Citrix ADC

トークン方式

トークンメソッドを使用するように構成されたロードバランシング仮想サーバは、クライアント要求から抽出されたデータセグメントの値に基づいてサービスの選択を行います。データセグメントは、トークンと呼ばれます。トークンの場所とサイズを設定します。同じトークンを持つ後続の要求では、仮想サーバーは最初の要求を処理したのと同じサービスを選択します。

この方法はコンテンツ対応であり、TCP、HTTP、および HTTPS 接続では動作が異なります。HTTP サービスまたは HTTPS サービスの場合、トークンは HTTP ヘッダー、URL、または BODY にあります。トークンを検索するには、クラシックエクスプレッションまたはアドバンスエクスプレッションを指定または作成します。クラシックエクスプレッションまたはアドバンスエクスプレッションの詳細については、ポリシーの設定とリファレンスを参照してください。

HTTP サービスの場合、仮想サーバは TCP ペイロードの最初の 24 キロバイト(KB)で設定されたトークンを検索します。非 HTTP(TCP、SSL、および SSL_TCP)サービスの場合、仮想サーバは、16 パケットの合計サイズが 24 KB 未満の場合、最初の 16 パケットで設定されたトークンを検索します。ただし、16 パケットの合計サイズが 24 KB を超える場合、アプライアンスは最初の 24 KB のペイロードでトークンを検索します。異なるタイプの仮想サーバー間でこの負荷分散方法を使用すると、使用されるプロトコルに関係なく、同じトークンを提示する要求が適切なサービスに送信されるようにできます。

たとえば、Web コンテンツを含むサーバーで構成される負荷分散の設定を考えてみます。リクエストのURLクエリ部分内で特定の文字列(トークン)を検索するようにCitrix ADCアプライアンスを構成する場合。Server-1 には、Service-HTTP-1 とService-TCP-1 の 2 つのサービスがあり、Server-2 には、Service-HTTP-2 とService-TCP-2 の 2 つのサービスがあります。TCP サービスは Vserver-LB-2 にバインドされ、HTTP サービスは Vserver-LB-1 にバインドされます。

Vserver-LB-1 がトークン AA で要求を受信すると、サービス Service-HTTP-1(server-1 にバインド)を選択して要求を処理します。Vserver-LB-2 が同じトークン (AA) を持つ別の要求を受信した場合、この要求は Service-TCP-1 サービスに送信されます。次の図は、このプロセスを示しています。

図1:トークンメソッドの仕組み

token-methods

コマンドラインインターフェイスを使用してトークンロードバランシング方式を構成するには

コマンドプロンプトで次のコマンドを入力して、トークンロードバランシング方式を構成し、構成を確認します。

set lb vserver <name> -lbMethod TOKEN -rule <rule> -datalength <length> -dataoffset <offset>

show lb vserver <name>

例:

set lb vserver LB-VServer-1 -lbMethod TOKEN -rule 'AA' -datalength 2 -dataoffset 25

show lb vserver LB-VServer-1

構成ユーティリティを使用してトークンの負荷分散方法を構成するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを開きます。
  2. [詳細設定] で、[方法] をクリックします。
  3. [ロードバランシング方法] リストで、[トークン] を選択し、式を指定します。

トークン方式