Citrix ADC

圧縮を有効化

Citrix ADCアプライアンスには、組み込みの圧縮ポリシーのセットを使用して、HTMLファイルとテキストファイルを透過的に圧縮するための圧縮オプションがあります。圧縮により、帯域幅の要件が軽減され、帯域幅に制約があるセットアップでのサーバの応答性が大幅に向上します。圧縮ポリシーは、仮想サーバにバインドされたサービスに関連付けられます。ポリシーは、応答を圧縮できるかどうかを決定し、圧縮可能なコンテンツをアプライアンスに送信します。アプライアンスは圧縮してクライアントに送信します。

注:圧縮を正しく機能させるには、グローバルに有効にする必要があります。圧縮をグローバルに設定する方法の詳細については、圧縮を参照してください。

CLI を使用してサービスで圧縮を有効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set service <name> -CMP <YES | NO>

例:

set service Service-HTTP-1 -CMP YES

GUI を使用してサービスで圧縮を有効にするには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス]に移動し、サービスを開きます。
  2. 「詳細設定」で「トラフィック設定」を選択し、「圧縮」を選択します。

圧縮を有効化