをルータに転送します。ただし、ネクストホップデバイスのいずれかがダウンしているため、パケットは最終的な宛先に配信されません。トランスペアレントモニタをバインドすることにより、デバイス(ルータを含む)のいずれかがダウンしている場合、サービスはDOWNとしてマークされ、アプライアンスがリンクロードバランシングを実行するときにルータは含まれません。

コマンドラインインターフェイスを使用してトランスペアレントモニタを作成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lb monitor <monitorName> <type> -destIP <ip_addr|*> -transparent YES

show lb monitor [<monitorName>]

:

add lb monitor monitor-1 PING -destIP 10.10.10.11 -transparent YES
> show lb monitor monitor-1
1)   Name.......: monitor-1  Type......:      PING   State....:   ENABLED
Standard parameters:
  Interval.........:            5 sec   Retries...........:                3
  Response timeout.:            2 sec   Down time.........:           30 sec
  Reverse..........:               NO   Transparent.......:              YES
  Secure...........:               NO   LRTM..............:          ENABLED
  Action...........:   Not applicable   Deviation.........:            0 sec
  Destination IP...:      10.10.10.11
  Destination port.:    Bound service
  Iptunnel.........:               NO
  TOS..............:               NO   TOS ID............:                0
  SNMP Alert Retries:               0     Success Retries..:                1
  Failure Retries..:                0

構成ユーティリティを使用してトランスペアレントモニタを作成するには

[トラフィック管理] > [負荷分散] > [モニター] に移動し、トランスペアレントモニターを設定します。

構成ユーティリティを使用してトランスペアレントモニタを作成するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [モニター] に移動します。

  2. [モニター] ウィンドウで、[追加] をクリックします。

  3. [モニタの作成] ダイアログボックスで、次のパラメータを設定します。

    • 名前*
    • タイプ*
    • Destination IP
    • 透明

      *必須パラメータ

  4. [ 作成] をクリックし、[ 閉じる] をクリックします。

  5. [モニター] ペインで、構成したモニタを選択し、[詳細] ペインに表示される設定が正しいことを確認します。

構成ユーティリティを使用してモニタをサービスにバインドするには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ ロードバランシング ] > [ サービス] に移動します。
  2. [モニター] タブの [使用可能] で、サービスにバインドするモニターを選択し、[追加] をクリックします。

コマンドラインインターフェイスを使用してモニタをサービスにバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

bind lb monitor <monitorName> <serviceName>

show service <name>

:

bind lb monitor monitor-HTTP-1 ISP1R_svc_any
 Done
> show service ISP1R_svc_any
        ISP1R_svc_any (10.10.10.254:*) - ANY
        State: UP
        Last state change was at Thu Sep  2 10:51:07 2010
        Time since last state change: 0 days, 18:41:55.130
        Server Name: 10.10.10.254
        Server ID : 0   Monitor Threshold : 0
        Max Conn: 0     Max Req: 0      Max Bandwidth: 0 kbits
        Use Source IP: NO
        Client Keepalive(CKA): NO
        Access Down Service: NO
        TCP Buffering(TCPB): YES
        HTTP Compression(CMP): NO
        Idle timeout: Client: 120 sec   Server: 120 sec
        Client IP: DISABLED
        Cacheable: NO
        SC: OFF
        SP: OFF
        Down state flush: ENABLED

1)      Monitor Name: monitor-HTTP-1
                State: UP  Weight: 1
                Probes: 1256       Failed [Total: 0 Current: 0]
                Last response: Success - ICMP echo reply received.
                Response Time: 1.322 millisec
 Done

構成ユーティリティを使用してモニタをサービスにバインドするには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ ロードバランシング ] > [ サービス] に移動します。
  2. 詳細ウィンドウで、モニタをバインドするサービスを選択し、[開く] をクリックします。
  3. [サービスの構成] ダイアログボックスの [モニター] タブの [使用可能] で、サービスにバインドするモニターを選択し、[追加] をクリックします。
  4. [ OK] をクリックします。
  5. [サービス] ペインで、構成したサービスを選択し、[詳細] ペインに表示される設定が正しいことを確認します。

基本的な LLB セットアップの設定