Citrix ADC

RTSP サーバのロードバランシング

Citrix ADCアプライアンスは、RTSPサーバーの負荷を分散して、ネットワーク経由のオーディオおよびビデオストリームのパフォーマンスを向上させることができます。次の図は、RTSP サーバのグループをロードバランシングするように設定されたロードバランシング設定のトポロジを示しています。

図1:RTSP のロードバランシングトポロジ

RTSP-LB

この例では、Service-RTSP-1、Service-RTSP-2、およびService-RTSP-3 が仮想サーバ Vserver-LB-1 にバインドされています。次の表に、例エンティティの名前と値を示します。

エンティティタイプ 名前 IPアドレス ポート プロトコル
仮想サーバー Vserver-LB-1 10.102.29.100 554 RTSP
サービス Service-RTSP-1 102.29.101 554 RTSP
  Service-RTSP-2 102.29.102 554 RTSP
  Service-RTSP-3 102.29.103 554 RTSP
モニター Monitor-RTSP-1 なし 554 RTSP

次の図は、RTSP 設定で使用されるロードバランシングエンティティを示しています。

図2:ロードバランシング RTSP サーバエンティティモデル

rtsp-entity-model

RTSP サーバの基本的なロードバランシング設定を設定するには、基本的な負荷分散のセットアップを参照してください。RTSP タイプのサービスおよび仮想サーバを作成します。基本的な負荷分散セットアップを構成すると、デフォルトの TCP デフォルトモニターがサービスにバインドされます。RTSP モニタをこれらのサービスにバインドするには、モニタとサービスのバインドを参照してください。次の手順では、RTSP サーバをチェックするモニタの作成方法について説明します。

コマンドラインインターフェイスを使用して RTSP モニターを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add lb monitor <monitorName> <type>

例:

add lb monitor Monitor-RTSP-1 RTSP

設定ユーティリティを使用して RTSP モニタを設定するには

[トラフィック管理] > [ロードバランシング] > [モニター] に移動し、RTSP タイプのモニタを作成します。

RTSP サーバのロードバランシング