Citrix ADC

保護されたサーバ上のアプリケーションをトラフィックの急増から保護する

Citrix ADCアプライアンスは、サーバーまたはキャッシュの容量を維持するためのサージ保護オプションを提供します。アプライアンスは、サーバーへのクライアント要求のフローを制御し、サーバーに同時にアクセスできるクライアントの数を制御します。アプライアンスは、サーバへのサージを遮断し、サーバの過負荷を防ぎます。

サージ保護を正しく機能させるには、サージ保護をグローバルに有効にする必要があります。サージ保護の詳細については、「サージ保護」を参照してください。

CLI を使用してサービスにサージ保護を設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set service <name> -sp <Value>

例:

set service Service-HTTP-1 -sp ON

GUI を使用してサービスのサージ保護を設定するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス] に移動し、ソースを開きます。
  2. [詳細設定] で、[トラフィック設定] を選択し、[サージ保護] を選択します。

保護されたサーバ上のアプリケーションをトラフィックの急増から保護する