Citrix ADC

持続性セッションの表示

グローバルに、または特定の仮想サーバーに対して有効なさまざまな持続性セッションを表示できます。

注:Citrix ADC nCoreアプライアンスは、パケット処理に複数のCPUコアを使用します。アプライアンス上のすべてのセッションは、CPU コアによって所有されます。アプライアンスがセッションが存在しない要求を受信すると、セッションが作成され、コアの 1 つがそのセッションの所有者として指定されます。そのセッションに属する後続の要求は、常にオーナーコアに到着して処理されるとは限りません。その場合、コア間メッセージングにより、オーナーコアのセッション情報が常に最新のものになります。ただし、コアが別のコアが所有する永続性セッションに属する要求を受信すると、コア間メッセージングは永続性セッションのタイムアウト値を更新しません。したがって、連続して実行された show lb persistentSessions コマンドの出力では、所有者コアからのタイムアウト値のみを表示すると、永続性セッションがアクティブであり続ける場合でも、永続性セッションのタイムアウト値は 0(ゼロ)に減少する可能性があります。

コマンドラインインターフェイスを使用して持続性セッションを表示するには

コマンド・プロンプトで、すべての永続性セッションを表示するには、次のように入力します。

show lb persistentSessions [<vServer>]

例:

show lb persistentSessions myVserver

構成ユーティリティを使用して持続性セッションを表示するには

[トラフィック管理] > [仮想サーバの永続セッション] に移動します。

持続性セッションの表示