Citrix ADC

リクエストヘッダーにクライアントの IP アドレスを挿入します

Citrix ADCは、サブネットIP(SNIP)アドレスを使用してサーバーに接続します。サーバーはクライアントを認識する必要はありません。

ただし、状況によっては、サーバーがサービスを提供する必要があるクライアントを認識する必要があります。クライアントのIP設定を有効にすると、アプライアンスはクライアントのIPv4またはIPv6アドレスを挿入し、要求をサーバーに転送します。サーバは、このクライアント IP を応答のヘッダーに挿入します。したがって、サーバーはクライアントを認識します。

: 複数のヘッダーを挿入するには、次のいずれかを実行する必要があります。

  • CLIENT.IS_SSL をチェックし、適切なヘッダーを挿入する書き換えポリシーを追加します。
  • タイプに基づいて、各仮想サーバに適切な書き換えポリシーをバインドします。

CLI を使用してクライアント要求にクライアント IP アドレスを挿入するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set service <name> -CIP <Value> <cipHeader>

例:

set service Service-HTTP-1 -CIP enabled X-Forwarded-For

GUI を使用してクライアント要求にクライアント IP アドレスを挿入するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス] に移動し、サービスを編集します。
  2. [サービス設定] ペインで、[編集] アイコンをクリックします
  3. [負荷分散サービス] ペインで、[クライアント IP アドレスの挿入] チェックボックスをオンにします。

リクエストヘッダーにクライアントの IP アドレスを挿入します