ネットワーク

VRRP 通信インターバルの設定

アクティブ/アクティブ展開では、すべてのCitrix ADCノードは仮想ルーター冗長プロトコル(VRRP)を使用して、マスターVIPアドレスとVRRPアドバタイズメントパケット(hello メッセージ)内の対応する優先順位を定期的にアドバタイズします。

VRRP では、次の通信間隔が使用されます。

  • Helloインターバル。マスター VIP アドレスのノードがピアノードに送信する VRRP hello メッセージ間の間隔。
  • Deadインターバル。マスター VIP アドレスのノードから VRRP hello メッセージが受信されない場合、バックアップ VIP アドレスのノードがマスター VIP アドレスの状態を DOWN と見なすまでの時間。deadインターバルの後、バックアップ VIP アドレスが引き継ぎ、マスター VIP アドレスになります。

これらの間隔は、目的の値に変更できます。これらの通信間隔はどちらも、そのノード内のすべての VIP アドレスのノード単位の設定です。

CLI を使用して VRRP 通信間隔を設定するには、次の手順を実行します。

コマンドプロンプトで、次のように入力します。

  • set vrIDParam [-helloInterval <msecs>] [-deadInterval <secs>]
  • sh vrIDParam

例:

> set vrIDParam -helloInterval 500 -deadInterval 2
 Done

GUI を使用して VRRP 通信間隔を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [システム] > [ネットワーク] に移動し、 [設定] グループで [仮想ルーターパラメータ] をクリックします。
  2. [仮想ルータパラメータの構成] で、[Hello Interval] および [Dead Interval]パラメータを設定します。
  3. [OK] をクリックします。

例 1:同じ VRRP Deadインターバルを持つノード

Citrix ADC NS1、NS2、NS3で構成されるアクティブ/アクティブ展開を考えてみましょう。仮想IPアドレスVIP1、VIP2、VIP3は、これらの各ADC上で構成されています。優先順位により、VIP1 は NS1 上でアクティブ、VIP2 は NS2 上でアクティブ、VIP3 は NS3 上でアクティブになります。

次の表に示すように、deadインターバルは 3 つのノードすべてで同じ値 (2 秒) に設定されます。ノードの VRRP 通信間隔(helloインターバルとdeadインターバル)は、ノードに設定されているすべての VRID に適用され、ノード上の VRID に関連付けられたすべての VIP アドレスに適用されます。

各ノードで、そのノード上でアクティブ(マスター)の VIP アドレスは hello インターバルを使用し、deadインターバルは、そのノード上で非アクティブ(バックアップ)の VIP アドレスによって使用されます。3 つのノードすべての VIP アドレスのプリエンプションは無効です。

次の表に、この例で使用される設定を示します。VRRP インターバルの例 1 の設定

vrrp インターバルの例 1

実行フローは次のとおりです。

  1. NS1では、VIP1がアクティブ(マスター)であるため、NS1は、400ミリ秒に設定されたhelloインターバルでVIP1アドレスについてNS2およびNS3にhello メッセージを送信します。同様に、NS2 は VIP2 の hello メッセージを送信し、NS3 は VIP3 の hello メッセージを送信します。
  2. NS1では、設定されたdeadインターバルは、NS1上で非アクティブ(バックアップ)であるため、VIP2およびVIP3に適用されます。同様に、NS2 では、設定されたdeadインターバルが VIP1 および VIP3 に適用され、NS3 では、設定されたdeadインターバルが VIP1 および VIP2 に適用されます。
  3. NS1 がダウンした場合、NS2 と NS3 は NS1 から hello メッセージを 2 秒間受信しない場合(deadインターバル)、NS1 がダウンしていると見なします。NS3 上の VIP1 が引き継がれ、アクティブ(マスター)になります。これは、VRID の優先度(60)が NS2(30)の VIP1 よりも高いためです。

例 2:VRRP deadインターバルが異なるノード

例 1 で説明した配置と似ていますが、各ノード(NS1、NS2、および NS3)でdeadインターバルが異なる VRRP 配置を検討してください。3 つのノードすべての VIP アドレスのプリエンプションは無効です。

次の表に、この例で使用される設定を示します。VRRP インターバルの例 2 の設定

vrrp インターバルの例 2

NS1 がダウンすると、実行フローは次のようになります。

  1. NS2 は、NS1 から hello メッセージを 2 秒間受信しなかった後(NS2 のdeadインターバル)、NS1 がダウンしていると見なします。
  2. NS2 上の VIP1 が引き継がれ、アクティブ(マスター)になります。NS2 では、VIP1 に対する hello メッセージの送信が開始されます。

NS3 の VIP1 は NS2 の VIP1 よりも高い VRIP プライオリティ(60)ですが、NS3 のdeadインターバル(3 秒、NS2 では 2 秒)が大きい場合、NS2 の VIP 1 がすでに実行されている前に NS3 の VIP1 を引き継ぐのを防ぎます。

例 3: deadインターバルが異なり、プリエンプションが有効なノード

例 1 で説明した配置と似ていますが、NS1、NS2、および NS3 の 3 つのノードでdeadインターバルが異なり、NS3 の VIP1 アドレスに対してプリエンプションが有効になっている VRRP 配置を検討してください。

次の表に、この例で使用される設定を示します。VRRP インターバルの例 3 設定

vrrp インターバルの例 3

NS1 がダウンすると、実行フローは次のようになります。

  1. NS2 は、NS1 から hello メッセージを 2 秒間受信しなかった後、NS1 がダウンしていると見なします(NS2 によって設定されたdeadインターバル)。現時点では、停止間隔が 3 秒のNS3では、NS1がダウンしているとはみなされません。
  2. NS2 上の VIP1 が引き継がれ、アクティブ(マスター)になります。NS2 では、VIP1 に対する hello メッセージの送信が開始されます。
  3. NS2 から VIP1 用の hello メッセージを受信すると、NS3 は NS2 を VIP1 用にプリエンプトします。これは、NS3 の VIP1 に対してプリエンプトが有効であり、NS3 の VIP1 の VRID プライオリティ(60)が NS2 の VIP1 のプライオリティ(30)よりも大きいためです。
  4. NS3 上の VIP1 が引き継ぎ、アクティブ(マスター)になります。NS3 が VIP1 の hello メッセージの送信を開始するようになりました。
VRRP 通信インターバルの設定