Citrix ADC

ダウン時にサービスへのアクセスを有効にする

サービスが無効またはDOWN状態のときにサービスへのアクセスを有効にするには、レイヤー2モードを使用してサービスに送信されたパケットをブリッジするようにCitrix ADCアプライアンスを構成します。通常、DOWN のサービスに要求が転送されると、要求パケットはドロップされます。ただし、[Access Down] 設定を有効にすると、これらの要求パケットは負荷分散されたサーバーに直接送信されます。

レイヤ 2 およびレイヤ 3 モードの詳細については、IP アドレッシングを参照してください。

アプライアンスが DOWN サービスに送信されたパケットをブリッジするには、accessDown パラメータを使用してレイヤ 2 モードを有効にします。

CLI を使用してサービスのアクセスを有効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set service <name> -accessDown <Value>

例:

set service Service-HTTP-1 -accessDown YES

GUI を使用してサービスのアクセスを有効にするには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス]に移動し、サービスを開きます。
  2. 「詳細設定」で「トラフィック設定」を選択し、「アクセスダウン」を選択します。

ダウン時にサービスへのアクセスを有効にする