Citrix ADC

サーバオブジェクトの管理

基本的な負荷分散セットアップ中に、サービスを作成すると、サービスの IP アドレスを持つサーバーオブジェクトが作成されます (存在しない場合)。IP アドレスではなくドメイン名で名前が付けられたサービスオブジェクトを使用する場合は、1 つ以上のサーバーオブジェクトを手動で作成することもできます。任意のサーバーオブジェクトを有効化、無効化、または削除できます。

サーバーオブジェクトを有効または無効にすると、そのサーバーオブジェクトに関連付けられたすべてのサービスを有効または無効にします。サーバーオブジェクトを無効にした後にCitrix ADCアプライアンスを更新すると、そのサービスの状態はOUT OF SERVICEと表示されます。サーバーオブジェクトを無効にするときに待機時間を指定すると、サーバーオブジェクトは確立された接続を指定した時間だけ処理し続け、新しい接続は拒否します。サーバーオブジェクトを削除すると、そのオブジェクトがバインドされているサービスも削除されます。

CLI を使用してサーバーを有効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

enable server <name>

例:

enable server 10.102.29.5

GUI を使用してサーバーオブジェクトを有効または無効にするには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サーバー] に移動します。
  2. サーバーを選択し、[操作] リストで [有効] または [無効] を選択します。

CLI を使用してサーバオブジェクトを無効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

disable server <name> <delay>

例:

disable server 10.102.29.5 30

CLI を使用してサーバオブジェクトを削除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

rm server <name>

例:

rm server 10.102.29.5

GUI を使用してサーバーオブジェクトを削除するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サーバー] に移動します。
  2. サーバを選択し、[削除] をクリックします。