Citrix ADC

仮想サーバー接続のクリーンアップを有効にする

特定の条件下では、サービスまたは仮想サーバーが DOWN とマークされたときに、既存の接続をただちに終了するように downStateFlush 設定を構成できます。既存の接続を終了すると、リソースが解放され、場合によっては負荷分散セットアップの回復速度が速くなります。

仮想サーバの状態は、バインドされているサービスの状態によって異なります。各サービスの状態は、プローブに対する負荷分散されたサーバーの応答と、そのサービスにバインドされているモニターによって送信されるヘルスチェックによって異なります。負荷分散されたサーバーが応答しないことがあります。サーバが低速またはビジー状態の場合、モニタリングプローブがタイムアウトすることがあります。設定されたタイムアウト期間内に繰り返しモニタリングプローブに応答しない場合、サービスには DOWN とマークされます。

仮想サーバは、バインドされているすべてのサービスが「ダウン」とマークされている場合にのみ、DOWNとマークされます。仮想サーバーが DOWN になると、その直ちに、または既存の接続の完了を許可した後で、すべての接続が終了します。

トランザクションを完了する必要があるアプリケーションサーバーでは、downStateFlush 設定を有効にしないでください。この設定は、DOWNとマークされたときに接続を安全に終了できる Web サーバー上で有効にできます。

次の表は、仮想サーバー Vserver-LB-1 で構成され、1 つのサービスが Service-TCP-1 にバインドされた構成例に対するこの設定の影響をまとめたものです。この表では、E と D は downStateFlush 設定の状態を示します。E は Enabled、D は Disabled です。

Vserver-LB-1 Service-TCP-1 接続の状態
E E クライアント接続とサーバー接続の両方が終了します。
E D TCPなどの一部のサービスタイプでは、Citrix ADCアプライアンスが接続の再利用をサポートしていない場合、クライアント接続とサーバー接続の両方が終了します。アプライアンスが接続の再利用をサポートするHTTPなどのサービスタイプの場合、クライアントとサーバーの両方の接続は、それらの接続でトランザクションがアクティブである場合にのみ終了します。トランザクションがアクティブでない場合、クライアント接続のみが終了します。
D E TCPなどの一部のサービスタイプでは、Citrix ADCアプライアンスが接続の再利用をサポートしていない場合、クライアント接続とサーバー接続の両方が終了します。アプライアンスが接続の再利用をサポートするHTTPなどのサービスタイプの場合、クライアントとサーバーの両方の接続は、それらの接続でトランザクションがアクティブである場合にのみ終了します。トランザクションがアクティブでない場合、サーバー接続のみが終了します。
D D クライアント接続もサーバー接続も終了しません。

サーバーまたはクライアントによって確立されたすべての接続が閉じられた場合にのみサービスを無効にする場合は、正常なシャットダウンオプションを使用できます。サービスの正常なシャットダウンの詳細については、サービスの正常なシャットダウンを参照してください。

CLI を使用して仮想サーバーでダウン状態のフラッシュ設定を構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

set lb vserver <name> -downStateFlush <Value>

例:

set lb vserver Vserver-LB-1 -downStateFlush enabled

GUI を使用して仮想サーバーでダウン状態のフラッシュ設定を構成するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを開きます。
  2. [詳細設定] で、[トラフィックの設定] をクリックし、[ダウン状態のフラッシュ] を選択します。

仮想サーバー接続のクリーンアップを有効にする