Citrix ADC

サービスの管理

サービスは、作成時にデフォルトで有効になっています。各サービスを個別に無効または有効にできます。サービスを無効にする場合は、通常、サービスが確立された接続を処理し続け、新しい接続を拒否してからシャットダウンするまでの待機時間を指定します。待機時間を指定しない場合、サービスはただちにシャットダウンします。待機時間の間、サービスの状態は OUT OF SERVICE です。

使用されなくなったサービスは、削除できます。サービスを削除すると、そのサービスは仮想サーバーからバインド解除され、Citrix ADC構成から削除されます。

CLI を使用してサービスを有効または無効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

enable service <name>

disable service <name> <DelayInSeconds>

例:

enable service Service-HTTP-1
disable service Service-HTTP-1 30

GUI を使用してサービスを有効または無効にするには

  1. [トラフィック管理] > [ロードバランシング] > [サービス]に移動します。
  2. サービスを開き、[操作] リストで [有効] または [] を選択します。

GUIを使用して、DOWNとマークされたサービス状態の原因を特定する

Citrix ADCバージョン13.0ビルド41.20以降、監視バインディングインターフェイスに移動することなく、ダウンしているサービスのGUIで監視プローブ情報を表示できます。[サービス] ページの [サーバーの状態] 列の値はクリック可能です。DOWNをクリックすると、サービスがDOWNとマークされている根本原因を特定できます。

  1. [トラフィック管理] > [ロードバランシング] > [サービス]に移動します。
  2. DOWN であるサービスに対応する [サーバーの状態] 列で [DOWN] をクリックします。

    「サービス」ページの「サーバーの状態」列

    「サービスと負荷分散モニターのバインド」ページが表示されます。

    [Last Response] 列には、サービスが [DOWN] とマークされている理由が表示されます。

    サービスモニタバインディングページの最後の応答列

サービスの管理