Citrix ADC

モニタをサービスにバインドする

モニターを作成したら、そのモニターをサービスにバインドします。1 つのサービスに 1 つまたは複数のモニタをバインドできます。1 つのモニタをサービスにバインドすると、そのモニタによって、サービスに UP または DOWN のどちらがマークされているかが決まります。

複数のモニターを1つのサービスにバインドすると、Citrix ADCアプライアンスはすべてのモニターの状態をチェックし、サービスの状態を決定します。モニタに異なる重みを設定できます。モニタの重みは、そのモニタがサービスを UP または DOWN に指定する割合を指定します。重量の大きいモニタでは、サービスの UP または DOWN のマーキングがより優先されます。デフォルトの重みは 1 です。したがって、モニターの 1 つに障害が発生しても、サービスは DOWN としてマークされます。詳しくは、「サービスにバインドされたモニターのしきい値を設定する」を参照してください。

:モニタプローブの宛先 IP アドレスは、サーバの IP アドレスおよびポートとは異なる場合があります。

コマンドラインインターフェイスを使用してモニタをサービスにバインドするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

bind service <name> (-monitorName <string>)

例:

bind service s1 -monitorName tcp

構成ユーティリティを使用してモニタをサービスにバインドするには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ ロードバランシング ] > [ サービス] に移動します。
  2. サービスを開き、モニターを追加します。

モニタをサービスにバインドする