Citrix ADC

サービスの監視なしオプション

外部システムを使用してサービスのヘルスチェックを実行し、Citrix ADCアプライアンスがサービスの正常性を監視しない場合は、サービスに対して監視なしオプションを設定できます。その場合、アプライアンスはサービスの健全性をチェックするためのプローブを送信しませんが、サービスが UP と表示されます。サービスが DOWN になった場合でも、アプライアンスは、ロードバランシング方式で指定されたとおりにクライアントからサービスにトラフィックを送信し続けます。

モニターなしオプションを設定すると、モニターは ENABLED または DISABLED 状態になることがあり、モニターなしオプションを削除すると、モニターの以前の状態が再開されます。

サービスの作成時に、サービスの監視なしオプションを設定できます。また、既存のサービスに no-monitor オプションを設定することもできます。

no-monitor オプションを設定すると、次のような結果になります。

  • no-monitor オプションを有効にしたサービスがダウンしても、アプライアンスはサービスを UP として表示し続け、トラフィックをサービスに転送し続けます。サービスへの永続的な接続は、状況を悪化させる可能性があります。その場合、または UP と表示されている多くのサービスが実際にDOWNの場合、システムに障害が発生する可能性があります。このような状況を回避するには、サービスを監視する外部メカニズムが、サービスがDOWNの場合報告するときに、Citrix ADC構成からサービスを削除します。
  • サービスで no-monitor オプションを構成する場合は、ダイレクトサーバーリターン (DSR) モードでロードバランシングを構成できません。既存のサービスに対して、no-monitor オプションを設定した場合、サービスの DSR モードを構成できません。

CLI を使用して新しいサービスの no-monitor オプションを設定するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、ヘルスモニターオプションを使用してサービスを作成し、構成を確認します。

add service <serviceName> <IP | serverName> <serviceType> <port> -healthMonitor (YES|NO)

例:

add service nomonsrvc 10.102.21.21 http 80 -healthMonitor no
Done

show service nomonsrvc
nomonsrvc (10.102.21.21:80) - HTTP
State: UP
Last state change was at Mon Nov 15 22:41:29 2010
Time since last state change: 0 days, 00:00:00.970
Server Name: 10.102.21.21
 Server ID : 0 Monitor Threshold : 0
...
Access Down Service: NO
...
Down state flush: ENABLED
Health monitoring: OFF

1 bound monitor:
1) Monitor Name: tcp-default
State: UNKNOWN Weight: 1
Probes: 3 Failed [Total: 3 Current: 3]
Last response: Probe skipped - Health monitoring is turned off.
Response Time: N/A
Done

CLI を使用して既存のサービスに no-monitor オプションを設定するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、ヘルスモニターオプションを設定します。

set service <name> -healthMonitor (YES|NO)

例:

By default, the state of a service and the state of the corresponding monitor are UP.
 >show service LB-SVC1
LB-SVC1 (10.102.29.5:80) - HTTP
State: UP


1) Monitor Name: http-ecv
 State: UP Weight: 1
Probes: 99992 Failed [Total: 0 Current: 0]
Last response: Success - Pattern found in response.
Response Time: 3.76 millisec
Done

When the no-monitor option is set on a service, the state of the monitor changes to UNKNOWN.
set service LB-SVC1 -healthMonitor NO
Done

show service LB-SVC1
LB-SVC1 (10.102.29.5:80) - HTTP
State: UP
Last state change was at Fri Dec 10 10:17:37 2010.
Time since last state change: 5 days, 18:55:48.710
Health monitoring: OFF

1) Monitor Name: http-ecv
   State: UNKNOWN Weight: 1
         Probes: 100028 Failed [Total: 0 Current: 0]
   Last response: Probe skipped - Health monitoring is turned off.
     Response Time: 0.0 millisec
  Done
When the no-monitor option is removed, the earlier state of the monitor is resumed.
> set service LB-SVC1 -healthMonitor YES
Done
>show service LB-SVC1
LB-SVC1 (10.102.29.5:80) - HTTP
State: UP
Last state change was at Fri Dec 10 10:17:37 2010
Time since last state change: 5 days, 18:57:47.880
1) Monitor Name: http-ecv
   State: UP Weight: 1
   Probes: 100029 Failed [Total: 0 Current: 0]
   Last response: Success - Pattern found in response.
   Response Time: 5.690 millisec
   Done

GUI を使用してサービスの監視なしオプションを設定するには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ ロードバランシング ] > [ サービス] に移動します。
  2. サービスを開き、[ヘルスモニタリング] をクリアします。

サービスの監視なしオプション