Citrix ADC

UDP 仮想サーバーの外部 TCP ヘルスチェックを有効にする

パブリッククラウドでは、ネイティブロードバランサーを第1層として使用する場合、Citrix ADCアプライアンスを第2層ロードバランサーとして使用できます。ネイティブロードバランサーは、アプリケーションロードバランサー (ALB) またはネットワークロードバランサー (NLB) です。パブリッククラウドのほとんどは、ネイティブのロードバランサで UDP 正常性プローブをサポートしていません。UDP アプリケーションの状態を監視するために、パブリッククラウドでは、サービスに TCP ベースのエンドポイントを追加することをお勧めします。エンドポイントは UDP アプリケーションの正常性を反映します。

Citrix ADCアプライアンスは、UDP仮想サーバーの外部TCPベースのヘルスチェックをサポートしています。この機能により、仮想サーバの VIP および設定されたポートに TCP リスナーが導入されます。TCP リスナーは、仮想サーバーのステータスを反映します。

CLI を使用して UDP 仮想サーバーの外部 TCP ヘルスチェックを有効にするには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、TcpProbeport オプションを指定して外部 TCP ヘルスチェックを有効にします。

add lb vserver <name> <serviceType> <IPAddress> <port> -tcpProbePort <tcpProbePort>

例:

add lb vserver Vserver-UDP-1 UDP 10.102.29.60 80 tcpProbePort 5000

GUI を使用して UDP 仮想サーバーの外部 TCP ヘルスチェックを有効にするには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを作成します。
  2. [Add] をクリックして、仮想サーバーを作成します。
  3. [基本設定] ペインで、[TCP プローブポート] フィールドにポート番号 を追加します。
  4. [OK] をクリックします。

UDP 仮想サーバーの外部 TCP ヘルスチェックを有効にする