Citrix ADC

静的近接法

仮想サーバが静的近接方式を使用するように構成されている場合、近接基準に最も一致するサービスが選択されます。

静的近接方式を機能させるには、Citrix ADCアプライアンスを設定して、ロケーションファイルを介して入力された既存の静的近接データベースを使用するか、静的近接データベースにカスタムエントリを追加する必要があります。カスタムエントリを追加した後、ロケーション修飾子を設定できます。データベースを設定したら、静的な近接をロードバランシング方式として指定できます。

詳細については、次のトピックを参照してください。

近接方法を指定する

スタティック近接データベースを設定したら、GLSB 方式としてスタティック近接を指定できます。

コマンドラインインターフェイスを使用して静的な近接を指定するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、静的な近接性を構成し、構成を確認します。

set lb vserver <name> -lbMethod STATICPROXIMITY

show lb vserver <name>

例:

set lb vserver Vserver-LB-1 -lbMethod STATICPROXIMITY

show lb vserver

GUI を使用して静的近接を指定するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを選択します。
  2. [編集] をクリックし、[メソッド] セクションを展開します。
  3. [負荷分散方法] ボックスの一覧で、[**STATICPROXIMITY] **を選択します。

静的近接法