Citrix ADC

負荷分散仮想サーバーの管理

仮想サーバは、作成時にデフォルトで 有効になります。仮想サーバーは手動で無効化および有効化できます。仮想サーバーを無効にすると、仮想サービスの状態は OUT OF SERVICE と表示されます。この場合、仮想サーバーは、downStateFLush パラメーターの設定に応じて、直ちにまたは既存の接続の完了を許可した後で、すべての接続を終了します。downStateFLush が ENABLED (デフォルト) の場合、すべての接続がフラッシュされます。DISABLED の場合、仮想サーバーは既存の接続で要求を処理し続けます。

仮想サーバーが不要になった場合にのみ、仮想サーバーを削除します。削除する前に、すべてのサービスをバインド解除する必要があります。

CLI を使用して仮想サーバーを有効または無効にするには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

enable lb vserver <name>
disable lb vserver <name>

例:

enable lb vserver Vserver-LB-1
disable lb vserver Vserver-LB-1

GUI を使用して仮想サーバーを有効または無効にするには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動します。
  2. 仮想サーバを選択し、[操作]リストで[有効]または[効] を選択します。

CLI を使用して仮想サーバからサービスをバインド解除するには

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

unbind lb vserver <name> <serviceName>

例:

unbind lb vserver Vserver-LB-1 Service-HTTP-1

GUI を使用して仮想サーバーからサービスをバインド解除するには

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動します。
  2. 仮想サーバを開き、[サービス]セクションのをクリックします。
  3. サービスを選択し、[バインド解除] をクリックします。

GUIを使用して、DOWNとマークされた仮想サーバ状態の原因を特定する

Citrix ADC バージョン 13.0 ビルド 41.20 以降では、DOWNしている仮想サーバーの監視プローブ情報を、監視バインディングインターフェイスに移動することなくGUIで表示できます。[仮想サーバー] ページの [% HEALTH] 列 の値は、クリック可能です。[% HEALTH] 列 の値をクリックすると、仮想サーバーが DOWN とマークされている根本原因を特定できます。

  1. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動します。

  2. 停止している仮想サーバーに対応する [% HEALTH] 列 の値をクリックします。

    仮想サーバー・ページの「サーバー状態」列

[サービスおよびサービスグループモニタ] ページが表示されます。この仮想サーバにバインドされたサービスとサービスグループがそれぞれのタブに表示されます。

仮想ロードバランシングにバインドされたサービスを使用している場合は、次の手順を実行します。

[サービス] タブで、ダウンしているサービスに対応する DOWNをクリックします。

[負荷分散モニターのバインドへのサービス] ページの [最後の応答] 列に、仮想サーバーがマークダウンされた理由が表示されます。

ダウン状態のサービス

サービスのサービスモニタバインディングページの最後の応答列

仮想ロードバランシングにバインドされたサービスグループを使用している場合は、次の手順を実行します。

[サービスグループ] **タブで、[サービスとサービスグループモニター] ページのDOWNをクリックし、[サービスグループメンバー] ページでDOWN**をクリックします。

[サービスグループメンバーモニター] ページの [最後の応答] 列には、仮想サーバがマークダウンされた理由が表示されます。

サービスグループのサービスモニタバインディングページの最後の応答列