Citrix ADC

クライアントトラフィックを管理する

クライアント接続を適切に管理することで、Citrix ADCアプライアンスの負荷が高い場合でも、ユーザーがアプリケーションを使用できるようにすることができます。アプライアンスで使用可能なさまざまなロードバランシング機能やその他の機能をロードバランシング設定に統合して、負荷をより効率的に処理し、必要に応じて負荷を迂回し、アプライアンスが実行する必要があるタスクの優先順位付けを行うことができます。

  • セッションレスロードバランシング。DSR または IDS(侵入検知システム)を使用する設定でセッションを作成することなく、セッションレスロードバランシング仮想サーバを設定し、ロードバランシングを実行できます。
  • 統合キャッシュ。HTTP リクエストをキャッシュにリダイレクトできます。
  • プライオリティキューイング。設定をプライオリティキューイング機能と統合することで、プライオリティに基づいて要求を送信できます。
  • SureConnect。Sure Connect 機能でロードバランシングを使用すると、重要な要求をカスタム Web ページにリダイレクトし、ネットワークの輻輳による遅延からそれらを隔離できます。
  • クリーンアップの遅延。仮想サーバー接続の遅延クリーンアップを構成して、Citrix ADCアプライアンスの負荷が高い期間にクリーンアッププロセスでCPUサイクルが使用されないようにすることができます。
  • 書き換え。書き換え機能を使用して、HTTP リダイレクトを実行するときにポートとプロトコルを変更したり、仮想サーバーの IP アドレスとポートをカスタムの Request ヘッダーに挿入したりできます。
  • RTSP NAT。
  • レートベースの監視。レートベースのモニタリングを有効にして、過剰なトラフィックを転送できます。
  • レイヤ 2 パラメータ。L2 パラメーターを使用して接続を識別するように仮想サーバーを構成できます。
  • ICMP 応答。設定に従って、PING 要求に ICMP 応答を送信するようにアプライアンスを設定できます。仮想サーバに対応する IP アドレスで、ICMP 応答を VSVR_CNTRLD に設定し、仮想サーバでICMP VSERVER RESPONSEを設定します。 仮想サーバーでは、次の設定を行うことができます。
    • すべての仮想サーバでICMP VSERVER RESPONSEをPASSIVEに設定すると、アプライアンスは常に応答します。
    • すべての仮想サーバで ICMP VSERVER RESPONSEをACTIVEに設定すると、1 つの仮想サーバが稼働していてもアプライアンスは応答します。
    • 一部ではICMP VSERVER RESPONSEをACTIVE、他ではPASSIVEに設定すると、ACTIVE に設定された 1 つの仮想サーバが稼働していてもアプライアンスは応答します。
クライアントトラフィックを管理する

この記事の概要