Citrix ADC

ユースケース13:負荷分散のためのXenAppの構成

アプリケーションを効率的に配信するには、Citrix ADCアプライアンスをCitrix XenAppに統合し、Citrix ADCの負荷分散機能を使用してXenAppサーバーファーム全体に負荷を分散します。次の図は、このようなセットアップのトポロジ図です。

図1:XenAppの負荷分散

ローカライズされた画像

Web Interfaceサーバーは、ユーザーのWebブラウザーを介してXenAppアプリケーションリソースに安全にアクセスできます。Web Interfaceクライアントは、XenAppサーバーファームで利用可能なアプリケーション、コンテンツ、デスクトップなどのすべてのリソースをユーザーに提供します。ユーザーは、標準のWebブラウザまたはCitrix オンラインプラグインを使用して、公開されたリソースにアクセスできます。

ユーザーのデバイスの Web ブラウザが Web サーバーに情報を送信します。Web サーバーはサーバーファーム上のサーバーと通信し、リソースへのアクセスをユーザーに提供します。

WebインターフェイスとXMLブローカは、補完的なサービスです。Web Interfaceは、ユーザーにアプリケーションへのアクセスを提供し、XML Brokerはユーザーの権限を評価して、Web Interfaceに表示されるアプリケーションを決定します。

XML サービスは、サーバーファーム内のすべてのサーバーにインストールされます。Web インターフェイスで指定された XML サービスは、XML ブローカとして機能します。XML Broker サーバーは、Web Interface サーバーから渡されたユーザーの資格情報に基づいて、ユーザーがアクセス可能なアプリケーションのリストを送信します。

複数のWeb InterfaceサーバーとXML Brokerサーバーを展開する大企業では、Citrix ADCアプライアンスを使用してこれらのサーバーの負荷を分散することをお勧めします。1 つの仮想サーバーを構成して、すべての Web Interface サーバーの負荷を分散し、別の XML Broker サーバーの負荷を分散します。負荷分散方式およびその他の機能は、必要に応じて仮想サーバ上で設定できます。

HTTPプロトコルを使用することもできますが、クライアントとCitrix ADC間の通信にはSSLを使用することをお勧めします。クライアントとの通信にSSLプロトコルを使用していても、Citrix ADCとWIサーバー間の通信にはHTTPプロトコルを使用できます。

GUIを使用してXenAppの負荷分散を構成するには

  1. サービスを作成します。
    1. [設定] > [トラフィック管理] > [負荷分散] > [サービス] に移動し、[追加] をクリックします。
    2. 名前、IP アドレス、ポート、プロトコルの種類を指定してサービスを作成し、[OK] をクリックします。
  2. 負荷分散仮想サーバーを作成します。
    1. [設定] > [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、[追加] をクリックします。
    2. 名前、IP アドレス、ポート、プロトコルの種類を指定して仮想サーバーを作成し、[OK] をクリックします。
  3. サービスを負荷分散仮想サーバーにバインドします。
  4. [設定] > [トラフィック管理] > [負荷分散] > [仮想サーバー] に移動し、サーバーを選択します。
    1. [編集] をクリックします。
    2. [サービスとサービスグループ] で、[>] をクリックし、[バインドの追加] をクリックします。
    3. バインドするサービスを選択し、ウェイト値を入力します。
    4. [バインド] をクリックします。

コマンドラインインターフェイスを使用してXenAppの負荷分散を構成するには

  • サービスを作成するには、コマンドプロンプトで次のように入力します。
add service <name> <serverName> <serviceType> <port>

例:

add service Service-HTTP-1 192.0.2.5 HTTP 80
  • 仮想サーバーを作成するには、コマンド・プロンプトで次のように入力します。
add lb vserver <name> <serviceType> <ip> <port>

例:

add lb vserver Vserver-LB-1 HTTP 10.102.29.60 80
  • サービスを負荷分散仮想サーバーにバインドするには、コマンドプロンプトで次のように入力します。
bind lb vserver <name> <serviceName>

例:

bind lb vserver Vserver-LB-1 Service-HTTP-1

ユースケース13:負荷分散のためのXenAppの構成