Citrix ADC

FIX ロードバランシングを構成する

金融情報eXchange(FIX)プロトコルは、取引先間の証券取引に関連する情報の電子交換のために金融業界で使用されるオープンメッセージ標準です。FIX/SSL_FIXプロトコルは、買い側と売り側の企業、取引プラットフォーム、および貿易情報を伝達するための規制当局によって広く使用されています。

この機能を使用すると、着信 FIX メッセージを配布し、FIX メッセージングでセキュリティを提供するために、FIX または SSL_FIX ロードバランシング仮想サーバーを構成できます。Citrix ADC は、FIX 4.1、FIX 4.2、FIX 4.3、および FIX 4.4 のバージョンの FIX メッセージベースの負荷分散 (MBLB) をサポートしています。

Citrix ADC アプライアンスの FIX MBLB には、次のような利点があります。

  1. 高可用性と健全性の監視により、FIXまたはSSL_FIXサーバーの効率的な管理。
  2. すべての FIX サーバーまたは SSL_FIX サーバーに SYN 保護を適用します。
  3. FIXセッションの永続性。

FIX ロードバランシングのしくみ

FIX MBLB セットアップには、FIX ロードバランシング仮想サーバーと複数のロードバランシングされた FIX サーバーが含まれます。FIX 仮想サーバーは、着信クライアントトラフィックを受信し、着信トラフィックを FIX メッセージに解析し、各 FIX メッセージに対して FIX サーバーを選択し、選択した FIX サーバーにメッセージを転送します。次の概念図は、一般的な FIX ロードバランシングの設定を示しています。

ローカライズされた画像

基本的な FIX MBLB セットアップでは、FIX 仮想サーバーは、ラウンドロビン負荷分散方式を使用して、クライアントからの FIX メッセージを負荷分散された FIX サーバーに配信します。タイプ FIXSESSION の永続性が有効になっていると、FIX 仮想サーバーは、同じ FIX セッションに属する異なる FIX メッセージに対して同じサーバーを選択します。FIXセッションは、FIXフィールド送信者コンパクト ID(タグ 49)とターゲットコンパクト ID(タグ 56)の値に基づいて決定されます。

FIX トラフィックの負荷分散を構成および監視する

FIX メッセージトラフィックのロードバランシングを行うために必要な設定は次のとおりです。

  1. FIX負荷分散仮想サーバーの構成
  2. SSL_FIX ロードバランシング仮想サーバーの構成
  3. FIX 負荷分散サービスの構成
  4. SSL_FIXロード・バランシング・サービスの構成
  5. FIXSESSION 永続性の設定
  6. 持続性タイムアウトの設定
  7. FIX/SSL_FIX統計情報の表示
  8. FIX/SSL_FIX永続セッションの監視

コマンドラインインターフェイスを使用して FIX 負荷分散サーバーを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lb vserver <name> FIX <IP> <PORT>

add lb vserver vs1 FIX 10.102.82.86 3868

コマンドラインインターフェイスを使用して SSL_FIX ロードバランシング仮想サーバーを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lb vserver <name> SSL_FIX <IP> <PORT>

add lb vserver vs1 SSL_FIX 10.102.82.86 3868

コマンドラインインターフェイスを使用して FIX サービスを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add service <name> <ip-addr> FIX <port>

add service_svc1 10.102.82.86 FIX 3868

コマンドラインインターフェイスを使用して SSL_FIX サービスを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add service <name> <ip-addr> SSL_FIX <port>

add service svc1 10.102.82.86 SSL_FIX 3868

コマンドラインインターフェイスを使用して FIXSESSION 永続性を構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set lb vserver <name> -persistenceType FIXSESSION

set lb vserver vs1 -persistenceType FIXSESSION

コマンドラインインターフェイスを使用して永続性タイムアウトを設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set lb vserver <name> -timeout <value>

set lb vserver vs1 –timeout 2

コマンドラインインターフェイスを使用して FIX 統計を表示するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

stat lb vserver <name>

stat lb vserver_svc1

コマンドラインインターフェイスを使用して FIX サービスを FIX 仮想サーバーにバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

bind lb vserver <name> <service name>

bind lb vserver vs1 svc1

コマンドラインインターフェイスを使用して FIX 永続セッションを表示するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

show lb persistentSessions <name>

show lb persistentSessions vs1

注:SSL_FIX サービスタイプを使用して、SSL を介した FIX トラフィックの負荷分散を構成できるようになりました。このサービスは、FIXメッセージのセキュリティで保護された通信を提供します。

GUI を使用して FIX 負荷分散仮想サーバーを構成するには

  1. [構成] > [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] ページに移動し、[追加] をクリックして FIX 負荷分散仮想サーバーを作成します。
  2. 負荷分散仮想サーバー 」ページで、サーバー・パラメータを設定します。
    1. 仮想サーバー名
    2. 「FIX」としてのプロトコルの種類
    3. サーバーの IP アドレスの種類
    4. サーバの IP アドレス
    5. サーバのポート番号
  3. [OK] をクリックし、[続行] をクリックして、追加のパラメータを設定します。
  4. [サービス] セクションで、新しい FIX 負荷分散仮想サービスを選択または追加し、FIX サーバーにバインドします。
  5. 持続性 」セクションで、次のパラメータを設定します。
    1. パーシステンスタイプ ‘FIXSESSION’
    2. タイムアウト間隔
  6. [OK] をクリックし、[完了] をクリックします。

GUI を使用して FIX 負荷分散仮想サーバーを編集するには

[構成] > [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] ページに移動し、FIX サーバーを選択して [編集] をクリックします。

GUI を使用して FIX 負荷分散仮想サーバーを削除するには

[構成] > [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] ページに移動し、FIX サーバーを選択して [削除] をクリックします。

GUI を使用して FIX 負荷分散仮想サービスを構成するには

  1. [構成] > [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス] ページに移動し、[追加] をクリックして FIX 負荷分散仮想サービスを作成します。
  2. [サービス] ページで、次のパラメータを設定します。「詳細」の矢印をクリックすると、トラフィックドメイン、ハッシュ ID、サーバー ID、キャッシュタイプ、アクティブな接続数などの追加パラメータを設定できます。
    1. サービス名 — FIX 仮想サービス名
    2. 仮想サーバーの種類を(新規または既存)として選択
    3. プロトコル:プロトコルタイプ「FIX」
    4. サーバ:仮想サーバのIPアドレス
    5. ポート:サーバのポート番号
  3. [OK] をクリックし、[続行**] をクリックして、[モニター]、[しきい値とタイムアウト]、[プロファイル]、[ポリシー] などのその他のパラメータを設定します。
  4. [OK] をクリックし、[完了] をクリックします。

GUI を使用して FIX 負荷分散仮想サービスを編集するには

[構成] > [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス] ページに移動し、 FIX サービスを 選択し、[編集] をクリックします。

GUI を使用して FIX 負荷分散仮想サービスを削除するには

[構成] > [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス] ページに移動し、FIX サービスを選択し、[削除] をクリックします。

FIX 負荷分散サーバーの統計情報を表示するには

[構成] > [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] ページに移動し、[統計] をクリックして FIX サーバーの統計情報を表示します。

GUI を使用して FIX サーバーの永続セッションを表示するには

[設定] > [トラフィック管理] ページに移動し、[セッションの監視] で [仮想サーバの永続セッション**] をクリックします。

GUI を使用して FIX サーバーの永続的なセッションをクリアするには

  1. [設定] > [トラフィック管理] ページに移動し、[セッションの監視] で [永続セッションのクリア] をクリックします。
  2. [永続セッションのクリア] ページで、次のパラメータを設定します。
    1. 仮想サーバー — FIX仮想サーバーの選択
    2. 永続性パラメータ — FIX永続性パラメータの選択
  3. [OK] をクリックします。