Citrix ADC

応答の TCP バッファリングを有効にします

Citrix ADCアプライアンスは、負荷分散されたサーバーからの応答のみをバッファリングするTCPバッファリングオプションを提供します。これにより、アプライアンスは、クライアントが受け入れることができる最大速度でクライアントへのサーバー応答を配信できます。アプライアンスは、TCPバッファリング用に0~4095メガバイト(MB)のメモリを割り当てます。接続ごとに4~20480キロバイト(KB)のメモリを割り当てます。

注:サービスレベルで設定された TCP バッファリングは、グローバル設定よりも優先されます。 TCP バッファリングのグローバル設定の詳細については、「TCPバッファリング」を参照してください。

CLI を使用してサービスで TCP バッファリングを有効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set service <name> -TCPB <Value>

例:

set service Service-HTTP-1 -TCPB YES

GUI を使用してサービスで TCP バッファリングを有効にするには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス]に移動し、サービスを開きます。
  2. [詳細設定] で、[トラフィック設定] を選択し、[TCP バッファリング] を選択します。

応答の TCP バッファリングを有効にします