Citrix ADC

複数のクライアント要求に対してクライアント接続を維持する

クライアントキープアライブパラメーターを設定して、複数のクライアント要求にわたって Web サイトへのクライアント接続を開いたままにするように HTTP または SSL サービスを構成できます。クライアントのキープアライブが有効になっている場合、負荷分散されたWebサーバーが接続を閉じた場合でも、Citrix ADCアプライアンスはクライアントとそれ自体の間の接続を開いたままにします。この設定では、サービスは 1 つのクライアント接続で複数のクライアント要求を処理できます。

この設定を有効にしない場合、クライアントは Web サイトに送信されるすべての要求に対して新しい接続を開きます。クライアントのキープアライブ設定により、接続の確立と終了に必要なパケットの往復時間が節約されます。この設定により、各トランザクションが完了するまでの時間も短縮されます。クライアントのキープアライブは、HTTP または SSL サービスタイプでのみ有効にできます。

サービスレベルで設定されたクライアントキープアライブは、グローバルクライアントキープアライブ設定よりも優先されます。クライアントのキープアライブの詳細については、クライアントのKeep-Aliveを参照してください。

CLI を使用してサービスでクライアントのキープアライブを有効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set service <name> -CKA <Value>

例:

set service Service-HTTP-1 -CKA YES

GUI を使用してサービスでクライアントのキープアライブを有効にするには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス]に移動し、サービスを開きます。
  2. [詳細設定] で、[トラフィックの設定] を選択し、[クライアントのKeep-Alive] を選択します。

複数のクライアント要求に対してクライアント接続を維持する