Citrix ADC

カスタムサーバーIDの永続性

カスタムサーバー ID の永続性メソッドでは、クライアント要求で指定されたサーバー ID を使用して永続性を維持します。このタイプの永続性を機能させるには、まずサービスでサーバー ID を設定する必要があります。Citrix ADCアプライアンスは、クライアント要求のURLをチェックし、指定されたサーバーIDに関連付けられたサーバーに接続します。サービスプロバイダは、ユーザーが特定のサービスの要求で提供されるサーバーIDを認識していることを確認する必要があります。

たとえば、サイトがイメージ、テキスト、マルチメディアなどの異なるタイプのデータを異なるサーバから提供している場合は、各サーバにサーバ ID を割り当てることができます。Citrix ADCアプライアンスでは、対応するサービスに対してこれらのサーバーIDを指定し、対応する負荷分散仮想サーバーでカスタムサーバーIDパーシステンスを構成します。要求を送信するとき、クライアントは、必要なデータ型を示すサーバー ID を URL に挿入します。

カスタム・サーバ ID の永続性を構成するには、次の手順を実行します。

  • 負荷分散の設定で、永続性を維持するためにユーザー定義のサーバー ID を使用する各サービスにサーバー ID を割り当てます。英数字のサーバ ID を使用できます。
  • デフォルトの構文式言語で、サーバ ID の URL クエリを調べて、トラフィックを対応するサーバに転送する規則を指定します。
  • カスタムサーバ ID の永続性を設定します。

: 永続性タイムアウト値は、カスタムサーバー ID のパーシステンスタイプには影響しません。このパーシステンスタイプはクライアント情報を格納しないため、永続クライアントの最大数に制限はありません。

例:

2 つのサービスを使用するロードバランシング設定では、サーバ ID 2345-photo-56789 をService-1に、サーバ ID 2345-drawing-abb123 をService-2 に割り当てます。これらのサービスを Web11 という名前の仮想サーバにバインドします。

set service Service-1 10.102.29.5 -CustomServerID 2345-photo-56789

set service Service-2 10.102.29.6 -CustomServerID 2345-drawing-abb123

仮想サーバー Web11 で、カスタムサーバー ID の永続性を有効にします。

文字列「sid=」を含むすべての URL クエリが検査されるように、次の式を作成します。

HTTP.REQ.URL.AFTER_STR(“sid=”)

例:

set lb vserver Web11 -persistenceType customserverID -rule "HTTP.REQ.URL.AFTER_STR("sid=")"

bind lb vserver Web11 Service-[1-2]

クライアントが次の URL を持つ要求を Web11 の IP アドレスに送信すると、アプライアンスは要求を Service-2 に送信し、永続性を尊重します。

例:

http://www.example.com/index.asp?&sid=2345-drawing-abb123

デフォルト構文ポリシー式の詳細については、ポリシーの設定とリファレンスを参照してください。

構成ユーティリティを使用してカスタムサーバー ID の永続性を構成するには

  1. [ トラフィック管理 ] > [ ロードバランシング ] > [ サービス] に移動します。
  2. サービスを開き、サーバー ID を設定します。
  3. [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、仮想サーバーを開きます。
  4. [詳細設定] で、[持続性] を選択します。
  5. 「カスタム」(CUSTOMESERVERID) を選択し、式を指定します。

カスタムサーバーIDの永続性