Citrix ADC

使用例 6: TOS フィールドを使用して IPv6 ネットワークの DSR モードでロードバランシングを構成する

Citrix ADCアプライアンスとサーバーが異なるネットワークにある場合は、サービスの種類(TOS)フィールドを使用して、IPv6ネットワークのダイレクトサーバー復帰(DSR)モードで負荷分散を構成できます。

注:TOS フィールドは、トラフィッククラスフィールドとも呼ばれます。

DSRモードでは、クライアントがCitrix ADCアプライアンス上のVIP6アドレスに要求を送信すると、アプライアンスはパケットの宛先IPv6アドレスをサーバーのIPv6アドレスに変更することでこの要求をサーバーに転送し、TOS(トラフィッククラスとも呼ばれます)にVIP6アドレスのエンコード値を設定します。フィールドに IPv6 ヘッダーの値を指定します。TOS フィールドの情報を使用して、符号化された値から VIP6 アドレスを取得するようにサーバを設定できます。このアドレスは、応答パケットで送信元 IP アドレスとして使用されます。応答トラフィックは、アプライアンスをバイパスして、クライアントに直接送信されます。

Citrix ADCアプライアンスNS1で構成された負荷分散仮想サーバーLBVS1を使用して、サーバーS1、S2、S3間でトラフィックの負荷分散を行う例を考えてみましょう。Citrix ADCアプライアンスNS1とサーバーS1、S2、S3は異なるネットワークにあるため、ルーターR1はNS1とサーバーの間に展開されます。

dsrmode-ipv6

次の表に、この例で使用される設定を示します。

エンティティ 名前
クライアント C1 の IPv6 アドレス C1_IP (参照目的のみ)
NS1上の仮想サーバのロード・バランシング LBVS1
LBVS1のIPv6アドレス LBVS1_VIP6 (参照目的のみ)
TOSの値 TOS_LBVS1_VIP6 (参照目的のみ)
NS1上のサーバS1のサービス SVC_S1
サーバ S1 の IPv6 アドレス S1_IP (参照目的のみ)
NS1上のサーバS2のサービス SVC_S2
サーバ S1 の IPv6 アドレス S2_IP (参照目的のみ)
NS1 上のサーバー S3 のサービス SVC_S3
サーバ S1 の IPv6 アドレス S3_IP (参照目的のみ)

シナリオ例のトラフィックフローを次に示します。

  1. クライアント C1 は、仮想サーバ LBVS1 に要求を送信します。
  2. LBVS1の負荷分散アルゴリズムはサーバーS1を選択し、アプライアンスはS1への接続を開きます。NS1は、次の情報を使用してS1に要求を送信します。
    • TOS フィールドが TOS_LBVS1_VIP6 に設定されている。
    • 送信元 IP アドレスを C1_IP として指定します。
  3. サーバ S1 は、要求を受信すると、TOS フィールドの情報を使用して LBVS1_VIP6 アドレスを取得します。これは NS1 上の仮想サーバ LBVS1 の IP アドレスです。サーバは、アプライアンスをバイパスしてC1に直接応答を送信します。
    • 送信元 IP アドレスは、派生した LBVS1_VIP6 アドレスに設定され、クライアントがサーバ S1 ではなく NS1 上の仮想サーバ LBVS1 と通信します。

TOS を使用して DSR モードでロードバランシングを設定するには、アプライアンスで次の手順を実行します

  1. USIP モードをグローバルに有効にします。
  2. サーバをサービスとして追加します。
  3. ロードバランシング仮想サーバに TOS 値を設定します。
  4. サービスを仮想サーバにバインドします。

コマンドラインインターフェイスを使用して TOS を使用して DSR モードでロードバランシングを設定するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

enable ns mode USIP

add service <serviceName> <IP> <serviceType> <port>

上記のコマンドを必要な回数繰り返して、Citrix ADCアプライアンスのサービスとして各サーバーを追加します。

add lb vserver <name> <serviceType> <ip> <port> -m <redirectionMode> -tosId <positive_integer>

bind lb vserver <vserverName> <serviceName>

構成ユーティリティを使用して USIP モードを有効にするには

[システム] > [設定] > [モードの構成] に移動し、[送信元 IP アドレスの使用] を選択します。

構成ユーティリティを使用してサービスを作成するには

[トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス] に移動し、サービスを作成します。

構成ユーティリティを使用して負荷分散仮想サーバーを作成し、サービスをバインドするには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを作成します。
  2. サービスをこの仮想サーバーにバインドするには、[サービス]セクションをクリックします。