Citrix ADC

ドメインベースのサーバーの IP アドレスを変換する

Citrix ADCアプライアンスおよびそれに接続されているドメインベースのサーバーでのメンテナンスを簡素化するために、IPアドレスマスクと変換IPアドレスを構成できます。これらの関数は連携して着信 DNS パケットを解析し、DNS で解決された IP アドレスを新しい IP アドレスに置き換えます。

ドメインベースのサーバ用に構成すると、メンテナンスのためにサーバを停止した場合や、サーバに影響するその他のインフラストラクチャの変更を行った場合に、アプライアンスは代替サーバの IP アドレスを特定できます。

マスクを設定するときは、標準の IP マスク値(2 の累乗、1 を引いた値)とゼロ(255.255.0.0 など)を使用する必要があります。0 以外の値は、開始オクテットでのみ使用できます。

サーバの変換 IP を設定する場合、サーバ IP アドレスと、その IP アドレスの先頭または末尾のオクテットを共有する代替サーバとの間に 1:1 の対応を作成します。マスクは、元のサーバーの IP アドレスの特定のオクテットをブロックします。DNS で解決された IP アドレスは、変換 IP アドレスと変換マスクを適用することによって、新しい IP アドレスに変換されます。

たとえば、変換 IP アドレスを 10.20.0.0 に設定し、変換マスクを 255.255.0.0 に設定できます。サーバの DNS 解決済み IP アドレスが 40.50.27.3 の場合、このアドレスは 10.20.27.3 に変換されます。この場合、変換 IP アドレスは新しいアドレスの最初の 2 つのオクテットを提供し、マスクは元の IP アドレスから最後の 2 つのオクテットを通過します。DNS によって解決された元の IP アドレスへの参照は失われます。サーバがバインドされているすべてのサービスのモニタでも、変換された IP アドレスがレポートされます。

ドメインベースサーバの変換 IP アドレスを設定する場合は、DNS で解決された IP アドレスの変換先となるマスクと IP アドレスを指定します。

注:IP アドレスの変換は、ドメインベースのサーバーでのみ可能です。この機能は、IP ベースのサーバーには使用できません。アドレスパターンは、IPv4 アドレスのみに基づくことができます。

コマンドラインインターフェイスを使用してサーバーの変換 IP アドレスを構成するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

add server <name>@ <serverDomainName> -translationIp <translationIPAddress> -translationMask <netMask> -state <ENABLED|DISABLED>

例:

add server myMaskedServer www.example.com -translationIp 10.10.10.10 -translationMask
255.255.0.0 -state ENABLED

構成ユーティリティを使用してサーバの変換 IP アドレスを構成するには

[トラフィック管理] > [負荷分散] > [サーバー] に移動し、ドメインベースのサーバーを作成し、変換 IP アドレスを指定します。

ドメインベースのサーバーの IP アドレスを変換する