Citrix ADC

耐障害性 LLB 展開シナリオ

次の図には、30.30.30.0 と 30.30.31.0 という 2 つのネットワークがあります。リンクロードバランシングは、宛先 IP アドレスに基づいて設定されます。2 つのルートは、それぞれゲートウェイ Router1-vip および Router2-vip を使用して設定されます。Router1-vip は、 Router2-vip へのバックアップとして設定され、その逆も同様です。宛先 IP が 30.30.30.30 として指定されたすべてのトラフィックは、 Router1-vip を介して送信され、宛先 IP が 30.30.31.31 として指定されたトラフィックは、 Router2-vip を介して送信されます。

図1:耐障害性 LLB 展開セットアップ

ローカライズされた画像

注: インターネットサービスプロバイダが IPv6 アドレスを提供している場合は、上の図の IPv4 サービスを IPv6 サービスに置き換えます。

ただし、いずれかのゲートウェイ(Router1-vip または Router2-vip )が DOWN の場合、トラフィックはバックアップルータを経由してルーティングされます。次の図では、ISP1 の Router1-vip がDOWNであるため、宛先 IP が 30.30.30.30 として指定されたすべてのトラフィックも ISP2 経由で送信されます。

図2:耐障害性 LLB 展開シナリオ

ローカライズされた画像

注: インターネットサービスプロバイダが IPv6 アドレスを提供している場合は、上の図の IPv4 サービスを IPv6 サービスに置き換えます。

耐障害性 LLB 展開シナリオ