Citrix ADC

セキュリティで保護されたモニターでの SSL パラメーターの設定

重要

この機能は、新しいデフォルトプロファイルでのみサポートされます。これらのプロファイルの詳細については、拡張 SSL プロファイルインフラストラクチャの概要を参照してください。

モニタは、グローバル設定またはバインドされているサービスの設定のいずれかを継承します。モニターが SSL_BRIDGE などの非 SSL_TCP サービスまたは非 SSL_TCP サービスにバインドされている場合、プロトコルのバージョンや使用する暗号などの SSL 設定では構成できません。したがって、展開でバックエンドサーバーの SSL ベースの監視が必要な場合、監視は効果がありません。

SSL プロファイルをモニターにバインドすることで、バックエンドサーバーの SSL ベースの監視をより詳細に制御できます。SSL プロファイルには、SSL パラメータ、暗号バインディング、および ECC バインディングが含まれます。たとえば、SSL プロファイルでサーバー認証、暗号、およびプロトコルのバージョンを設定し、そのプロファイルをモニターにバインドできます。サーバー認証を実行するには、CA 証明書をモニタにバインドする必要もあります。クライアント認証を実行するには、クライアント証明書をモニタにバインドする必要があります。「bind lb monitor」コマンドの新しいパラメータを使用すると、新しいパラメータを使用できます。

SSL 設定は、セキュリティで保護されたモニターを追加した場合にのみ有効になります。また、SSL プロファイルタイプは BackEndである必要があります。

SSL プロファイルをサポートするモニタタイプ

SSL プロファイルは、次のモニタタイプにバインドできます。

  • HTTP
  • HTTP-ECV
  • TCP
  • TCP-ECV
  • HTTP-INLINE

コマンドラインを使用してモニターを追加するときに SSL プロファイルを指定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lb monitor <monitorName> <type> -secure  YES   -sslprofile <string>

set lb monitor <monitorName> <type> -secure YES -sslprofile <string>

例:

add ssl profile prof1 -sslProfileType  BackEnd

add lb monitor mon1 HTTP -secure  YES -sslprofile prof1

コマンドラインを使用して証明書とキーのペアをモニタにバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

bind monitor  <monitor name> -certkeyName <string>  [(-CA  [-crlCheck ( Mandatory | Optional ) | -ocspCheck ( Mandatory | Optional )]

セキュリティで保護されたモニターでの SSL パラメーターの設定