Citrix ADC

サービスにバインドされたモニターのしきい値を設定する

Citrix ADCアプライアンスは、そのサービスにバインドされ、UPしているすべてのモニターの重みの合計が、サービスに設定されているしきい値以上である場合にのみ、サービスをUPとして指定します。モニタの重みは、モニタが UP としてバインドされるサービスの指定にどの程度貢献しているかを指定します。

デフォルトでは、モニタのしきい値は 0 に設定され、モニタの重みは 1 に設定されます。すべてのモニターは、その後、等しい重量を持っており、モニターのいずれかがDOWNになると、サービスはDOWNに行くことができます。

たとえば、モニター-HTTP-1、モニター-HTTP-2、モニター-HTTP-3 という 3 つのモニターがそれぞれ Service-HTTP-1 にバインドされ、サービスで構成されているしきい値が 3 であるとします。各モニタに次の重みが割り当てられているとします。

  • モニター-HTTP-1の重みは1です。
  • モニター HTTP-2 の重みは 3 です。
  • モニタ-HTTP-3の重みは1です。

サービスは、次のいずれかに該当する場合にのみUPとマークされます。

  • モニター-HTTP-2はUPしています。
  • モニター-HTTP-2およびモニター-HTTP-1またはモニター-HTTP-3がUPである
  • 3 台のモニタはすべてUPです。

CLI を使用してサービスの監視しきい値を設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set service <name> -monThreshold <Value>

例:

set service Service-HTTP-1 -monThreshold 100

GUI を使用してサービスのモニタのしきい値を設定するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス]に移動し、サービスを開きます。
  2. [詳細設定] で、[しきい値とタイムアウト] を選択し、[モニタのしきい値] を選択します。

サービスにバインドされたモニターのしきい値を設定する